2010年 日本インターネット映画大賞日本映画部門への投票

日本インターネット映画大賞オフィシャルサイト

日本インターネット映画大賞運営委員会スタッフの皆様、集計お疲れさまです。
以下、よろしくお願いします。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「告白             」   10点
  「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」    8点
  「機動戦士ガンダムUC      」    5点
  「十三人の刺客         」    5点
  「孤高のメス          」    2点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】
昨年観た映画が上記の5本だけという事ではない。
この場で無理矢理10本選出して、自分ではそんなに良いと思っていない作品にたとえ1点でもやるのが惜しいと思ったからだ。
なので点数で順位を付けてしまったが、上記5作品はどれも「観て良かった」と思える満足感を得る事が出来た作品である。
ただ本欄にあげなかった映画でも、一昨年の『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』的な作品全てが噴飯モノ作品は無かった。
『告白』は映像、物語、演出、演技がすべてすばらしかったと思う。原作も良書であるが、それを見事に脚色していた。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [中島哲也       ] (「告白」      )
【コメント】
日本でダークファンタジーの映画を成立させたのではないかと思っている。
中島監督の作品の中で一番好きな作品になった。

【主演男優賞】
   [堤真一        ] (「孤高のメス」「SP 野望篇」)
【コメント】
どの作品を観ても顔は堤真一なのに、どの作品においても違った役の印象うける。
見た目の作り替えではなく、表情や仕草や姿勢などを総動員すれば人物の演じ分けは可能なのだと思わせる俳優。そう言う意味では俳優として希有な存在だと思う。

【主演女優賞】
   [松たか子       ] (「告白      」)
【コメント】
彼女が出演し、彼女が演技し、役柄を見事に成立させたことが『告白』という映画の評価に確実に反映されている。
つまり梨園出のお嬢様がここまで出来るんだ、というおどろき。
そして彼女は独力で演技の幅のあるところを見せつけた。

【助演男優賞】
   [稲垣吾郎       ] (「十三人の刺客  」)
【コメント】
稲垣という役者は悪人も善人も両方とも演じられる雰囲気を持っていると思う。
ただそのどちらの演じ方も歪んでいる。
それが持ち味なのだろう。

【助演女優賞】
   [安藤玉恵       ] (「孤高のメス   」)
【コメント】
主演俳優以上にバイプレーヤーは演技力を求められるものだと思う。
「あの兄嫁の女優は誰だろう?」(『ぐるりのこと。』)とか、『孤高のメス』のあの看護士さんは誰だろうか?と思わせる女優。
すくなくとも私にとってはそういう女優である。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [なし         ] (「        」)
【コメント】


【音楽賞】
  「機動戦士ガンダムUC」
【コメント】
澤野弘之の楽曲。音の広がりが世界観の広がりへ昇華していくような音楽。
曲を聴いているだけでシーンが浮かぶ。
曲が映像の邪魔にならず、だがしっかりと音楽としての主張もある。


【ブラックラズベリー賞】
  「なし         」
【コメント】
特筆するほどの愚作はありませんでした。
私にとっての特筆すべき愚作の最たるものは『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』なので。

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [どーしたんで賞(笑)] (「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」)
  (「SP THE MOTION PICTURE「野望篇」」)
【コメント】
極端につまらなかったわけではないがTVシリーズを楽しんでいた身としては物足りなくて
「どーしたんでしょう?」
ってな感じでした(笑)。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
by 16mm | 2011-01-15 23:23 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/15702370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2011-01-20 21:34
タイトル : 日本インターネット映画大賞・日本映画部門に投票!
 では、今度は日本映画です。こちらも作品賞は、昨年末のマイ・ランキングから流用いたします。 [作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は5本以上10本まで  ・持ち点合計は30点  ・1作品に投票できる最大は10点まで ----------------------------------------------------------------- 『 日本映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「告白」 10点   「十三人の刺客」 ...... more
Tracked from |あんぱ的日々放談|∇ ̄.. at 2011-01-22 12:32
タイトル : 2010年のまとめ・日本インターネット映画大賞
2010年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2009年はココ 2008年は ...... more
Commented by chata at 2011-01-16 00:57 x
わたすが昨年印象に残った映画は『仮面ライダーダブル』です。

良ストーリーやら昭和ライダーのオマージュやらバイクアクションやら
須藤元気のオカマっぷりが高次元で合体した奇跡がここにw

この昨年のが良すぎたせいで、今やってる仮面ライダーの映画がボロクソな評価でちとかわいそうw
Commented by 16mm at 2011-01-16 08:20
■re:chataさん
iTunesでも『ライダー』のレンタルがあるのですが『ダブル』がまだ出てないんですよね。
iTunesのレンタルは今後も使うと思うので出たら観たいなと思ってます。
『キック・アス』は公開規模が小さいからヒットしてるような感じですけど、『ウォッチメン』や『ダークナイト』なんかが日本で興行的にイマイチだったのは『仮面ライダー』とか『ウルトラマン』などのヒーローが根付いているからだと言ってた人がいました。


<< 『ラセターさん、ありがとう』『... 『フライ,ダディ,フライ』『ブ... >>