『風立ちぬ』『銭 7巻』『バス走る。』

先週は2度ほど池袋泊。
その度に一蘭。夜中0時越えてるのに一蘭(笑)。
ご飯大盛り、ラーメン替え玉ひとつ、チャーシュー増量。当然スープは飲み干して完食である(笑)。
寝る前にこんな食べ方はNO GOODだ(笑)
でもサイバラがあんな色っぽい顔して食してるからねえ(笑)


土曜日、仕事。
日曜日、ジム。ストレッチと腹筋の筋トレ少々。ボクシング。体重が91.25キログラムとなっていたが測る直前にウンコしたので(笑)それでいつもより1キロほど落ちたと思われるが、どうだろうか(笑)。
そののち会社に。90分ほどで退散。


なわけで、『ウォッチメン』観れなかった(笑)。
テリー・ギリアムが映画化をしようとしていた時からなので20年待ち続けた作品だ(笑)。
原作コミックは読んでいない。
映画はなんとしても観なければなるまい。


本日日曜日の日刊スポーツ。サイバラ登場(笑)。
やはり美形だと思う(笑)。
なのでオイラはメンクイだと思う(笑)。

Podcast『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』を。
大塚康生の第三回。すごく興味深く面白い。
宮崎駿があと一本だか二本だかやるとのことらしいが、止めた方がいいと思う(笑)。


『風立ちぬ』
月刊モデルグラフィックス誌での宮崎駿の連載第二回。
面白い。博覧強記な知識と類い稀な妄想の産物。妄想であると思いながらもリアリティがあるのはさすがである。
映画は止めた方がいいと思う(笑)。


『銭 7巻』
鈴木みその作品。
画の上手さと内容の濃さで読ませ切った良作だと思う。
ただラストの落ちはどーにも。
『マトリックス』や、『殺し屋1』の原作のようなオチ、だと感じた。
なんとなくセラピー。夢落ち、というほどではない。
つまり今までの登場していたキャラクターを更に外から見ていた視線があったということ。
『亡国のイージス』で言えばホ・ヨンファを衛星から見ていたラングレー、といったところか。
なので結末はイマイチ好きにはなれないが、作品全体は非常に緻密であり"銭"という幻想に取り付かれた人間達をコミカルに滑稽に丁寧に描写していた。
次作もおそらくコミックビーム誌だろうが楽しみにしたい。
で、桜玉吉の復活はまだだろうか?


『バス走る。』
佐原ミズ作。ストーリー、画ともに実に上手い。
繊細で細いタッチで描かれる服のしわ、スカートの翻り、髪の毛のうねりが風を、空気感を描写している。
細くて繊細。それでいて硬いタッチで描かれる服のしわは動いているようであり、石膏像のように止まっているようにも見える。
なんとなく榎本 ナリコにタッチが近いだろうか?『センチメントの季節』ずっとよんでたからねえ。
佐原ミズみたいな感じで水彩が描けたらいいなと思う。


今週から『毎日かあさん』のアニメが始まるので予約しなくては(笑)。
『東のエデン』は、来週からだな。
今週が『シュトヘル』がでるな。


んで今週こそ『ウィッチメン』(笑)。
by 16mm | 2009-03-29 20:44 | | Comments(2)
Commented by chata at 2009-03-29 21:22 x
ウンモ・・・1キロのウンモ・・・w
『ウォッチメン』観てきましたーん(・∀・)多くは語らないでおきますw
Commented by 16mm at 2009-03-29 21:43
■re:chataさん
そう、たぶん1キロ分でたのではないかと(笑)

で、『ウォッチメン』はどーだったのだろーか(笑)
果たしてchataさんは感想をブログにのっけるのか?(笑)
時間、長いのがちょっとキツイかなと思ってますが(笑)


<< 『ウォッチメン』 2009年第1回更新のお知らせ >>