『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』『女のはしょり道』

「とりつくろうのはやめろ」
喫茶店でオイラの写真のホームページを見た知人に言われた。
言葉の真意は分かっているので別段悪い気分になったわけではないが、それよりも、その知人の頭部をとりつくろっているものが微妙にズレていたのに気が気ではなかった。
笑い事ではないが(笑)

あああああ。
いよいよヤバイ。
『地球が静止する日』『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 』『ワールド・オブ・ライズ』『WALL・E ウォーリー』と観たい映画がたまりまくり。
今週もまずそうなので休みに入ってから行くしかなさそうである。

先週は風邪の初期症状を引っ張って、喉が微妙に痛かったにも拘らず忘年会でそれこそ吐きそうになるまで呑んじゃったのでそのまま会社に泊まって翌日帰った。
土曜日も会社。作っていた素材をまるまる二つ削る事にした。
作る苦労などがあっても不必要に感じたら容赦なく切れるもんだ。
動画を作っているのだが、全体に長過ぎてきたのでもっとカットを短くするつもりである。
日曜日の本日も出来の悪い部分の素材作成を。
たぶん火曜日も会社にいるであろう(笑)

サイバラの漫画にも描いてあった事を実践。
学生時代のひっっじょうに数少ない女性の友達にバッタリ会った。本当に偶然。
オイラもそうだが、相手の女性もまったく20年前と変わっていない(笑)
立ち話で近況を話しつつ、曖昧な記憶を本人に聞いてみる事に。
「ところでオイラはあなたとやりましたっけ?」
「いえ。微塵もそんな事はありませんでした(キッパリ)」
なるほど、やってなかったんだねオイラ(笑)
本当に最近記憶が微妙になってきててね(笑)
その後、更に数分おしゃべりして別れた。
多分、もう会う事もあるまい。

日曜日、ジムに。ストレッチとボクシング。
インスタラクターのおねいさんの動きがスピーディーでシャープでカッコいい。
92.25キログラム。

昔好きであったが手に入らなかった歌をiTunesで手に入れた。
『あしたのジョー』の"美しき狼たち"。
<足をくじけば 膝で這い 指をくじけば 肘で這い>
またまたヘビーローテーション中。

年賀状をフジフィルムのサービスに発注。
今回は推敲ナシで2時間で作成。いつもはダラダラを2週間ぐらいかけているのだが、まったく時間がない(笑)
写真も携帯の指紋付きレンズで撮影したものだという体たらく(笑)
あまり見ると直したくなるので片目をつむってネットで画像を送ってオシマイにした(笑)

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』
劇場で観た。そして今回のDVDの購入。
欲しかった特典付きのものはBlu-ray Discでしかない。
微妙にDVDの切り捨てが始まったか(笑)
本作のリニューアルについては自分の好みではなかった。
良かったのは音響と一部背景美術の差し替えだけで、リニューアルによってオリジナルを凌駕したとは思えない。
まずキャラクターをCGキャラに置き換えた事がまったく納得できない。
あきらかに鉛筆で紙に作画されたものの方が良かった。
自分の好きな少佐が冒頭ビルの屋上で盗聴しつつダイブするシーンなど明らかに違和感でまくり。元の作画の足下にもおよばないクオリティ。
この件は多分今後を見据えた押井の試行錯誤の部分なのであろうが、こんなのをリニューアルといって差し替える監督の見識を疑う。
後は人形使いはやはり"男"であったほうがよかったしインパクトもあった。
今回の人形使いの声の榊原 良子に罪はない。すばらしく情感をこめた演技であったとも言える。
ただしこれは監督の采配ミス。あるいはオイラの好みの問題かもしんれんが。
人形使いが"女"になる事でオリジナルの博物館のシーンにあった性的な要素はかなり削られた感じになった。
天使の降臨も曖昧になっている。
他の声優陣の声の録り直しも行われたようだが、全体的にリラックスしたムードになっていた。それが良いかは分からないが、一部オリジナルよりよくなったと思える部分もあったことはたしかだ。
しかし、作画されたものに対してこんな出来の悪いものに差し替えてリニューアルっていうんじゃ、押井はアニメーターから石どころか岩石落とされるんじゃないのかな(笑)

『女のはしょり道』
サイバラ以外で女の無頼を言うのであれば伊藤理佐だろう。
ギャグを描く事の覚悟と気合いが感じられる。
あっけらかんとしたチンコマンコな漫画に好感がもてる。
この人の漫画も何冊か持っていて『やっちまったよ一戸建て!!』が面白かったな。
文春は毎週買わなくても最後のページのヒトコマ漫画は必ず見てるほど好きである。

伊藤悠がスピリッツ誌に。
楽しみである。

『クロサギ』の黒丸が女性?かな。以前写真がのっていたが。
言われれば女性の雰囲気の画だなとは思うが、知らなければ性別が分からない、むしろ男が描いているのかなと思っていたぐらいだ。

オリジナル誌の『岳』。
やはり面白い。

さあ今週で仕事もおしまい。
取りあえず逃げ切るつもりである(笑)。
by 16mm | 2008-12-21 20:29 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(5)
Commented by chata at 2008-12-21 21:12 x
なるほど。『2.0』BD版の購入は見送りまっすw

映画は年末年始にまとめて鑑賞ですな~
はやく今年の仕事終わんねーかな~(・∀・)

>「ところでオイラはあなたと・・・?」
σ(゚∀゚も使ってみたいw
Commented by 16mm at 2008-12-21 21:18
■re:chataさん
『2.0』よりもオリジナルの方が好みでしたよオイラは。

chataさんも忙しくして大変でしょうけど、お互いなんとか逃げ切りたいですね(笑)
来年の事なんて知らん(笑)
Commented by JunBo at 2008-12-22 13:27 x
!!w(゚o゚*)w

曖昧になるほどコマシ((古))てたのっΣ(´ρ`;)?!ww
モヤモヤの記憶が少しスッキリするとキモチいね♪

映画観れないモヤモヤも すっきり爽快しますよにv

・・・とりつくろった頭部が気になりましw


Commented at 2008-12-23 11:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 16mm at 2008-12-23 18:29
■re:JunBo丼
いえいえ(笑)今も昔も女性に"自由"はしてないのですが(笑)その数少ないコマさせていただいた女性がどんどんウロ覚えになっておるですよ(笑)
飲み会でお尻だしたり、女の子の乳をわしづかみしたのは覚えていても(笑)どこの酒場でお尻をだしたとか、乳をもみしだいた女性が誰であったのかは覚えてないですよね。
つーかしませんか、社会人になってそんな事をするヤツは(笑)

この場を借りて、ご迷惑をおかけした数少ない女性の方々、ごめんなさい。


<< 内藤大助 VS 山口真吾 『毎日かあさん 5 黒潮家族編... >>