2008年 日本インターネット映画大賞日本映画部門への投票

昨年も投票の依頼をいただいたのだが、バタバタとしているうちに締め切りをすぎてしまった。
そんななのに今年も投票依頼をいただいてしまったので、恐縮しつつ参加する事に。

日本インターネット映画大賞オフィシャルサイト




[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ぐるりのこと。」    10点
  「おくりびと」    5点
  「ハッピーフライト」    5点
  「私は貝になりたい」    5点
  「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」    3点
  「相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」    1点
  「アキレスと亀」    1点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】
当然だが昨年私が観ていないもので傑作があったとは思う。
例えば『闇の子供たち』はそういう類いの映画であったろう。
邦画は一応10本以上観ているが、自分也にここで点数をつけるに値する作品のみ選び出した。
『ぐるりのこと。』については昨年私が観た全映画でダントツの一位でありベストであった。この作品を好きになれた自分がうれしくなりもした。この映画については言いたい事はいくらでもあるが、ラストでカナオが画を描いている姿が印象深い。謙虚さ、畏れ、そして希望と感謝。このラストがこの映画を観た者の意識を押し上げる。そんな感じの映画であった。
『おくりびと』『ハッピーフライト』『私は貝になりたい』については、『ぐるりのこと。』がなければ同率一位でベストであったろう。結果的『ぐるりのこと。』と差をつける形になったが、この三作が傑作であったのは間違いない。特に『私は貝になりたい』の監督・福澤克雄に期待したい。褒め過ぎかもしれないがヴィジュアルで作品を語ろうとする意志がリドリー・スコットみたいだと思う。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [   橋口亮輔    ] (「ぐるりのこと。」)
【コメント】
基本的に監督賞はベストな映画を撮った人が取るべきだと思うからである。

【主演男優賞】
   [ リリー・フランキー ] (「ぐるりのこと。」)
【コメント】
『ぐるりのこと。』でのリリー・フランキーの演技がすばらしい。演技経験もあやしい人間が映画栄えする佇まいを焼き付けている。監督の演出のおかげか。それともリリー本人に並外れた演技力があったのか?他の映画で他の役柄で成立するなら本物の演技であろう。どちらにしても『ぐるりのこと。』では最高にハマった役柄を演じていると思う。


【主演女優賞】
   [  木村多江   ] (「 ぐるりのこと。 」)
【コメント】
難しい役柄を実に上手く演じていた。映画的に栄える女優であると思う。

【助演男優賞】
   [  山崎努   ] (「おくりびと」)
【コメント】
やはり作品の重しになるような存在。『おくりびと』では本木雅弘も好演していたが、横に山崎がいるということの安心感というものは観ている方も、更に言えば本木自身も感じていたかもしれない。

【助演女優賞】
   [ 余 貴美子  ] (「 おくりびと  」)
【コメント】
『おくりびと』の中での存在感。コメディーのように軽快な部分と、それと逆の重さを演じられる女優。

【新人賞】
    [アヤカ・ウイルソン] (「パコと魔法の絵本」)
【コメント】
正直映画の印象はなくなってしまったのだが、新人賞としてなら彼女であろう。

【音楽賞】
  「おくりびと」
【コメント】
久石譲の音楽が良かった。彼の音楽が日本の土着的な背景でも成立する驚き。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に綾瀬はるか賞】
   [ 綾瀬はるか  ] (「        」)
  「           」
【コメント】
ある意味綾瀬はるかの年であったと言える。
無機質なロボット(サイボーグではないやな(笑))を演じ、殺し屋の瞳を持つ女性を演じ、コメディエンヌな客室乗務員を演じる。
どれもその映画にあった顔付きになっていた。映画はイマイチであったが『ICHI』での殺伐とした演技が個人的にはギャップがあってすきである。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
by 16mm | 2009-01-02 23:45 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/10493852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from |あんぱ的日々放談|∇ ̄.. at 2009-01-08 19:44
タイトル : 2008年のまとめ・日本インターネット映画大賞
年末年始が大忙しだったんで、ようやくUP(爆)あけまして、映画『HERO』出演でございます。2008年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2007年はココ 2006....... more
Commented by chata at 2009-01-04 20:57 x
邦画ですか。
"馬鹿馬鹿しいで賞"に『特命係長』を推します(・∀・)
Commented by 16mm at 2009-01-04 21:12
■re:chataさん
『特命係長』。なんかすごく観たくなりました(笑)TVでも人気シリーズだしねえ。
子供の時に『特命係長』観てたら、勉強はともかく空手を習って腕っ節を強くして「将来は特命係長になりたい」と呑気に言ってたかもしれん(笑)
Commented by 日本インターネット映画大賞スタ at 2009-01-05 01:09 x
ご投票ありがとうございます。
1点確認ですが、音楽賞につきましては応募規程にあります通り、個人ではなく作品が対象となります。
久石譲さんではなく「おくりびと」への投票ということでよろしいでしょうか?
ご返答いただければ幸いです。
Commented by 16mm at 2009-01-05 05:13
■re:日本インターネット映画大賞運営委員会御中
この度は投票のご依頼いただきありがとうございます。
音楽賞の件、こちらの確認不足でした。
『おくりびと』への投票という事でお願いします。

集計、大変でしょうがよろしくお願いいたします。
期待しております。


<< 2008年 日本インターネット... 2009元旦 >>