2010年 日本インターネット映画大賞外国映画部門への投票

日本インターネット映画大賞オフィシャルサイト

日本インターネット映画大賞運営委員会スタッフの皆様、集計お疲れさまです。
以下、よろしくお願いします。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ヒックとドラゴン   」   10点
  「トイ・ストーリー3   」   10点
  「キック・アス     」   5点
  「ハート・ロッカー   」   3点
  「インセプション    」   1点
  「第9地区        」   1点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】
一応順位付けはしているが、ここにあげた作品はすべて良作であると思っている。
しかし『ヒックとドラゴン』と『トイ・ストーリー3』はどうしても満点にしたかったので他の作品が点数的に割を食った形になってしまっている。
『ヒックとドラゴン』と『トイ・ストーリー3』の二つの作品に言える事は作ってる人間達には実写へのコンプレックスなどないのだろうなということ。
むしろ実写よろアニメーションの方が映像としてリッチだという信念があるのかもしれない。
なので所謂「アニメだから」というなめた制作をしていない。
実写映画以上に丁寧な描写を作り出す事に心血を注いでいる事がわかる。
これからはもっと"アニメーション"という手法を使った良作の映画が出てくるのではないかと思っている。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [マシュー・ヴォーン  ] (「キック・アス  」)
【コメント】
監督が自ら資金調達してまで完成させた映画。
初志貫徹。ブレない心。
制作に何十億もかかる映画で心を折らずに本作を作り上げた監督に両手一杯の花束を。
この映画を観てモラルの崩壊を危惧するような者はハナから観なくてよろしい。

【主演男優賞】
   [ジェレミー・レナー  ] (「ハート・ロッカー」)
【コメント】
"ずんぐり"したたたずまいのある愛嬌のある顔立ち。
そんな彼が爆薬解体の孤独なプロとして実に説得力のある演技を好演していた。

【主演女優賞】
   [クロエ・グレース・モレッツ] (「キック・アス 」)
【コメント】
とにかく「かわいい」(笑)。
かわいい顔立ちにキタナイ言葉というインパクトにやられてしまったわけだが。
ここまで強い印象を残してしまうと今後どんな役をやってもなかなか"ヒット・ガール"を越える印象を観客に植え付けるのは難しいかもしれない。
でも可愛いのでがんばってほしい(笑)。

【助演男優賞】
   [ジョゼフ・ゴードン=レヴィット] (「インセプション」)
【コメント】
『インセプション』で言えば縁の下の力持ち的な役割をオールバックの髪型と相まってクールに演じていた。
雰囲気はレオナルド・ディカプリオよりも格好よかったと思う。

【助演女優賞】
   [なし         ] (「        」)
【コメント】


【ニューフェイスブレイク賞】
   [なし         ] (「        」)
【コメント】


【音楽賞】
  「ヒックとドラゴン   」
【コメント】
ジョン・パウエル は実に印象的な音楽を作った。この映画の情緒的なシーンやアクションの躍動感を音楽によって最大限に盛り上げている。まさに映像と音楽が絶妙にマッチングしていて、音楽を聴けばそのシーンを思い出し、映像を観ればそのシーンにかかっていた音楽が聴こえてくるほど。

【ブラックラズベリー賞】
  「なし         」
【コメント】
途中で席を立ちたくなるような映画はありませんでした。

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [がんばれギリアム賞  ] (「Dr.パルナサスの鏡」)
  「テリー・ギリアム   」
【コメント】
テリー・ギリアムの想像力が私の何十歩も先に行っているのか?それともギリアム自身の妄想を映画として集約するエネルギーが落ちたのか?
昨今のギリアムの映画にノれなくなってしまった私。
ある時期から極端に観る者を限定してもいいと、ギリアムはそう思いだしたのかもしれない。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
by 16mm | 2011-01-15 23:23 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(3)
Commented by chata at 2011-01-16 01:09 x
わたすも『キック・アス』で!
基本ヒーローモノは好きですが、関連本まで買っちゃうのはコレと
『ウォッチメン』くらいですね。
王道ヒーローも『ソー』とか『アベンジャーズ』が控えてるので
まだまだ死ねませぬw
Commented by 16mm at 2011-01-16 08:36
■re:chataさん
『キック・アス』は日本公開が危ぶまれていましたからね。関係各位の努力で公開できて良かったと思ってます。
スーパーヒーローとしてのスペックを何一つ持たない少年が主人公というプロットがすばらしいっす。
『アベンジャーズ』は来年でしょうかね。
マーベルのサイトに
http://marvel.com/
『キャプテン・アメリカ』と新生された『スパイダーマン』の画像が載ってましたけど、意外とファーストルックとしてはイケてるんではないでしょうかw。
なんかカッコいいw。
Commented at 2011-02-13 12:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 『ラセターさん、ありがとう』『... 『フライ,ダディ,フライ』『ブ... >>