『アジョシ』『ドラゴン・タトゥーの女』

「それはバリケードな問題ね」
c0022635_1821521.jpg
正解です、chataさん(笑)。
買っちまいました(笑)。
会社の友人がおぜうさまの頭裏のシリンダーのディティールについて熱く語り
c0022635_1824682.jpg
なんでもこの『チャーミング』版のおぜうさまは人気がないとか(笑)。
バンダイも安く投げ売り。
投機目的のヤツらもあまりに人気のなさに早々に安く売りに出てるとか(笑)。
c0022635_18271742.jpg
↑最初のおぜうさまにくらべて幾分御御足がたくましくなられた今回。
オイラもなんとなく静観していたのだが、件の友人がおぜうさまのシリンダーについてあまりにも暑苦しく語るもんだから、オイラもだんだんその気になってきて
「メカむき出しのディティールは結構好きだな。あの御御足もなんとなくカッコいいのではないか。最初のおぜうだまのツインテールがオイラはあまり好きではないし。しかも定価より安いし。」
と、買う理由を指折り数えてひねり出し、購入したわけですよ(笑)。
いやはや、良くできている。
稼働箇所が結構あり、
c0022635_1833112.jpg
こんなポーズもとれる(笑)。
上記の"らくちん"ポーズ以外では支えがないと自立はできないのだが、それでも完成度の高さは大変なものである。
さらに専用台座でアニメの台詞がいくつか流れたりもする。
いや〜、本当にカッコいい。
チャーミング版が大好きになったよ。
ただオイラの部屋に飾る場所がなく、プロテクトギアと一緒に撮影後に箱詰めと相成った(笑)。
できればちゃんと飾りたいものである。


先週は体調的には安定している。
今年は風邪にもインフルにもかからずに済んではいるのだが、ヤク漬けなのであまりいい状態ではない。
本格的な花粉のシーズンとなった時にどんな状態になるか今から不安である。
本日は外出以外は薬を服用して思い存分寝ていた。


本日日曜日、ジムに行く予定だったが両親の外出に付き合う。
取りあえず寝る前にストレッチをするよていである。


現状、靴は5足を使い回しているので事足りているのだが、最近エンジニアブーツが欲しくてたまらん(笑)。
買っても置き場所も履く機会がないのでね(笑)。
最低二足は履き潰さないと買う意味と理由がオイラには浮かばない(笑)。


c0022635_19335348.jpg
CUT 2月号を購入。
『ドラゴン・タトゥーの女』がらみのインタビュー目当てで、映画鑑賞後に2月号を購入した。
『ドラゴン・タトゥーの女』の本編でも使われていないイメージヴィジュアルが掲載されていてカッコよい。


オイラも投票させてもらった日本インターネット映画大賞の2011年度版の結果が発表になった。
投票数を見ても極々小さい規模のものであるが、上位については世間的な評価と大差がない。
基本的に貶しの意見はあっても載せないというのがポリシーのようで、それはそれでいいのだが、主催者の独断でもいいので投票者の意見の抜粋を載せてもらいたいものである。
まあ、投票した人のブログを全て読んで回ればいいんだろうけどね。
驚いたのが、映画のランキング的には『ブラック・スワン』なのに、作品の思い入れ度のランキングでは『スーパー!』が一位を獲得(笑)。
単館系の作品は観た人が少ない分だけ、点数を多く入れようとする傾向があるのかもしれん。
『スーパー!』はオイラも好きなので溜飲がさがった。
日本インターネット映画大賞集計したスタッフの方々、お疲れさまでした。


先日、パナソニックのエチケットカッター ER-GN50、つまり鼻毛バリカン(笑)、通称ハナバリのパーツを無くして
c0022635_19585120.jpg
のようなパーツを購入して一見落着となった。
筈だった(笑)。
オイラはパーツの
c0022635_20328.jpg
赤枠の部分まで無くしたのだ。
購入したハナバリのパーツには
c0022635_2034183.jpg
青枠の部分が付いていない(笑)。
ヌハハハハ。
結局ハナバリを全購入することにした(笑)。
まあ左側の透明のキャップも無くしたから、ちょうどいいや、チクショウめ(笑)。


今更だが『チェイサー』、観てみたいな。
韓国映画のクオリティーの高さは本当にすごい。
機材なんてもしかしたら日本の映画の機材よりも良いんじゃないのかな(笑)。
機材で良い映画が出来るわけではないけど、映画を作る手段として適切な使い方をする製作者がいて、それを必要としているのに使えない状態では日本で世界を相手に出来るような作品が出来る確立は低くなるだろうね。
別に韓国に勝てないとかそう言うんじゃなく、まあ平均点ではとっくに韓国に負けてるよな日本映画は(笑)。



『アジョシ』
iPod touchで視聴。
先々週に続けて再見である。
クライマックスのマンソク兄弟の兄のいる場所が所謂ヤクザの事務所的なものではなく、ロココ調な感じのヴィジュアル。
もっとも奥の金庫などは通常事務所的な感じではあったが(笑)。
それでもテシクとマンソク兄弟の一味が殺しあいをする場所としては非常にフレッシュなヴィジュアルではなかったか。
端正な顔立ちのテシクの顔がサイコパスかシリアルキラーのごとく歪んだ無表情さがすばらしい。
すべてがスタイリッシュでカッコいい映画だ。
ラストのソミが大きく腕を開いてテシクを受け入れるところがね、小さい女の子でも母性はあるもんだなと感心した。
それに比べて男は本当に雑だよな(笑)。


『ドラゴン・タトゥーの女』
ネタバレあります。
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
傑作である。
本年度一位でもいいかな(笑)。
珍しくパンフも買っちゃったし(笑)。
まだリドリー・スコットの『プロメテウス』観てないけど。
本作監督のデヴィド・フィンチャーの映画では『セヴン』が一番好きで、そのちょっと下ぐらいに『ファイト・クラブ』。
他には『エイリアン3』『ゲーム』『パニック・ルーム』『ゾディアック』なんかも観たけど、ハッキリ言えばまったくノれなかった。
なので『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』『ソーシャル・ネットワーク』は敬遠していたのだ。
が、本作『ドラゴン・タトゥーの女』観たら、観てない『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』『ソーシャル・ネットワーク』を観てみたいというモチベーションになったよ。
元々画作りがムチャクチャカッコいい監督だったが
c0022635_20314335.jpg
本作は全体的に寒色な色調の印象。
舞台をアメリカに移さずに、原作通りのスウェーデンにした事が吉とでたのか。
寒々としたクールさが作品を支配していた。
『セヴン』もどちらかというと寒色なんだけど、ラストのクライマックスの印象から割と暖色な印象として覚えている。
オイラはこの『セヴン』が大好きで、スタンリー・キューブリックの作品や『ブレードランナー』を
必ず一年に一度は観るのと同じように、大事な作品なのである。
なのでこの『セヴン』を作ったデヴィド・フィンチャーを再び好きになれる作品に出会えて嬉しく思う。
この映画について、オイラ実は物語の筋をちゃんと把握できていない(笑)。
聞き慣れない横文字の人名やらが多数出てくるわ、場所の名前も追いきれないわ(笑)。
なので筋を追う事は早々に諦めた(笑)。
もしこれが好きな作品になったらDVDで何度も見返せば分かるものだから。
とりあえず細かい筋立てについては置いておいて、初見はこのヴィヴュアルの快楽に身を任せようと思ったのだ。
c0022635_20492184.jpg
大雑把に言ってこの映画は三つの物語が絡み合って進行する。
一つはダニエル・クレイグ演じるミカエルの話。
二つ目はミカエルの助手となる天才的なハッカー、ルーニー・マーラ演じるリスベット・サランデルの話。
三つ目はハリエット殺しに関わるヴァンゲル家の物語。
その三つがそれぞれに見事な着地を見せている。
つまりエンディングが3つあるのだ。
観てる方としては一つ目のヴァンゲル家と二つ目のミカエルのエンディングで腹一杯になっていた。
どうせ最後のリスベットの物語のエンディングはほっとかれるんだろうな、と思っていたのだ。
それが、最後の最後で物悲しくもある種のカタルシスを与えられるようなエンディングでこの映画を締めたのだ。
最後にはみんなこのリスベットが好きになるんじゃないかな。
c0022635_2105134.jpg
タトゥーとピアスと変な髪型のこの女が最後には最高に愛おしくなる。
この映画はアクション映画であり、サスペンス映画であり、ミステリー映画であり、そして悲恋のラブロマンスの映画だったのだよ(笑)。
スウェーデンと言えばアストリッド・リンドグレーンの『長くつ下のピッピ』だけど、リスベットの造形にピッピが影響しているらしい。
痩せた体躯に並外れた身体能力で悪と戦うピッピは、『ドラゴン・タトゥーの女』の原作のリスベットに影響を与えていたのだ。
とにかくリスベットはカッコいい。
バイクのテクニック、銃の扱い、格闘に対する肝の座り方、知性的であり、バイセクシャルで、天才的なハッカー。
でね、このリスベットの特徴を羅列して、尚かつ本作のオープニングを観ると、この映画、デヴィド・フィンチャーなりの押井守版『GHOST IN THE SHELL』の翻案なのではないかと。
リスベットの特徴ってまさに草薙素子少佐じゃん(笑)。
だとしたら、もうハリウッドで『GHOST IN THE SHELL』のリメイクは必要ないんでないかな。
フィンチャーがそれを見事にこなしたんだから。
そんなわけで細かいところはDVDが出てから細かく見て感想を書きます。
『セヴン』が好きでその他のフィンチャーの映画にがっかりしてた人には、オススメです。
by 16mm | 2012-02-12 21:23 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/17449345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2012-02-12 23:50 x
・・・驚きました。買う気配なんてまったくなかったのにw
前作より合金率が低くプラ率が高いとかで、そんなに人気が出てないのかもしれませんね。自分は底値を狙ってますw

>通称ハナバリ
二代目ですね。こいつに使うエネループを買いたいなと思ってます。

>ドラゴン
どとはんがほめてるので興味湧きました。
何回も観る系ならレンタルかな・・・w
Commented by 16mm at 2012-02-13 05:53
■re:chataさん
>おぜうさま
オイラも驚きました(笑)。
やや衝動的に買ってしまったわけですが、デキは良いと思います。関節系のカクカクとした動きも気持ちいい。
Amazonで6900円ぐらいで購入。友人は4500円ぐらいだったようです。

>ハナバリ
週一回ぐらいしか使わなかった所為か、電池のもちは良かったと思います。
エネループ、オイラも買いたいな。

>ドラゴン
オススメですw。
オイラもこんなに気持ちを持って行かれるとは思いませんでしたw。


<< 『ものすごくうるさくて、ありえ... 『アジョシ』『HUBBLE 3... >>