『涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト』『エクスペンダブルズ』

自販機の光が消え、町中や駅などでライトの光が減らされている。
以前よりやや暗くなっただけで支障など無い。
むしろ今まで電気を使って必要以上に明るすぎたのではないか。
明るくするという事がすばらしい事で、それが過剰に電力消費させる口実になっていたようだ。
そういう意味では電力会社の営業努力の賜物だと言える。
節電しようとTVは呼びかけるが、TVを消しましょうとは言わんわな(笑)。


「なにか気になったことでも、ありましたか?」
平日、会社近くで昼飯を食べる時、比較的近くのインド人(推定(笑))がやってるカレー屋に行く。ナンでもメシでも食い放題のその店。これまでオイラは行ったらナンを3.5枚は食べていた。
早食いの上に比較的多く食していたので、店のインド人(推定(笑))にはかなり気を使ってもらって、オイラが食べ終わるやいなやナンを持ってくるというワンコそば状態であったのだ。
それが、このところオイラが食事のセーブを始めたもんだから、だいたいナンを2枚か1.5枚ぐらいに抑えている。
インド人(推定(笑))にはそれが気になっていたらしい。
自分等に落ち度があったのではないかと。
わざわざ体調崩して飯をセーブしてると言うのもめんどくさいので
「いつもどおりおいしいけど、激辛の場合もうちょっと辛くてもいいかな」
などと言ってしまった(笑)。
神妙にうなずくインド人(推定(笑))。
次に行った時、オイラの激辛の皿が異様に赤く。
その後「空も飛べるはず」ぐらいな勢いで尻穴から火を噴きました。
口は災いの元であるという事を44歳にして体感(笑)。
また大喰らいなオイラが少々小食になったことで広がる波紋で不安にさせる事もあるのだな(笑)。
思わぬところで他人を不安にさせてる(笑)。


土曜日は耳鼻科と歯のメンテナンス。
耳鼻科では抗生物質の服用をしばらく続けるということ。
実際、痰については楽になっているのだがまだ完全に治ったわけではない。
薬を止めた途端また発作が起こるのは願い下げだ。

歯の治療後、先生との会談でこのほど発表されたOLYMPUS PEN E-P3を買う事を宣言(笑)。
よって2007年の夏から使ってたFuji S5とそのカメラ用の広角レンズ1本も下取りに。
画素数が心もとないがレンズ・アダプターでタンスの肥になっているコンタックスのレンズも使えるようになる。
一応欲しいカメラではあったが、女の子撮影のメインにするつもりは無く、あくまでもメインはまだ買ってもいない発表もされていないニコンのフルサイズ機である。
とりあえず、カメラ本体と電子ヴューファインダーを予約。レンズも1本購入予定であるがまだ迷い中である。
取りあえず楽しみだわい。


本日ジム、に行くつもりだったが、サボリ。
nike+をどっかに紛失したようだ。
食事も抑え気味にして、週一の運動ですこしでも体重を落とそうと思ったが。
来週は必ず(笑)


先週は映画はなし。


元ジャーナリスト,中子真治氏 ブレードランナーを語る
まだ観てないけど、非情に興味深い。


『涼宮ハルヒの憂鬱』のデータ化完了。
特典映像もデータ化。
内容が濃ゆい(笑)。


『涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト』
レンタルDVD。iPod touchで視聴。
2006年に『涼宮ハルヒの憂鬱』の放送があり、その後2009年に新作が作られた。
この『エンドレスエイト』は2009年にTV放映されたなかの8本のタイトルである。
8本あるのにタイトルは全て『エンドレスエイト』。
この8本内容も台詞もほぼ同じだ。
キャラクターの衣装デザインや台詞回し、構図や背景はことごとく全て違うが、内容がまったく一緒。
ハッキリ言ってほぼ同じものを8本観続けるのは結構しんどかった。
4本ぐらいでも良かったんではないかとも思う。
しかし、この後劇場版『涼宮ハルヒの消失』続く感情的な伏線を観るものに体感させる為には8本というもの分からないではない。
対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェイス。
有り体に言えばロボットのようなものか。
本来感情などが芽生えるバズも無い人形のような存在。
それが長門 有希。
そんな彼女が『エンドレスエイト』で無限とも思える繰り返す時間を過ごす事で、それが何かしらのストレスとなり『涼宮ハルヒの消失』で展開される物語のトリガーになったのではないかとにおわせる。
そもそもロボットや人形に感情が宿るのか。
感情の宿らないロボットだからこそ、数百年のオーダーでハルヒやキョンを監視できるのだ。
記憶はリセットされず、ひたすら同じような時間の記憶が蓄積されていく。
備忘録として以下抜粋。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
長門がキョンにこの夏休みの二週間が何回繰り返されているかとの問いについて。
 
13話 15498回目 (2391回目 11054回目)盆踊りいかない (437回)金魚すくいをしない (9025)アルバイトした 3つに分岐

14話 15499回目 (2391回目 11054回目)盆踊りいかない (437回)金魚すくいをしない (9026)アルバイトした 3つに分岐 風船配り 荷物運び レジ打ち ビラ配り 電話番

15話 15513回目 (2391回目 11054回目)盆踊りいかない (437回)金魚すくいをしない (9031)アルバイトした 3つに分岐 風船配り 荷物運び レジ打ち ビラ配り 電話番

16話 15521回目 (2391回目 11054回目)盆踊りいかない (437回)金魚すくいをしない (9048)アルバイトした 3つに分岐 風船配り 荷物運び レジ打ち ビラ配り 電話番

17話 15524回目 (2391回目 11054回目)盆踊りいかない (437回)金魚すくいをしない 

18話 15527回目 (2391回目 11054回目)盆踊りいかない (437回)金魚すくいをしない (9052)アルバイトした 3つに分岐 風船配り 荷物運び レジ打ち ビラ配り 

19話 15532回目 (2391回目 11054回目)盆踊りいかない (437回)金魚すくいをしない (9056)アルバイトした 3つに分岐 風船配り 荷物運び レジ打ち ビラ配り 電話番


15532×2週間 595年
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
この繰り返しの回数を記録したのは話数によって繰り返しの順序がシャッフルされているかな、と思ったからだが、どうやらそれはないようだった。

まさに時をかける少女、長門 有希。
長門の見た目が人間に見えるから、キョンやハルヒとの関わりで感情が芽生えるかもしれないという風に納得できなくもないけど、早い話、日常使っている電卓に感情が芽生えるのか?という話でもある。
『2001年宇宙の旅』でのHALだって感情が生み出されて殺人を犯した訳であるからなんともいえんが、脳みそ、人工知能、脳デバイス、いまだによく分かっていない脳の話でなんとなく煙にまかれたような感じである。
その辺りはヤボであろう。
おとぎ話として納得する部分であるとも思える。
この退屈してしまった『エンドレスエイト』。
退屈して発狂もせずに繰り返しの中にいた長門 有希という存在に少しでも思いを馳せ、彼女の体験を多少なりとも体感できたような気がする。
それがこの8本の目的だと思われる。
『エンドレスエイト』の"エイト"って"8"、"8話"という意味もあるが、それよりも"8"を横倒しにして"無限"だとかのメビウスの輪っかにする事ができる。
それがこの8話分のテーマであり、『消失』に向かう伏線なのだと思う。

『涼宮ハルヒの憂鬱』のシリーズはすごいね。
やはりカルト作となっていくのではないかな。
この手の繰り返される日常と時間のテーマは押井守の専売特許だったはずなのに。
『涼宮ハルヒの憂鬱』それをパロディーとして出し、より深く先鋭的に作り上げられたものではないかと感じる。
残りの話数、観るのが楽しみである。


『エクスペンダブルズ』
iPod touchで視聴。
シルヴェスター・スタローンの制作姿勢のあまりのブレのなさ関心する。
それは『ランボー』や『ロッキー』からずっと変らないワンマン・アーミー的な世界観。
その世界観を観る者に納得させる為に己の肉体を鍛え、筋肉を盛り上げてきた。
組織にも属さず、近代的な道具類から距離を置く。
それはある時期、サラリーマン社会で会社に認められなくとも孤軍奮闘する人間が重ね合わせ易い対象としてあった。
所謂管理社会からはみ出そうとする人間の肯定。
しかし、ブームや流行は巡るとは思いつつも、今がそんな一匹狼な人間にシンパシーを持てるような時代ではなくなってしまった。
なによりも管理社会がそんなに居心地の悪いものだと感じなくなった。
むしろ管理されている自分が楽だ、と思ってすらいるのではないか。
自分がそうだからなのかもしれないが『エクスペンダブルズ』にまったく思い入れが出来ず。
アメリカとCIAを悪にしたてたところで、なんとなく自分の所属している組織や会社の愚痴や悪口を言っている程度で、本当に自分の取り巻く国や組織をなんとかしようというところまではいっていない。
エンターテイメント映画としてそれをやるのはどうかという事もあるだろうが、そのあたりを突破しなければ単なるアナクロな筋肉アクション映画でしかない。
オイラとしはもう今更筋肉アクションを現代で観ても楽しめない。
観たければ旧作の『ランボー』を観るよ。
同じようだけど違う『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の方が面白かった。


今週は母親の通院と自分の心療内科。
映画を観るかどうか分からんが、観れれば『マイティ・ソー』かな。


今週もなんとか乗り切って、発作がでませんように。
by 16mm | 2011-07-03 20:06 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(8)
Commented by chata at 2011-07-03 23:16 x
>インド人
このエピソードを思い出しました → http://bit.ly/l6yXvr
インド人て意外と気を使う人種なのかなw

>『エンドレスエイト』
テレビ放送でこんなことをするとはw

>『マイティ・ソー』
ナタリーが黒鳥のあとに撮ったソーですが、フツーな役も可愛いスw
Commented by 16mm at 2011-07-03 23:31
■re:chataさん
>インド人
オイラが行ってる店も忙しいとアイスコーヒーのガムシロップやらクリープやらを出し忘れます(笑)。
いつもニコニコしてて感じのいいヤツらです。

>『エンドレスエイト』
これ、賛否があったらしいですけど、そりゃ8週も同じような内容を見せられたら退屈もしますわな(笑)。

>ナタリー
この時期彼女の主演作が結構あるようですが(ラブコメっぽいのがあるようだ)、いきなり多方面に出始めたなと思いました。
今週観にいってみようかしらん。
Commented by 朽駄 at 2011-07-09 19:41 x
朽駄です。
あしゃくら&ちゅるやさん 可愛いすぎるだろ。
久しぶりにパソコンの前で爆笑しました。
さすが京アニは分かってるよなあ。
4コマ風なところがあずまんがを思い出した。
Commented by 16mm at 2011-07-10 17:19
■re:朽駄さん
『にょろ〜ん』の方のキョンの台詞まわしで笑ってしまいました。
あのOPとEDの歌もiTunesで購入してしまいました。
オモロかったっす(笑)。
Commented by 朽駄 at 2011-07-13 22:54 x
朽駄です。
ハルヒちゃん第3話クイズSOS団回答者紹介で
その他と言われたことに怒って
「紹介しろよ文字数いっしょだろ!」と言いますが、
どういうことでしょうか。
彼の本名は長門と同じ4文字の名前なんでしょうか。
Commented by 16mm at 2011-07-13 23:55
■re:朽駄さん
この問題、完全にスルーしてましたw。
たしかにそうですね。
「キョン」と「ながと」の文字数同じでは不自然かなあ(笑)。
なぞですな。
ちなみに私は今3度目の『消失』を観てます。
Commented by 朽駄 at 2011-07-14 23:48 x
朽駄です。
消失3回って合計480分(8時間)ですか。
確かに3回以上観ないと、内容を完全に理解できないような気もしますが。

にょろーんの方の「あしゃくら&ちゅるやさん」が可愛いと言いましたが、
ハルヒちゃん本編の、朝倉バックアップ「あちゃくら」もめちゃくちゃ
可愛いですよ。

にょろーんの方は、3Dの映像なのに2Dに見えるようにしてるんですね。
ちゅるやさんのチーズ作り方質問に対し、小さく「ググれ」と吐き捨てる
みくるがとても怖い。白い背景と相まってとても怖いです。にょろーん。
Commented by 16mm at 2011-07-15 06:00
■re:朽駄さん
『消失』を見ると「あのTV版でも作画にバラつきがあったのだな」と思わせるぐらいに作画が安定していたと思います。
京アニ、たいしたヤツらでありますな。

『ハルヒちゃん』の方の地球がでてくるOP。
あれ東京じゃなくて、京都の方に落ちていましたな。
みんな標準語で喋ってましたけど、基本は京都あたりを舞台にした話なのかもなと(笑)。


<< 2011年第2回更新のお知らせ 『さや侍』『ゆれる』『SUPE... >>