『96時間』

「ぢ...じ...地獄ぅうぅぅぅぅ...コロセ、殺せ、ブタども〜...オレにやらせろ〜」
木曜日、久しぶりに池袋に泊まりに当該地下道を歩いていると、オイラが見ても値がはりそうなスーツを着た多分オレと同じぐらいの歳のw会社の課長みたいなオッサンがゲロ吐きながら座り込み、上記の言葉を呟いていた。
......
間違いねえ、彼はデスメタルだな、と思った(笑)。


土曜日、会社で終日自主トレ。


日曜日、ジムに。
今日は結構念入りにストレッチと筋トレをやった。
鉄パイプのごとく硬いオイラの脂肪でコートされた肉体もwストレッチを念入りにやれば前屈して掌が床に着くのであるw。つーかストレッチしないとつかないw。
ボクシングも今回は結構ハードだった。
でも今は30分のコースなので時間いっぱいもつのだが、これが45分になると途端にキツくなる(笑)。
初めてジムに通い始めて45分のボクシングをやった時には、息は上がるは、今以上に汗はかくは動悸は激しくなるは、ちんちんは小さくなってめり込んでいるはwで酷いありさまだったw。
まあそれに比べればかなりマシになったところだろう。
相変らずインストラクターの姐さんは動きとポーズがカッチョいいw。
91.50キログラム。


『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』
先々週で区切りをつけた。

スイト(メイン) ぶとうか Lv52
ナホフミ ぶとうか Lv52
フーコ ぶとうか Lv52
ユーヒチ ぶとうか Lv52
プレイ時間61時間49分03秒

初クリア
41時間41分   
戦闘勝利回数1216回  
錬金回数114回
獲得称号数27個
クエストクリア数15個
宝の地図クリア数3回
すれちがい来客数0人


戦闘勝利回数1798回
錬金回数210回
獲得称号数34個
クエストクリア数20個
宝の地図クリア数16回
すれちがい来客数38人

討伐モンスターリストコンプ率77%
おしゃれカタログコンプ率14% これまでに集めた数137種類
収集アイテムリストコンプ率44% これまでに集めた数103種類
錬金作成コンプ率3%
これまで討伐したモンスターの種類237種類

物語の最後の敵は最強ではない。その後に続く宝の地図内のダンジョンに出てくるモンスターの雑魚は物語でのラスボスよりかなり強いw。
すれちがい通信での宝の地図の交換など、物語が一段落した後もまったりと遊んでいられるように作られていた。
先々週、すれちがい通信してたら、すでに200時間越えでレベル99が結構いたw。
世の中すごいやつはいるもんだ。
もっと世の中ゲームの数が少なく、かつ高額なものであったら、きっと長く楽しくプレイできていたろう。
今はゲームに限らず娯楽が多いからなあ。


アサヒカメラ誌とフォトテクニック デジタル誌を買う。
フォトテクニック デジタル誌に載ってた女性の写真が今回はプロもアマもみんなすごかった。
こんな感じで撮りたいなと思う作品がいくつもあった。


YouTubeでブルーハーツをエンドレス。
彼らは今観てもカッコエエ。


Cut誌、立ち読み。
松本人志の映画について本人にインタビュー。
ま、本人特有の強がりだとも思うが宮崎駿の映画を面白いと思えないとの事。
松本の映画は前作でコリているのでもう観に行く事もないだろうが、どの映画が好きでも嫌いでもいいが、それは口に出しちゃいかんだろ。
映画監督として少なくとも同じ土俵にいるというだけで、新米力士が横綱に「あんたの相撲はダメだ」と言えるのかどうなのか。
すくなくとも『大日本人』などという映画にすらなってないものを作った事を恥じた方がいいと思うぞ。
まさか松本の監督第二作目が作られるとは思ってなかった。
吉本興行はカネをドブに捨てるほどまだ儲かってるという事らしい。
彼らは本当に松本に映画を撮る才能があると信じているらしい。


『96時間』
先週の土曜日のラスト上映を109シネマズ菖蒲で。
この映画観るか観ないかで昨日一日マジで悩みw、観るなら『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』の方がいいんじゃないか?などと思ったりしてた。
実際映画館についてからも帰ろうかとも思ったぐらい、なんかどーでもいい映画の位置づけである(笑)。
『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』は佐藤信介監督の新作なので興味があったのだが、どーもやはり日本の3DCGのアニメーションでの人間の造形というものが熟れてないというか、ある種の硬さに拒否反応してしまうのである。
押井も『スカイクロラ』でセルの(今、セルは使ってないがw)キャラクターを出した瞬間に力感が出ると言っていた。
つまり日本においては3DCGのキャラクターは2Dのセルアニメーションのキャラ造形に今の所太刀打ちできない状況なのだと思う。
日本においてといったのは、ピクサーでは3DCGで日本のセルアニメに匹敵するほどの魅力のあるキャラクターを創出できているからだ。
なので『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』は後ろ髪ひかれつつもスルーすることに。
......
『96時間』である。
リュック・ベッソン製作というレッテルは映画を観にこさせるおまじないとしてはまだ機能している。
みんなまだ『レオン』や『ニキータ』、そして『グランブルー』の幻想をベッソンにもっているのだ。
映画自体はなかなか面白いものだった。
銃撃戦を映画でやるための筋立ては割と上手くいっているのではないだろうか。
オイラは子供を持っていないので分からんが、世の親というものは傍から見てどうにも阿呆な娘であってもあそこまで命をかけられるものなのか。
分かれた女房と一緒にいるバカ娘を奪還するために元CIAのエージェントだった父親が、元女房の金持ちの旦那のプライベートジェットを使ってフランスに潜入。カーチェイスはやらかすは撃ち合いはするは、あげくの果てにフランスの元同僚のエージェント?の女房をかすり傷とはいえ撃つなんていう無茶苦茶なことをして犯人を追いつめていく。
で、最終的にはそのバカ娘との関係が今まで以上に良好になった所でおしまい。
人命はパリより重いということかw、なら人の数だけパリは必要だ。
もう少し、あの娘が傍から見ても助けてしかるべきだと思わせるようなキャラクター造形にしてもらいたかった。
本当に筋立ては上手くいっていたと思う。元CIA、離婚しているが娘がいる、並外れた観察力、他言語であっても言葉を発した相手を特定できる能力。
これらはかなり丁寧な描写と伏線の張り方であったと思える。
ベッソンの脚本が良かったのだと思う。
『レオン』や『ニキータ』の頃のベッソンなら筋立ても上手くつくり、なおかつその出てくるキャラクター全てに(悪役も含めて)感情移入出来るようにつくってた。
だから『レオン』や『ニキータ』は当時も今も輝きを失わずにいる。
それが唯一にして致命的な欠点で、今後DVDが出ても買わないだろう理由である。
それはともかく、ベッソンの映画のもうひとつの魅力、銃撃戦。
これは力が入っていた。
なんといっても発砲音が非常に良いのだ。
多分実音とは違うのだろうけど、銃の選択を含めてベッソンのフェティッシュさが出ていた。
この発砲音のファンタジーのような豊かさはアメリカの映画にはない。
日本でなら北野武が多少やっていたが。


今週はたぶん映画はナシかな(笑)。
by 16mm | 2009-08-23 20:03 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(5) | Comments(6)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/12182479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from !? びっくり&はてな at 2009-08-24 07:40
タイトル : EXTRA:特番
ブログネタ:選挙特番と24時間テレビどっち見る? 参加中 私は選挙特番を見る 派! 本文はここから 「愛は地球を救う」というテーマの日テレ「24時間テレビ」は、もうすっかり定着した感がある。 といっても、びっくりみたことは一度もなく、なんとなくチ... more
Tracked from 髪型 カタログ at 2009-08-25 08:56
タイトル : 髪型 カタログ
髪型のカタログに興味がありますか? 髪型のカタログのことなら任せてください。... more
Tracked from 競艇 予想 3連単|無料 at 2009-08-27 23:28
タイトル : ブログネタ:選挙特番と24時間テレビどっち見る?
ブログネタ:選挙特番と24時間テレビどっち見る? 参加中 私は両方見ない 派! 本文はここから 選挙特集番組と24時間テレビどっち見る? 選挙特番を見る 24時間テレビを見る 両方見ない 何とか両方見る あした、期日前投票行こうかなぁなんて... more
Tracked from 松本人志 FX at 2009-09-02 19:29
タイトル : 松本人志 FX
松本人志 FXについて。 ダウンタウンの松本人志がFXを? まっちゃんのFXはどこの証券会社で?... more
Tracked from 映画のブログ at 2009-09-06 02:23
タイトル : 『96時間』を売る方法
 近頃、リュック・ベッソンとは相性が悪いと感じていた。  『最後の戦い』(1983)を観たころは、これからの活躍を期待してワクワクした。  『レオン』(1994)は面白かった。  『フィフス・エレメント』(19...... more
Commented by chata at 2009-08-23 21:16 x
ぽくちんは週末『20世紀少年』いってきます。最終章だけ観ないのもなんだかなー?なのでリハビリがてらw そして『バラッド』に備えます。

さて30日のサイン会。行きたいけど池袋までいく気力が持てないというか、過去池袋で良くないことが立て続けに起きたので近寄りたくなかったりw どとはん代わりに行ってきてくらさい(・∀・)
Commented by 16mm at 2009-08-23 21:31
■re:chataさん
『20世紀少年』...結局スルーしてました。
今、浦沢の特集本が出てて、それにメビウスが浦沢をベタボメしているインタビューが載ってたりしてw。
結局『ビリーバット』も、『プルートゥ』の最終巻も買ってないので、オイラにとっての浦沢はもう過去の人だったりして(笑)

さて、池袋の件ですが、アレでしょw例のサンポな人のサイン会。
告知があった時からどうするかと悩んでて、今でもなやんでるんですよw
日曜日はホラ、ジムの美人インスタラクターに叱られる日だからw
時間的にはギリギリ行けそうなんですよねw
果たして、どーするか、オレw
Commented by chata at 2009-08-23 21:51 x
いまリブロのHPみたら、ウミノクマの原画も展示してる様子・・・やヴぁい、みたいコレ!w

あとどっちかというと、29日のアイヴサキ握手会のほうに参加したいww
同日石田イラのサイン会・・・コレはどーでもよいな。

サンポは今回先着100名・・・どうなんでしょう。前回の立川は余裕ありましたが。
ちなみに立川の書店はゲッツ板谷のサイン本がいつも余りまくってますw
Commented by 16mm at 2009-08-23 22:01
■re:chataさん
んが〜、ホントだwウミノクマコw
コレは絶対に行かねばならんw
多分行く、絶対イクw

三歩のサイン会もギリギリ行けそうな気がするw。
何度もchataさんに遅れをとってきたのはやはり悔しひw。

愛撫先...ちょっと魅力ねw

立川、ゲッツのお膝元なのにw
Commented by chata at 2009-08-30 16:04 x
サイン会終わりましたか~?(・∀・)
Commented by 16mm at 2009-08-30 18:24
■re:chataさん
これからブログかきます〜w


<< 『岳 10』 石塚真一サイン会 2009年第3回更新のお知らせ >>