『GONIN』

おぢさんだから仕方ないと思うが...ファンの方々には申し訳ない、鼠先輩と世界のナベアツの顔の区別がつきません(笑)
今はもちろん見分けられるが、学生の頃ロバート・デ=ニーロとアル・パチーノの区別もつかなかった事があります(笑)
で、DJ OZMAと『氣志團』のヴォーカルの見分けがつかん。似てるなと思っていたら同一人物だったか(笑)
世間のお約束からどんどん置き去りにされている41歳の冬〜(笑)

観たいと期待していた映画を初日に観れなかったことなど、ここ最近なかったのだが先週土曜日に初日であった『WALL・E』を観る事ができなかった。
今週もあやしいもんだ(笑)
年末にまとめて観たいのを観るという事にしようかと考えている。

土曜日、歯のメンテナンス。そこの先生とカメラ談義を少々。

日曜日、ジムに。筋トレとボクシング30分。91.65キログラム。

ジムに行く前に量販店で母親に頼まれたプリンターを購入。
最初、インスタント・カメラが欲しいと言っていたのだが、昨今その手の製品の供給が危うくなっているようなので、パソコンを経由しないでデジカメのSDカード直さしできるエプソンのプリンターを買った。
メールを読んだりHPを観たり程度はできる母親だが、やはりまだパソコンに恐れがあるようだ。
母親だけでなくそういう人が結構いるからあの仕様のプリンターが売れるんだろう。
インターフェイスも非常に分かりやすい。
出力されたものも綺麗である。

ついでにUSBメモリー4Gを購入。データの受け渡しに余裕が出来た。

上記以外は部屋に引きこもって素材作成。
作成自体はほぼ終わり。後はそれをムービー作成のソフトに入れ込む作業のみ。
3Dの動きを1カット追加するつもりなので会社でその作業をする。

の、ような状態で毎年のオイラには信じられない事態だが、年賀状の容易を何一つしていない(笑)
本当に年末作業になりそうだ(笑)
取りあえず土曜日の夕方がなかなか良い空であったので、携帯カメラで撮っておいた(笑)
最悪、まったくひねらずにソレを使おうと思う(笑)

『我が妻との闘争 2』
コミック版の最終巻。画も内容もオモシロオカシク読めたのでこれで終わりはもったいない。できれば続きが観たいものである。

iPodに『バンデットQ』と『時をかける少女(細田版)』と『ブレードランナー・ボーナストラック』を入れる。

購入は無理だが、フィギィアや模型が衝動的に欲しくなることがある。
Mayaのモデリングの練習にその手の立体を使うのが良いと言われた。
ので、それを言い訳に買ってしまうか(笑)
ttp://tenshu53.exblog.jp/7698308/
......
でもやっぱムリだわ(笑)
芸術品だよな、コリは。

『GONIN』
映画に行けないので、ひたすらwowow録画在庫を整理する事に。
しかし全部観たのは『GONIN』だけで、その他『GONIN2』と『処刑人』は途中迄。
『処刑人』は一度友人からDVDを借りて観た事があたが最初の方は結構忘れていて新鮮に観れたりしてる。
で、『GONIN』である。
今から12〜3年前に劇場で観た。
たけしが右目をガーゼで覆っているので、オートバイ事故の後の作品だったろう。
当時初見の時は気がつかなかったのだが、随所に映像的な工夫がなされていた。
『ブレードランナー』のように、雨が降っていないのに壁などにコースティクスがゆらゆらと映っていたりしていた。
監督の石井隆は漫画家であるので、映画に劇画調の効果を持ち込んでいる。
たけしの登場シーンなど顔の部分が影になって見えないようにしていたりする。
佐藤浩市の演技がまだなんとなく固まっていない様が微笑ましい(笑)
たけしが出演し、ガンアクションがある男臭い映画。タランティーノに通じ、オイラ好みの映画だと思ったが、結局当時LDを買ってない。
映画全体を支配している情念的なウェットさが自分には鬱陶しく感じられたのだ。
たけしやタランティーノのような冷たさやクールさとは違う。同じような素材でありながら監督の感性でこんなにも違うものかと思った。
で、オイラも歳をとってこの作品を改めて観てみたら、割と素直に観れたりした。
歳とともに人間の情念を受け入れる度量ができたのかもしれんが、まだ手放しにうけいれられない。
男同士の愛。タブーが働く事によりセックスを抜きにした純化された愛情を表現することに成功しているのではないだろうか。
男の役者達が実に魅力的に活写されている。
破滅に向かう、死の匂いのなんと甘美な事よ。
竹中直人の娘役で栗山千明が出ていたと、今回気がついた。

今週はサイバラの『毎日かあさん5 黒潮家族編』がでる。
来年は『毎日かあさん』アニメ化!
目出たい。
by 16mm | 2008-12-07 19:24 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/10283388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 酒と漫画にまいまい人生 at 2009-01-03 20:23
タイトル : ドキドキしますね 我が妻との闘争 (2)
我が妻との闘争 (2) (KADOKAWA CHARGE COMICS 15-2)(2008/12/03)呉 エイジ金平 守人商品詳細を見る 1巻 の時は正直そんなに面白いとはおもってませんでした。 奥さん怖すぎやし でもなんか気になるんだよ...... more
Commented by chata at 2008-12-07 20:45 x
あえて年末年始に観たい映画を持ち越すのも手かもしれませんねぇw
せっかくの休みに観たい映画がないのはツライ。去年がそうでしたw

今年はたぶん20本くらいしか映画を観てませんが、作品を回想しつつ
ブログネタにしてこーかなと思ってまっす(・∀・)
Commented by 16mm at 2008-12-07 20:52
■re:chataさん
もう年末ですよねえ。なんか実感わかなくて(笑)
でも『WALL・E』は持ち越さないですよ(笑)今すぐでも観たいくらいだから(笑)
本当の年末は『地球が静止する日』と『K-20』と『 ワールド・オブ・ライズ』あたりでしょうか(笑)
三つ全部観るかは分かりませんが(笑)
Commented by 16mm at 2008-12-07 20:53
追加
『エグザイル/絆』
Commented by chata at 2008-12-07 22:37 x
『ワールド・オブ・ライズ』を年末年始に観たい気になりましたーw
プリオの映画をやるのは知ってましたが、リドリー・スコット監督とは知らなんだー('∀`;)
『地球~』も年末に持ち越そうかな…w
Commented by 16mm at 2008-12-08 06:12
■re:chataさん
プリオ&ラッセル・クロウとリドリー・スコットですからねえ。
今年は年末観たい映画が結構あってちょっとしあわせ(笑)
それでもいくつかは年始に持ち越しかなあ。


<< 『毎日かあさん 5 黒潮家族編... 漫画新刊三冊 >>