『ICHI』

金曜日、歯のメンテナンスへ。

土曜日、映画『ICHI』。

日曜日、ジムに。ランニングマシン1時間。800kcal。ストレッチをするようになってからなんとなく腕の回りが良くなってきた感じ。91.90キログラム。

仕事ではまだまだ使えるレベルではないが、Mayaの練習を自宅でも続けている。3ds-maxよりモデリングが面白く感じる。
なのでちみちみとプロテクトギアを作っている(笑)完成するかドーかは知らんが(笑)

思う所あって、一年以上ぶりに金属モノの所持品を掃除することに。
眼鏡と先日来た車のキーと腕時計のブレスを、超音波クリーナー『あらい君』に入れてスイッチオン。
したら、時計のブレスからこの世のものとは思えないものがわき出してきて絶句する(笑)
毎日こまめにシリコンクロスで拭いていたのに。ああそれなのに(笑)
『あらい君』のこの超音波の振動。この振動を己がマスターすればAV男優になる資格がもらえるかしら(笑)
「"あらい"、良い仕事してやがるなあ」
などとしょーもないこと思いつつ掃除終了。

久しぶりに『スチームボーイ』のサントラを聴く。サントラは名盤だと思う。


『ICHI』
土曜日MOVIXさいたまにて。
強烈に期待していた映画であった。
『ピンポン』の曽利監督。原作は相変らず読んでないけど(ごめん、chataさん(笑))映画はすばらしいものだった。
この監督のヴィジュアル・エフェクトのスキルはすごい武器だ。
しかし、この『ICHI』という映画の良い所は綾瀬はるかにつきる。
冒頭の殺し屋の殺伐とした表情から、ラストの清々しい笑顔の差を一つの作品のなかで作り出せたのは演出もさることながら主演女優としての責任を劇映画の中でまっとうできていたと思う。
セクシー系のタレントでありながら、そちらに傾かなかったのも好感がもてる。
もっとも冒頭の綾瀬はるかの表情からセクシーを期待する観客もいないだろうが。
彼女の殺陣も映像的な演出をなしつつもコンパクトでシャープな印象。
北野武版の『座頭市』でもあったが、飛び散る血で薙いだ刀の軌道を表現するというのは素晴らしいアイデアだと思うが、北野も曽利もその表現をこなしてはいないという印象。この表現は漫画ではかなり前から使われていた表現であり、ある意味やり尽くされた部分もあるのだが、ヴィジュアル・エフェクトが実写映画に加わるようになって出来るようになったものではある。
チャンバラの完成度はオイラのなかで『修羅雪姫』の印象が一番強い。
佇まいの凄みを綾瀬はるかは十分に表現できていたと思った。
仕込みの構え方、頬つたう涙がこぼれるタイミング。すばらしく美しい。
ただ、である。
こちらの期待が大きすぎた事は認めるが、物語の世界観をもっと掘り下げてもらいたかったというのが正直な感想。
あの映画でオイラが一番感情移入できたのが万鬼なのだ。
映画では単なる悪人でしかない男であるが、台詞や設定の端々でその身の不運が吐露されている。あの設定を掘り下げないのはいかにももったいない。
ハッキリ言えば白河組の部分はばっさり切ってもいいぐらいだとおもう。
剣術指南役の立場から容姿を理由に役職を追われた万鬼。己の有能さが容姿一つで否定されることの理不尽さを享受しつつも、心の底で愛情に飢えている。
「おまえもおんなじ匂いがする」
と市に問いかける万鬼。
多分そうではなく、市の暗さに共感しつつも、盲の彼女であれば自分の容姿ではない部分で愛してくれるかもしれないという期待があったに違いない。
勝手に妄想しておるが(笑)市と万鬼を軸にしたらすごくロマンチックで暴力的で血の匂いのする映画ができたのにと思わずにはいられない。
一種の『美女と野獣』の骨格を持たせる事ができたと思うのだ。
なので、オイラの妄想する『ICHI』には竹内力も窪塚洋介も出てこない(笑)
一番ヘタレでイライラする十馬も一番必要のないキャラなのだが、ラストでの万鬼との戦いでは彼の助けがなければ市も勝てなかったのは明白であるので、難しいところだ(笑)
どう考えてもあの十馬より万鬼の方にこそ市が共感できる要素が多いと思う。
十馬、どう考えても魅力的に見えんかったよ(笑)
なので、全体を通して映画としては面白かったものの、監督の前作『ピンポン』のように登場人物の全部に共感できるような特殊な仕掛けを期待し過ぎたのかもしれん。
もしかしたら監督自身がこの作品そのものに共感が薄かったのかな、とも。
ラストの万鬼の屍なんてねえwちょっと甘いんとちゃうかという感じだし(笑)
蛇足だが座頭市の映画としては北野版よりは面白かったものの、勝新太郎が最後に作った座頭市には及ばなかった、と思う。
何ぶん学生時代に観た記憶なので、もしかしたら良い思い出になっているだけかもしれんが(笑)
血のデザインは北野版の方がよかった。
ところで、窪塚氏の演技はまんまペコであったとおもうのだが...ありなのか(笑)


『ハッピー・フライト』の予告編。期待できそうである。


明日は前職場に朝から出向く事に。
by 16mm | 2008-10-26 19:53 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by chata at 2008-10-26 21:21 x
>良い所は綾瀬はるかにつきる。
同感です(´・∀・`)『ICHI』でいちばん納得いかないのは、パンフが800円なところかなw
Commented by 16mm at 2008-10-26 21:48
■re:chataさん
パンフが800円!!!
オイラは先週『ICHI 市 公式ビジュアルBOOK』なるものを1143円で購入したので、勝ち負けでいったらオイラの勝ちではないかと(笑)。

なんかマッチポンプになりますけど、総論としては面白い映画ではあったと思ってます。


<< 『マイノリティ・リポート』 『おくりびと』 >>