『勝つために戦え!〈監督篇〉』『毎日かあさん 6 うろうろドサ編』『岳 11』

本が溢れてきた(笑)。
本を見境無く買い、更に捨てられなければそうなるわな(笑)。
今に始まった事ではないがどうしたものか。
古本屋に売るというのも手なのだが、つくづく思うのは自分が後生大事にして断腸の思いで売りに出した本が10円以下で買われるというのが非常に納得いかない。
そう考えると電子書籍というのは有効なのかな、と思ったりする。


本日ジムに。
ストレッチ。筋トレは腹筋と胸筋だけ。ランニング・マシンで2キロ弱を20分で走る。ボクシング。
89.50キログラム。


ほぼ一年以上前からピップマグネループという磁気ネックレスをしていた。
この効能かどうかわからんが、ゲームをしても肩はこらず、風邪をひいても喉がいたくならないと良い事ずくめだったのだ。
で、昨日土曜日、なんだか肩が痛いな、などと思ったら、件のピップマグネループをしていない(笑)。
いつからだ?
いつからしてなかったんだっけ(笑)。
何処で無くして、何時無くしたかさえ分からない(笑)。
でも、しないでいると肩がこるという事がわかったので効能はあったというわけだ(笑)。
で、ピップマグネループの青を二代目として購入。
まだちょっと肩、というか首の後ろがこってヒリヒリする感じだが、徐々にそれも弱まっている。
もう手放せない一品になってしまった(笑)。


『わたしが子どもだったころ 「アニメ監督・富野由悠季」』
NHKで放映したものの録画を視聴。
富野の著書で『だから僕は…―ガンダムへの道』を10代の時に読んでいたので、トミノについては割かし知っていた(つもり)わけだ。
気のせいか『ガンダム』作っていた頃より。ハゲになった今の方が若く感じる(笑)。
かなりエキセントリックな印象だが、あれもポーズなのかもしれん。


世間では盛り上がってるが、オリンピックもサッカーも興味無し。
浅田真央なんか、オイラとしては顔は好みなのだがしゃべり方が気に入らない(笑)。
若いもんの喋り方が気に入らないなんて、オレもエラそうなジジイになったということか(笑)。
それこそ喋り方なんてオイラは人の事言えないしねえ(笑)。
それからスノボの国母とかいう若造。
オイラも確かにイケすかないヤツだと思った訳だが、思った瞬間
「あんなヤツ、メダルとれなきゃいいんだ」
と思ったな(笑)。
たぶんあんなアンちゃんが実力があって金メダル取っちゃったら、すごく居心地の悪い気分になったはずだ。
品行方正であれとは言わないが、オイラを含めてやはり日本代表のメダリストには聖人君子を期待してしまうものなのだな。
だからメダル取れなくて、正直ホっとした人間は多かっただろうね。
好感が持てない奴を心底祝福するほど人間は成熟してないと思う。
金メダルさえ取れば最低な人格でもオッケー、というのも間違っているような気がするが(笑)。
ボクシングの亀田に対する反応も似たようなものだろう。
今回の国母は態度は悪いはメダルは取れないはで、どうしようもなかったわけだが、では絶対メダルが取れる態度の悪いヤツと、取れるか微妙なんだけど(取れるかもしれないという事も含めて)皆から好かれるヤツと、どちらを日本代表にし、かつ応援できるのだろうかね。


またも自宅に仕事を持ち込む。
いい加減にしろ、オレ(笑)。
どこまで意気地がないんだと(笑)。


一個人誌。
黒澤明の特集。
『羅生門』のオープンセットの写真が掲載されていたが、これがすごく巨大で重厚なのでおどろいた。
記事も結構内容の厚い感じで好感触。


『サイボーグ009』
iTunesで一部で有名な『地下帝国ヨミ編』の最終回を読みたくて購入。
町山智浩も絶賛していたし、いしかわじゅんが当作を鬼の首取ったように「盗作」などと言った曰くの作品である。
で、読んでみたら、何の事は無い。
「ジョー、君はどこに落ちたい?」
その台詞と状況にクるものはあったが......今更な古さ。
しかしリアル・タイムで読んでいたら感動していただろうなとは思った。


相変わらず町山智浩のPodcastを聴いている。
この人は講釈師だな。
この人が批評解説した作品はことごとく観てみたいという気にさせられる。
しかし、Podcastで批評した映画作品の数々は町山の脳内で熟成されたものでイメージによるもので、彼の思い込みや思い入れが多分に含まれている事は間違いない。
だから実際に批評された映画を観てみたら
「町山の解説の方が面白かった」
という事もありえるな(笑)。
『裸のジャングル』の解説が非常に熱かった。
観てみたいな。
『ザ・ピット』も。


『モアイまわし』
♪モ〜アイモ〜アイ モ〜アイまわしだ...
chataさんオススメのゲームをITunesでダウンロード。
音楽のすっとぼけさがナイス(笑)。
♪モ〜アイモ〜アイ
が、耳に残るねえ。
肝心のゲームは単純なんだけど、結構クリアが難しい(笑)。
でもこの手のゲームは暇つぶしにもってこいなので通勤なんかでちょっと時間があったらやっちゃうだろうね(笑)。


『龍馬伝』
考えてみたら岩崎弥太郎の回想という体裁をとっているのに、肝心の弥太郎が龍馬のそばにいないこともあるわけだ。
そもそも岩崎を狂言回しにするというのが無理なんだろうね。
ドラマは面白いので観続けてるけど。


『勝つために戦え!〈監督篇〉』
雑誌に連載されていた時からまとめられる事を楽しみにしていた。
押井の勝敗論というのは、なるほどなと思うのだが、考えようによっては煙に巻かれてる気がしないでもない。
押井が会った事のある映画監督を中心に(そうでない人もいるが)、その人となりをおもしろおかしく虚実入り乱れて(笑)吠えている(笑)。
読み応えのある一冊で当分寝る前の本に困らないなと思う。
が、キューブリックについての言及がなかったのが個人的に残念。
勝敗論を軸に押井がキューブリックをどう見ていたのか興味があったのだが。
しかし、タイトルの"勝つために戦え"って良い言葉だな、と思う。


『毎日かあさん 6 うろうろドサ編』
お父さんが死んで、表面的には平穏な日常を取り戻した家族。
それでも世界中を子供を連れて旅を続けているサイバラは一時も、そして今後も鴨志田氏の事を忘れないのだろうなと思う。


『岳 11』
今回のサイン会にいけなかったのは残念だ。
次回の単行本発売のときもサイン会はやるかな?
その時には行けたらな。


ボチボチ映画に行きたいな。
映画館が近くにあっても、観たい映画をやってくれないんだよな。
やはり田舎だからかなあ(笑)。
by 16mm | 2010-02-28 21:08 | | Comments(2)
Commented by chata at 2010-03-01 01:22 x
マグネループ効くんだ。買ってみようかな(・∀・)
モアイはいつも5つめで詰まってます。ムズいw

禿のは中身がしょっぱい再現ドラマで、ちょいと物足りないカンジが。
この人の会話って、とりあえず否定から始まるんだなと確認w

『岳』サイン会行きたかったですねぇ。
「君の瞳にヤッホー」しょうもなさすぎてツボってしまいますたw
Commented by 16mm at 2010-03-01 06:03
■re:chataさん
>マグネ
オイラにはあってたというだけかもしれません。
というのはスポーツ用品店でもチタンをベースにしたものを売っていて、肩こりなどに効くというのは同じでも、身体にどう作用するかが違うとのことらしいです(ウロ覚えですけどw)。
オイラはとりあえずマグネが効いていたようなので継続しようと思った訳です。
人によっては、マグネとチタン両方着けてる人もいるみたい。

>禿
たしかにショボかったっすね(笑)。
幼少時に自分のポマード頭を田舎モン(と富野は思ってたw)に否定されたところがトラウマだろうかね(笑)。

>ヤッホー
次回、サイン会があるようなら行きたいな。


<< 『パンズ・ラビリンス』『機動戦... 『おんなの窓 3』『ガン病棟の... >>