『touch 』『無限の住人』『シスタージェネレーター』『ヴィンランド・サガ 』『西原理恵子の太腕繁盛記』

c0022635_20321291.jpg

近年、これほどまでに己の物欲を刺激して待ち望んでいたブツがあっただろうか(笑)。
ビックカメラに売ってるとの情報を聞きつけ、本日ジム終了後に大宮まで行き購入。
いや〜、エエわあ(笑)。
タッチパネルのインターフェイスなど今日日珍しくない訳だけど、なかなか感動的。
なによりも溜め込んでいた画像を大きな画面で見れて、拡大まで指先で出来てしまうのがすばらしい。
これを使ってやりたい事は結構あってNike + iPod Sport Kitなんてのもやるつもりである。
欲を言えば32Gから容量が2倍になったとはいえ128Gが出てくれればなと思ったりしている。
今まで使っていたiPodが80Gの容量中40G強ぐらいしか使ってないので間に合うと言えば間に合うのだが、動画も更に詰め込みたいしねえ(笑)。
なかなか楽しみになってきたなw。
最近行ってなかったがビックのポイントがそこそこたまっていたので、そこそこの値段で買えた。
幾つかの他の量販店に聞いても入荷は10月とのこと。
ビックカメラでも先行販売とのふれこみであった。


土曜日、歯のメンテナンスに。
先生に昨今のAV事情と新しく買ったカメラを触らせてもらいつつ使い勝手の感想などを伺う。


本日日曜日。ジムに。
結構念入りにストレッチとやや強めに筋トレ。そしてボクシング。
90.40キログラム。


最近土曜日は疲れが取れなくて難儀する。


もう多分10年ぐらいは世話になっていた筈だが、行きつけの池袋のカプセル・ホテルが今月いっぱいで廃業とのこと。
不況の波が本当に身近になったと感じる。
がっくりである。
泊まる度に金がかかるわけだが、広くて雰囲気のいい風呂場と軽食の食べられる場所が居心地が良かったのだが。
残念である。
今週忙しそうなので、もしかしたらもう一回ぐらい泊まれるかもしれん。
今度は池袋ではなく別な所を開拓しようかな。


Model Graphix誌。
先月は間違えて買ってしまった(笑)。
先月は宮崎駿の連載が載っていなかったからだ(笑)。
ちゃんと確かめて買わねばねw。
今月はちゃんと載っていた。
う〜ん。やはり面白いな、宮崎のこのシリーズは。


司会者2人が稀に見る無能でありながらまだ続いているNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』。
井上雄彦の放送分を録画してたら、たしか組閣かなんかの影響で時間がずれて録れてなかった(笑)。
あああああ。
再放送、いつだ?終わっちまったか(笑)。


週刊新潮誌。
サイバラと金子勝の対談。
おもしろい。


先週金城一紀のブログ帰ってきた「映画日記」を見つけて、とりあえず過去をさかのぼって全部読む。
面白い。
このぐらい短文ですぱっと感想をかけたら気持ちよかろう。
オイラのはダラダラ長くてかいた本人が読むのがかったるくなる(笑)。


DVDで『SP』と『スカイ・クロラ』(コメンタリー部)を再見。
両者とも何度観ても飽きないディティールの深み。
『SP』はTV用でありがらが非常にリッチな作りになっている。
演出の力、俳優の力はもちろんであるが、脚本の力は更に大きいと思われる。
『スカイ・クロラ』で押井は絵コンテを切らないと言ってたらしいが(笑)、冗談だと思うがありえねぇよとコメンタリーのスタッフが苦笑していた(笑)。


c0022635_2128137.jpg

年末、もしかしたら買い替えるかもしれん(笑)。
c0022635_2141788.jpg

互い違いになるスライド型ってあまり好きになれないのだが、この機種は斜めにスライドするMotorola Z10に似ててなかなか好きなのだが...自宅ではドコモは電波が届かないので選択肢に入らん(笑)。


『無限の住人 25』
復讐の連鎖を人間は断ち切れるのか?という重い命題。
復讐の相手、憎むべき相手が次第に憎めない人間になっていく。
しかし、それでも身内を殺された気持ちというものは相手の血でしか相殺できないものなのだろう。


『シスタージェネレーター沙村広明短編集』
この作者の非常に乾いたギャグがたまらなくおかしくて好きだ。
「定義がないのがロックよ!?」
「その発言はロッキンだけど明らかに間違いだから」
うはははは。
エロスとバイオレンスとお笑い。
なにか人間の根源に触れるようなテーマをこの作家は果敢に挑んでいるのだと思う。
こういう作家が法律は世間の眼で迫害を受けませんように。


『ヴィンランド・サガ 8』
コミックスの帯にこの巻のキモが惹句になっていたよ(笑)。
オイオイ。
コミックス買う人間は必ずしも掲載誌を読んでる訳ではないんだからさ(笑)。
で、アシュラッドが物語から退場しクヌートが(多分)闘う男となり、ここからトルフィンの成長が始まると思われる。
やはり眼が離せない作品だ。


『西原理恵子の太腕繁盛記~FXでガチンコ勝負!編』
非常に面白かった一冊。
西原という人は男にも無いような男らしい肝のすわった作家だということが改めてわかった。
これは他の女流作家どころか、男の作家だって太刀打ちできない。
とんでもない状況をすべて笑いにかえるのだから。
考えてみればサイバラという人は自分の女性的な部分をまるで出さず、それに溺れてこなかった。
亡夫である鴨志田氏との結婚の時ですら非常にクールに漫画の笑いに昇華させて、女としての喜びなんてものをまったく描かなかった。
他人の幸せなどは読んだ人間を喜ばせる事は無い、というかなり冷徹な想いをもっているのだと考えられる。
唯一自分のストレートな感情と作風が合致した出来事が鴨志田氏の死であった。
そんな自分に溺れず甘やかさないからこそ、彼女の周りには多くの人間が寄ってくるのだ。
この本は、漫画も対談部分も面白いのだが、やはり後半の友人知人達を描いた部分が良いと思う。
高須クリニックの院長が鴨志田氏の葬儀の時に言った言葉や、青木雄二の未亡人とお子と会った時の話等はぐっとくるものがある。
沢山の人が自然に寄ってくるのは彼女の徳であり、そして人垂らしなのだ。
サイバラが不幸になっていくのは読んでいるイチ読者としては胸躍るわけだが、できればうんと幸せになってもらいたい人でもある。
by 16mm | 2009-09-27 22:26 | | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/12462434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 短期間の筋トレメニュー at 2009-10-07 22:13
タイトル : 短期間の筋トレメニュー
効率のいい筋トレを行うと、1~2ヶ月ですごく筋肉がついてきます。しかも、1日にする筋トレはわずかなのにもかかわらずマッチョです(笑)... more
Commented by chata at 2009-09-27 23:08 x
タチー購入もめでたうございます!購入報告をちらほら見るようにはなりましたが、まさかどとはんも手に入れてるとわw
ぽくちんは大体同じ値段で某BOXを買ってしまったので、しばらく大人しく極貧生活でありますw

来週は確実に80キロ台になっていることを楽しみにしとりまっす!w
Commented by 16mm at 2009-09-27 23:15
■re:chataさん
いや〜、いいっすよ。タッチw。
オイラのは通称"上杉"とよんでます(笑)。
......
浮かれ過ぎですな(笑)。

某ボックス。付録欲しさにブルーレイでなくて良いからDVDで出ないかしらと思ってます(笑)。
お金がなくても家に帰るテーマが出来る事の方がうらやましいっす。


<< 『あしめし つう アシ仲間でメ... 『ココ・アヴァン・シャネル』 >>