『・50 Woman』

先週は観たい映画が無かった。
今週もなさそうだが、観るとしたら『ソルト』かなあ。


土曜日、歯の治療。
歯がムズムズとしていたが表面上は別段虫歯ぽくも見えず。
また虫歯のような鋭角な痛みというのでもなかったので、単に噛み合わせを調整すればすむだろう、と思いきや(笑)。
久しぶりに大工事であった(笑)。
どうも歯の中が虫歯におかされていたようで。
治療自体は麻酔を神経にうった時が痛かったくらいで、後はガリガリと削られてもなんともなし。
しっかしこの見かけは割と綺麗な歯なのに中は真っ黒って、見た目はニコニコ気のいい上品なおぢさまなのに、実は自分だけ私腹を肥やして年収7億な某印刷会社の社長みたいぢゃないですか(笑)。
いやいやw。他意は無いw。単なる見立てぢゃw。ケケケケケ(笑)。
行きつけの先生は"痛み"に関しては相当に神経質に気を配ってくれるので、オイラ本人は結構気楽に構えていられた。
このブログも読んで下さってるようで、この場で、「ありがとうございます」。
現在、痛み止めを飲んでも鈍痛状態であるが、まあ傷が癒えれば痛みも引くだろうという感じである。


本日日曜日ジムに。
ストレッチと筋トレを少々。
ランニングマシン、65分で8.41km。
体重89.90kg。


『N.O.V.A.』
暇な時分にダラダラとやり続けていたiPodTouchのゲーム『N.O.V.A.』がアップデートした。
したら、ゲームが初期状態になっちゃって(笑)、一回クリアすればステージの抜粋でプレイができていたのができなくなっちゃってたよ(笑)。
肝心でアップデートだが、グラフィックが変わったというではなく、前はゲームを途中で終了して再度始めようとするとOpムービーが始まったのだが、今回はいきなり終了したところから始められるようになり、使いかってが良くなった。
なのでまた最初からイージーでやり始めている。
なに、すぐ終わるであろう(笑)。


『MM9』
TVが観れないので本購入。


ヤングアニマル誌の『3月のライオン』のカラー表紙。
あかり姉さんのビーチク(笑)。
あれ乳首だよね(笑)?。
すまん。
下世話な表現で(笑)。
エロスやなあ。


日曜日に『サザエさん』を観て、月曜日の憂鬱を感じるというのを聞いた事があるが、オイラは『龍馬伝』でそう感じてしまう(笑)。
『龍馬伝』第三部が始まったが、相変わらず広角レンズの構図がカッコいい。
カネと手間を惜しんでない感じがいい。
この映画の為なら受信料払ってもいいな。
実際NHKってところは、ドキュメンタリーだとかの番組を2〜3本作って、後はダラダラと定年までってひとがいるらしい。
そんな所で、何かをつくるというのは失敗のリスクを負う事になるわけだ。
当たり障りの無い事をしておけば万事無事にサラリーマン生活を終える事ができるのに、アクションを起こすという事は勇気のいることだ。
この『龍馬伝』のスタッフに拍手をおくりたいね。


"Kitano par Kitano 北野武による「たけし」 "
ザッピング的に読み進めた。
オイラもかなりたけし関連の本は読んできたつもりなので、新しい発見や、たけしが言葉を濁している部分だとかを想像しながら読めたいい本である。
久石譲の音楽を使わなくなった経緯も少々かかれていた。
それからこの本でしか言っていない事実で、たけしがTVなんかで言う事は多分なさそうなので記しておくが、彼のアフリカへの援助には頭が下がる。
政府や企業が後々の利益を考えた打算的な援助ではないからね。
たけしが本で自分のやっている事を自慢しているというのではなく、これを読んだ人間にもたけしと同じ気持ちになってもらいたいという、願いだと解釈した。
さすがである。
オイラが一生私淑しようと思った人物がこういう人でよかった。


つい買ってしまった。
ビッグコミックスペリオール誌。
好きで読んでいるのはサイバラの『画力対決』だけ。
サイバラの単行本は買うが掲載誌は立ち読みで十分だった。
で、新連載で金城一紀の小説『映画篇』のコミカライズ。
これがゾクリとするような感じでつい買ってしまった(笑)。
画も好み。
これは単行本も買うだろうが、金城一紀、やっぱいいわ。
小説読み始めようかな。結構寡作な人のようだからすぐ全部読めちゃいそうだが(笑)。


そのビッグコミックスペリオール誌のサイバラの漫画。
二週続けて『DMC』の若杉公徳。
サイバラが世話焼きのオカンになってるがな(笑)。


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN (21) ひかる宇宙編・前』
購入。
ぼちぼち物語も終盤。
掲載誌としてはポスト・オリジンを考えたいところ。
しかも安彦作画で。
オイラとしては安彦版『逆襲のシャア』が読みたいなと思うのだが。



コンビニで売ってる本で『吼えろペン』を購入。
500頁ちかい極厚本(笑)。
面白い。
島本、画が上手くなったなあ(笑)。
これは本人が描いているのか?
それともアシスタントが描いているのか?w
前の画も決して下手だとは思わないがw。
つーかサイバラの画を上手いと言っているオレの眼ではあてにならんか(笑)。
でもいしかわじゅんの1000倍ぐらい上手いとは思っているぞ、島本の画は(笑)。
『吼えろペン』の幻と言われている最終回も収録されていた。
出版社の不条理さにのる島本本人の自己批判的な作業。
それもちゃんとギャグにしてるのがすごい。
この人本当に漫画が好きなんだろうな。


『・50 Woman』
映画もDVDも観てなくて、延々と絵を描いたり、3Dをやったり、次回のHP更新の画像を作っていた。
で、たまたまYouTubeでみつけた『・50 Woman』。
たしか"ハーフ・ウーマン"と読んだと記憶している。
c0022635_2182616.jpg
c0022635_2184018.jpg
押井守が『KILLERS<キラーズ>』という映画の中で短編を作ったのだ。
銃器をテーマにしたいた短編の集まりで構成されている。
画像は冒頭のアヴァン・タイトルのところ。
なかなかカッコよくて期待で胸と股間がたかまる(笑)。
美女と銃。
フェチ的にもゾクゾクするとりあわせだ(笑)。
んが、しか〜し。
カッコいいのはこのアヴァンとクライマックスだけ(笑)。
後はターゲット(標的)が現れるまで延々とコンビニの菓子パンやらおにぎりやらミネラル・ウォーターを消費している様を描いている、だけ(笑)。
押井の実写は長くても短くてもなんでこんなに"まったり"なんだろうか(笑)。
"まったり"すぎて退屈して眠くなる(笑)。
言葉尻の問題だが、観客に"まったり"感を感じさせるのと、観客を本当に待ったりさせてしまうのでは意味が違うと思うのだが。
"まったり"感を感じさせるというのは、観客が頭の一方が緊張しているので自分がまったりしたものを観ているなという判断ができる状態。
押井の"まったり"はそういう判断ができなくなるほどまったりさせ、それが退屈になり、気絶、という具合になるのだ。
気絶してしまえば折角作った物語が観客に届かないと思うのだが。
それとも押井は観客を気絶させる事を目的に実写映画を作っているのか(笑)。
それとも押井は己の映画を観て気絶するやつなどハナから相手にしないというスタンスか(笑)。
また性懲りも無く実写の映画を作ったようだが、今回は観に行かんぞ(笑)。
ちなみにタイトルの『・50 Woman』だが、これは多分50口径の対物狙撃ライフルを使っているということと、このスナイパーが実は女性の格好をしているが"ニューハーフ"であるというのがかかっているのだと思われる。
退屈な映画だったが、ラストは日本のアニメーション映画界の超大物の頭が件のライフルで吹っ飛ばされるという(笑)痛快な終わり方をしていた。
興味ある方は『・50 Woman』でYouTubeで検索してみて下さい。
じっと見すぎて気絶しない事を祈る(笑)。
by 16mm | 2010-07-25 21:41 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/14837180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2010-07-25 22:30 x
>『N.O.V.A.』
何も考えずUPDATEしちった・・・。iTunesも何も考えずUPしたら、日本語が消えたw
いまAPPSの1位にあるやつも、どとはんが好きそうなトリガーハッピー系ですな。115円。

>あかり姉さんの
なんと!コミック派でもこりはチェックせねば!w

>NHK
昔仕事で全国各地のNHKに出張してたのですが、地方局はいいひとばかりでした。でも受信料は払わんw

>『吼えろペン』
はい、本屋にてあまりの厚さにスルーしますたw
近所のコンビニに置いてたら買うのに!

>押井守
八王子のイベントの他に、ナマのオシイトークが見れるやつもあったはずなのですが、その情報元がどこかへ・・・。どとはんがナマでみたオシイをどう評するかもみてみたいッスw
Commented by 16mm at 2010-07-25 22:40
■re:chataさん
"モダンコンバット サンダーストーム"。
なんかそそられますね。
むう。値段が安い分チープとかないだろうか?w

>あかり姉さんの
これはぜひchataさんにチェックしていただきたい。
ほんとにビーチクなのか?というぶぶんでw

>押井守
ぢつは1992年 の日本リシーズの最中に『トーキング・ヘッド』という押井の映画を池袋の今はない?映画館で観てたら舞台挨拶に来てたんですよね、押井が(笑)。
観客10人ぐらい(笑)。
結構感動しましたな。
最後はじゃんけんで押井に勝った人がサイン入りのポスターを貰えるというものでしたが、オイラ負けましたw。
もっと図々しく、映画の画コンテは買ってたんだから、走っていっってサインもらえばよかった。
ニコニコして人当たりはよさそうなオっさん、というよりもアニキな感じでした(笑)。
Commented by chata at 2010-07-25 22:47 x
>モダンコンバット
なんかNOVA以上にオモロいとコメントしてる人もいますやね。
安いし失敗しても痛くはなさそーですが・・・w

>オシイぬ
なんと18年前に遭遇してたのですねw その頃なら確かにアニキかw
Commented by 16mm at 2010-07-25 22:57
■re:chataさん
>モダンコンバット
と言ってる間に購入(笑)。
取りあえずやってみます(笑)。

>オシ犬
長髪のアンちゃんでした。
やっとこ上り調子になってきた頃だったかな。
だから実写も撮れてたんだろうけど(笑)。


<< 『ソルト』 『借りぐらしのアリエッティ』『... >>