2009年 日本インターネット映画大賞日本映画部門への投票

日本インターネット映画大賞オフィシャルサイト



[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「誰も守ってくれない」  8点
  「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 EVANGELION:2.0」  8点
  「サマーウォーズ」  8点
  「少年メリケンサック」  5点
  「バラッド 名もなき恋の歌」   1点  
【コメント】
8点の作品は順不同で同位ということ。
『少年メリケンサック』は良かったんだけど劇場で観てないという事情で中途半端な点数になった。非常に良い映画であったと思う。
このような映画を劇場で見逃すということはなるべく避けたいがどうしようもないともいえる。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [細田守] (「サマーウォーズ」)
【コメント】
すばらしいプロットとそれを映像化するセンスに長けている。いつも次作が楽しみな監督。
【主演男優賞】
   [佐藤 浩市] (「誰も守ってくれない」)
【コメント】
作品の品質保証のような存在になりつつある。演技の幅の広さ。
【主演女優賞】
   [宮﨑あおい] (「少年メリケンサック」)
【コメント】
若手の優秀な女優の一人。演技力とその魅力で作品の底上げに貢献。
【助演男優賞】
   [松田龍平] (「誰も守ってくれない」)
【コメント】
文句なしの演技力。父親になかったものを確実に持っている。だからこそ松田優作を重ね合わせると良い意味でギャップを感じさせられる。
【助演女優賞】
   [綾瀬 はるか] (「おっぱいバレー」)
【コメント】
非常に演技力のある女優であるが、映画ではいまいち作品に恵まれないのが気の毒だと思う。主演でも助演でも、それぞれのポジションで的確な演技ができる人だと思う。
【新人賞】
   [志田未来] (「誰も守ってくれない」)
【コメント】
新人ではないかもしれないが、佐藤浩市を相手に負けない演技をしていたと思う。
【音楽賞】
  「誰も守ってくれない」
【コメント】
リベラの『あなたがいるから』の劇中の使用法が秀逸。マーティン・スコセッシの『グッドフェローズ』で"レイラ"のコーダの部分がかかる殺戮シーンを観たときと同じぐらいの衝撃があった。
【ブラックラズベリー賞】
  「宇宙戦艦ヤマト 復活編」
【コメント】
中途半端につまらなそうな映画は観に行かないが、突き抜けた駄作感が漂う作品はそれを確認しに観に行ってしまう。
良くない傾向ではあると思うが、そういう人間がいる事を見越して本作が作られたとしたらたいしたものだと思う。
それはさておき、この最低な映画を観るなら他の映画を観ておけば良かったと後悔している。
この映画を恥ずかしげもなく作って公開した制作者達は今後他の映画についてとやかく言う資格はないと思う。
-----------------------------------------------------------------

【勝手にいまさらで賞】
   [君塚良一] (「誰も守ってくれない」)
  
【コメント】
今更だが『容疑者 室井慎次』を観て君塚監督のストーリーテラーぶりと演出力に感動した。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
by 16mm | 2010-01-04 00:14 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(0)


<< 2009年 日本インターネット... 元旦 >>