『カールじいさんの空飛ぶ家』

本日日曜日、ジムに。
ストレッチと筋トレは腹筋だけ。Nike+が見当たらないのでランニングマシンはやらなかった。Nike+どこへいったか?無くしたか?
89.65キログラム。


『不毛地帯』
初めて録画ではなく放送時間帯に観た。
で、本編の話ではないのだが、例の相撲取りの親方夫婦が出ているCM。
録画の時には飛ばしていたのだが初めてちゃんと観てしまった(笑)。
基本的に彼らが恥をかくのはまったくかまわないのだが、なんつーかこれほどまでに恥を知らないものを見せられると、逆に自分の恥部を見せられているようで薄ら寒くなる(笑)。
国技だのなんだのエラそうにしているのならせいぜい虚勢であっても教養とインテリジェンスを見せといてもらいたいよ。
最低でも歌舞伎役者ぐらいは(笑)。


『あずまんが大王1年生 』
結構面白い。
が、この一冊でいいや(笑)。


ComicStudioの体験版を入れてみる。
なんとなく調子が良さそうだがペンで主線を引こうとするとラインが揺れる(笑)。
慣れれば真っすぐ引けるものなのだろうか?それともタブレットの所為?
もうちょい練習して買うかどうか決めよう。


rawデータ現像ソフト、『SILKYPIX Developer Studio Pro』の体験版をインストール。
マシンがパワーアップしたせいかストレスなく処理が出来そう。新たなヴァージョンになって処理エンジンも改良したとのこと。
これはサービス価格の今月24日までに購入するとしよう。


ビッグコミックオリジナル誌。
『岳』。
今回はヘリパイの青木くんが主人公。
いつもはヘルメットのバイザーで顔が分からなかったが、そうかこういう顔をしていてバックボーンはそういうことだったのね。
今回の掲載を読んで植村直己の事を思い出した。
高校生の時に植村直己に傾倒して彼の紀行文は全部読んだ。
山を愛するが故に、山では絶対死なないと決意の言葉を口にする。


『踊る大捜査線』
リッピングしたデータをiPodTouchで視聴。
スペシャル版を除いたTVシリーズを全部観た。
面白い。
映画二本(特に一作目が秀逸だと思う)も面白かったが、TVシリーズを通しで全て観たのは初めてである。
この作品がTVでやっていた時に押井と本広が雑誌で対談していて、それでこの作品の名を知ったんだっけ。
押井がすでにやっていたコンセプトだったとはいえ、警察のこの手の話は当時はまだまだ物珍しかった。
しかし、この作品は今観ても十分面白さを堪能できる。
湾岸署の署長ら三人組が最後には上司らしくピリっとしたところ、彼らが良い顔になる見せ場をちゃんと作っているところがいい。
深津絵里、いいねえ。カッコいい女だ。
続けてスペシャル版と『容疑者 室井慎次』を観るつもりである。


『カールじいさんの空飛ぶ家』
c0022635_1957552.jpg
↑このじいさんが主人公。
傑作
鳥肌モン
相変わらずのピクサー。
絶好調。
内容的にも興行的にも失敗をしないというのは如何なる魔法によるものか(笑)。
本作の推薦文で宮崎駿が
「追憶のシーンだけで満足してしまいました」
とあったがまさにその通り。
この追憶だけで2時間の映画にする事は可能なのだ。
しかしすべてにおいて本作は通常満足できるハードルの更に上を飛んでいる。
だいたいじいさんの目的地である南米にだって早々に着いてしまった。
しかし、その目的地が見えていながら登場人物達はそこから苦難の旅が始まるわけである。
それはともかく、やはり冒頭10分の過去のモンタージュが秀逸。
できれば全く台詞なしでやってもらいたかったくらい。
CMでも流れていたが、時間の経過をネクタイを結ぶ短いカットの積み重ねで表現するところがすばらしい。
『2001年宇宙の旅』で骨が宇宙船になる有名な時間のジャンプ同じぐらいに創意に満ちた表現であったと思う。
いったいこの漫画映画(あえてこう言うが)を誰が実写に比べて劣っているものだと言えるのだろうか。
漫画映画が子供だましと揶揄され実写から低く観られるのはなにも日本だけに限ったことではない。
私からすれば子供ほど騙せない生物はいないのだ。
大人は多少の綻びであってもそれを見ないようにする事ができるもの。
しかし、子供はどんな小さなディティールの綻びを見逃さない。
その子供が見逃さない所には重要な真実が結構あったりするのだが、その意見が重用される事は滅多にない。
なぜなら、子供の意見だから、だ。
漫画映画が所謂大人が言う子供相手の子供騙しの映画なら、冒頭の夫婦の永訣の別れはともかく、不妊に関するカットは必要ないと思うだろう。
しかし、これまで同様ピクサーはそれを絶対に許さない。
カールじいさんの孤独というものは妻と死に別れたというだけでなく、夫婦として暮らしていたその年月の間にあった不幸も含めたものである。
子供だってそれをカットとして挿入すれば分かるものなのだ。
宮崎駿が言った通り
「子供のための良質な物語は大人も楽しめるものである」
という信念を、ピクサーは大資本と才能と努力で作品に昇華している。
ジェリー•ビーンズのようにカラフルな風船で家が宙に浮かぶなどというバカバカしい設定も、そのカラフルな風船の色が透過光として部屋に入り込むシーンの美しさで気にならなくなる。
風船の家が現実にあったらこういう影響があるという部分をカットバックする事によってリアリティをだしているのだろう。
作って完成してみればすばらしいのが分かるが、だれが四角い顔をしたじいさんが主人公の映画を作ろうと思うだろうか。
少なくともこれを作った制作者達には成功のヴィジョンが見えていたのだろう。
感想が冒頭の所だけになってしまったが、犬をしゃべらせる、犬に飛行機を操縦させる、撃墜されたらパラシュートで無事に脱出させる(笑)。
ワンコに対する心遣いは尋常じゃないほどだが、唯一の悪人の冒険家は最後に墜落していく。
悪人としての人間の死を描写したのはピクサーの映画では初めてではないだろうか?
オイラとしてはあの冒険家のおっさんもちょっと改心する結末を考えていたのだが。
この監督のピート•ドクターは悪というものは善に再生することはないという見識を持っているのかもしれない。
『モンスターズ•インク』の時もそうだったな。
この見識はオイラもそう思っている部分なので別にどうということはない。
オイラも愚かな人間というものはずっと愚かであり続けると思っているから。
ただそういう見識を持ってるというのは他のピクサーの監督の中では珍しいかもしれんと思う。
悪意というものは存在する。だだし人間のなかにだけ。
泣きはしなかったけど、涙腺を刺激するカットはいっぱいあったな。
冒頭はもとより、最後にじいさんがラッセルにバッヂをあげる所でも泣けたな。涙でなかったけど(笑)。
それからじいさんの家が人知れずパラダイスフォールの脇建っていたところも、お約束と思いながら
「ピクサー、う、うめぇ」
と(笑)。
そして相変わらず面白いエンドクレジット。
ピクサーのクレジットを見るたびに『ポニョ』のエンディングのいい加減さに腹が立つ(笑)。
宮崎だって『トトロ』みたいなエンディングや『紅豚』のようなエンディングをつくってきたんだから出来ない訳じゃない。
というわけで、まだ『アバター』があるが本作が本年度いまのところベスト、かな。
by 16mm | 2009-12-06 19:58 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/13162846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 未完の映画評 at 2009-12-07 07:08
タイトル : 【映画評】カールじいさんの空飛ぶ家
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。... more
Tracked from 未完の映画評 at 2009-12-07 07:08
タイトル : 【映画評】カールじいさんの空飛ぶ家
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。... more
Tracked from 映画のブログ at 2009-12-10 00:01
タイトル : 『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公開を待ち焦がれていた。  本作の宣伝では、宮崎駿監督の次の言葉ぎ..... more
Tracked from Akira's VOICE at 2009-12-11 10:19
タイトル : カールじいさんの空飛ぶ家
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  ... more
Tracked from 兼田式妊娠法、不妊から自.. at 2009-12-11 23:36
タイトル : 兼田式妊娠法について
兼田式妊娠法、不妊から自然妊娠、安産ガイドでは、不妊に悩んでいた92%の女性が、わずか2ヶ月~1年以内に自然妊娠で、しかも安産した妊娠法です。 不妊から自然妊娠へと導いてくれる兼田式妊娠法の特徴や効果、口コミ情報をお伝えします。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2009-12-28 08:24
タイトル : カールじいさんの空飛ぶ家
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろうかと思っていたら、この映画が公開されたというわけです。  この映画も特別のメガネを使って見たところ、3Dに関しては、「クリスマス・キャロル」でも思いましたが、観客をも引き込むような臨場感のある場面というのは数えるほどしかなく、あとは別に3Dに...... more
Tracked from 美味−BIMI− at 2009-12-28 12:20
タイトル : 映画<カールじいさんの空飛ぶ家>
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流れ...... more
Tracked from よしなしごと at 2010-01-11 12:39
タイトル : 映画:カールじいさんの空飛ぶ家 3D
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2010-06-15 00:07
タイトル : カールじいさんの空飛ぶ家
アニメは日本が一番と思っているので 海外のアニメはつい敬遠してしまうのですが、 この作品は評判がいいですね。 と思ったら、ピクサーですか。 なるほど、 観てみましょう。(^^) いろいろ鑑賞方法(?)があるのですが、 今回は2D、字幕で観ました。 冒険好きな少... more
Commented by chata at 2009-12-06 22:27 x
お疲れさんです。う○こなジョブから解放され、只今帰宅しますた。ハァー・・・

>『ブモー』
嗚呼和久井サンが・・・あれは壹岐正がころちたw

>『岳』
ここまで引っ張ってきただけあって、上手いなーと思いました。
最初はざっと読んだので「了解(ラジャ)」でお馴染みの青木くんとはまったくわかんなかったですよ。後から最初に見てた夢に「なるほど!」と納得する始末w 石塚先生絶好調ですな~。

>『カール爺』
ヤラレますた。アンタ、今年No.1だよ・・・と言っても間違いなさげですねw もしかしたら俺ランクでピクサーNo.1にしちゃいそうです。
今回はぢめて3Dでみたのですが、メガネの上にかけるにはちょっと疲れてイヤン。『アバター』の予告も3Dで観れたのですが、普通に観たいかもw
あの悪党はダメでしょうね。ちょっと風船ついてたけどw 犬ネタがこれでもか!とあって面白かったですねぇ。いかん、テニスボールみただけで笑いそうだw
Commented by 16mm at 2009-12-06 22:47
■re:chataさん
今日も仕事でしたか。
毎度お疲れさまです。
やはり激務だよねぇ。

>『ブモー』
あんな良い奥さんがいながら。
壹岐が小雪になびくに1000点いれとこう(笑)。


>『岳』
たしかに上手いっすね。
まさか「了解(ラジャ)」の人とは思わなかった。
しかも結構なイケメンだったりするし(笑)。


>『カール爺』
あ、あの悪党風船ついてましたか(笑)。じゃあたぶんあの映画でなら生きてそう(笑)。
3Dメガネは疲れるという事もありますけど色の再現がイマイチかもしれないなと思ってます。
そういう意味では最初から3Dに特化した撮影をしているはずの『アバター』は楽しみです。
もしかしたら通常版と3Dと2回みるかもしれん(笑)。
犬ネタは、しゃべるのに犬の属性はそのままというのが面白かったですねw。
あのエリザベス•カラーとかいったかなw、あれは犬自身もカッコ悪いと思ってたんだな(笑)。


<< 『ポニョはこうして生まれた。』... 『よつばと! 9』 >>