『ボルト 3D(日本語吹替版) 』

このところ比較的早く帰れても飯喰って風呂入って、布団の上でドラクエやってるうちに寝てしまう毎日が続いております(笑)。
だいた23時過ぎには寝てると思うw。
日によってはパソコンもひらかずに沈没だ。


その『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』だが、ラスボスを通勤中に倒したのだが、その後のムービーを観るのに駅のベンチ座って観てたよw
たぶん5分ぐらいw
ラスボスもそうだが全体的にあっさりめの戦闘でカタがつくような構成になっていたと思う。
ラスボスを倒しワールドのどこへでも行けるようになってからをじっくり楽しませたいという狙いがあったのかもしれん。
主にラスボス戦以後の事になるのだが、宝の地図なるもので場所を探し地下ダンジョンを巡って最下層のボスと闘うというイベントがある。
この宝の地図に載っている場所というのがランダムで変わるらしく、つまり同じ名前の宝の地図でも人によって場所が変わるようなのだ。
だからネットで宝の地図の場所を攻略ネタとして公開するのもあまり意味がないというわけだ。
そういう意味では本当に良く考えられている。
禁断の実を食べて力を得ることで幸せになれると信じていた人間的な愚かしさと、悔いを残し贖罪を背負った魂を解放するストーリー。
もうしばらくやるつもりである。


日曜日、ジムに。
ドラクエにかまけていて(笑)ボクシングしかできなかったw。
91.75キログラム。
......
もっと減らないかなあw


今月末にヘアカットするのだがすでに髪の毛が相当に鬱陶しいw。
今度はもっと短く刈ってもらおうw


東急ハンズに件の『エヴァ』がらみの品が届いたとのこと。
取りにいくのは休みになってからかな。


学生の夏休みと映画の日が重なった土曜日。
楽しみにしていた『サマーウォーズ』が満席で観られず。
以前はたしか新作公開は映画の日をズラしていたと思うのだが。
初日に観れず、残念である。


『ボルト 3D(日本語吹替版) 』
本日日曜日、109シネマズ菖蒲で。
通常版と3D版の上映があり、とりあえず3D版を観た。
入場料2000円。
ちょっと高い。
入場口でゴツい3D用眼鏡を渡される(終了後に上映シアター前の出口で回収)。
よく見ると眼鏡が結構汚れている。
んで、メガネの上にその3D用眼鏡をかけるのだが、かけづらいのは仕方ない所か。
3D映画が増えてくれば3D用の眼鏡も売り出されて個人で持てるようになればいいかなとも思う。
メガネの上からでも負荷なくかけられるような仕組みにして。

今回観た『ボルト3D』に関しては3Dをいかした演出が施されておるというものではなく、どちらかというと映像がスクリーンから浮き出て見える、平面のスクリーンに奥行きが感じられる、というものであった。
むしろ本編上映前の3D映画の説明映像の方が3Dのケレン味をだした演出をしていたと思う。
例えば蜂が本当に目の前にやってきて刺そうとしたりするとか。
ただその手の演出はあくまでもストーリーを語る上で必要であるならば、という事である。
今回観た感じで言えば、キャラクターが奥行きをもった空間で動くという臨場感は伝わったものの、それは映画を初めて見た人が写真が動いていると感動してたのと同じであり、3D自体が普通になってしまえばそれが当然付加価値になることはなくなるだろう。
今だからこそ新鮮に観てるというだけなのだと。
ジム・キャメロンが年末公開する『アバター』が3D映像でどのような演出をしてくるのが非常に楽しみだ。
んで、ひとつ致命的な所があるとしたら、色だ。
3D用眼鏡をかける事によって画面全体が若干暗くなり、再度が落ちて、見た感じ緑色に若干偏っていたような気がした。
現状3D映像と引き換えに、色を犠牲にするというのはあまりにも大きなリスクではないのだろうか。
オイラとしては年末の『アバター』まで3D映画は観ない事にしよ。

んで、『ボルト』本編であるが、冒頭のアクションとクライマックスのアクションは絶好調。
『パト2』に出てきたヘルハウンドのような戦闘ヘリが、これまた『パト2』のように爆煙をローターで薙いで向かってくるとか(笑)。
観たのは3Dだけど、通常上映でも十分楽しめる。アクションのアイデアも満載。
ただ中盤がロードムービーになってちょっとダラけてしまったがw。
なんつーか、犬と猫だけが人間に振り向いてくれた動物であるという押井の言葉がオイラの頭にあるせいか、クライマックスでボルトとベニーが抱きつくシーンはなかなかグっとくるものがある(笑)。
一応ディズニー映画という事になっているが、ピクサーのクリエイティブのボス、ジョン・ラセターが相当に関与していると思われる。
それはたぶんピクサーの方針でもある映画は監督のものであるという事だ。
とは言っても、ラセターは監督であると同時に経営者でもあるわけなので立場は微妙なのかもしれないがw。
ボルトは明らかにピクサ−のテイストが入っていると思う。
オイラから見て、悪役の黒尽くめのコマンドや緑の眼のボスはピクサー・テイストだなと思ったが、それ以外が多分当初のディズニーで開発されたデザインだろう。
ピクサーのキャラクラーはどれも眼に力があると思う。
生物的な眼とは違うが『ウォーリー』のロボット達でさえ力強い眼差しがあった。
ピクサーのアニメーションとその他の3Dアニメーションとでその眼差しの違いを感じることが多い。
今後もラセターがディズニーの製作に関与していくと思われるが、そうなるとピクサーとディズニーを分ける必要があるのか?ということにもなる。
ディズニーという名は老舗ブランドという意味ではあるのかもしれないが、オイラからするとほぼ死に体に近かったディズニーよりもピクサーの方が輝いて見えるのだが。
そういう意味ではピクサー体制下で作られた作品は『ボルト』に限らず金がかかってる。
一種高級品だよね。
今は日米同時公開というのもあるというのに、あえて半年送らせて日本語吹き替え版を作り、劇中に出てくるロゴなんかも日本語に直したりしてる。
実写がアニメーションをバカにするなんてとんでもない。
アニメーションはどんな映像作品よりも高級品なんだから。
その延長線にあるであろう本作のエンディングの"同じ空を見上げてる"はすごくいい。
iTunesで買っちまったw

ピクサー作品に常の短編映画もあった。
『東京メーター』。
『カーズ』で出てきたメーターというキャラクターが東京でレースをする話。
まあ、ラセターがかな〜り力を抜いて作った作品だと思われるw


さあ、今週は間違いなく『サマーウォーズ』だw。
by 16mm | 2009-08-02 21:10 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(4)
Commented by JunBo at 2009-08-02 21:34 x
あ! 一日って 映画の日か~~~~
夏休みで土曜で映画の日ときたら そりゃにわか映画好きも観るかもー

ボルト、早速観たとですね~☆
純ぼは 水曜に観てこようかと目論んでおるです☆

91㌔台をキープしてるのも すごかことですよ~
骨盤がゆがんでいても 痩せにくい原因になったりするらしいので
整体とかどでそ? ポキパキシャキーン☆
Commented by 16mm at 2009-08-02 22:02
■re: JunBo丼
そそ。普段映画しか娯楽の無い映画者な我々には酷な日でしたw。

『ボルト』については、ためしに3Dというのも良いですが、通常上映版の方が綺麗に観えるかもしれません。
オイラは当分3D映画はいいかなw

めざせ80キロ代w
Commented by chata at 2009-08-03 01:24 x
今週末なら『サマーウォーズ』を観れそうでつね・・・と思いたいw
予告が結構なネタバレをしていることに気付きました。パンフも。

週末は『GIじょー』『HACHI』たぶん観ます。
Commented by 16mm at 2009-08-03 06:00
■re:chataさん
絶対今週末に観ますw。
予告がネタバレでしたかw。
でもオイラは今片端から『サマーウォーズ』に関する本を立ち読みしちゃってるのでw。
そんな本を見れば見るほど、映画が観たくなります。

『GIじょー』『HACHI』...
どうすっかなぁw。


<< 『サマーウォーズ』 追悼 金田伊功 >>