『ミレニアム2 火と戯れる女』『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』

先週土曜日、心療内科。
先週寝てる時に鼻の奥がパチンパチンと鳴った。
原因は分からんが、溜まった鼻水が鼻孔の奥で空気の流れを邪魔してるような感じか。
以前だと、そんな手に触れられない、痒いのに掻けないというような苛立で発作が起こったなと思い出した。
今回は心を落ち着かせて寝る事ができた。
その旨、担当医に告げる。
心療内科処方の薬は効いているようだが、それとは別に鼻づまりに関しては"鼻茸(はなたけ)"を疑ってみてはと言われる。
鼻茸はMRIでないと写らないとか。
オイラが行っている耳鼻科にMRIなどあるわけもなく、通常のレントゲンは最初に撮ってもらったが、それでは呼吸を阻害するような所見は見当たら無かった。
窒息感の発作は耳鼻科というよりも心療内科の薬で治まっていると思えるので、その辺りは楽観しておくことにする。


先週土曜日、歯の治療。
歯茎が良好になって、逆に歯の根もとが露出する事になり知覚過敏になっているところがあるらしい。
最近、甘味を食べてると結構しみたんだよね。
歯槽膿漏ってコワイな。
もう遅いけど(笑)。
シュミテクトの歯周病ケアを薦められる。
他の歯磨き粉は少量でいいが、シュミテクトは結構多めにブラシにつけてくださいとの説明有り。
治療後先生と雑談。
SONYのE 16mm F2.8レンズと、それに対応するウルトラワイドコンバーターVCL-ECU1とフィッシュアイコンバーターVCL-ECF1をお借りする。
c0022635_18111839.jpg
SONYのE 16mm F2.8レンズはNEX-7に付けると35mm判換算焦点距離で24mm。
そのレンズにVCL-ECU1をかましてやると35mm判換算焦点距離で18mm。
VCL-ECF1をかますと35mm判換算焦点距離15mmの対角線魚眼レンズになる。
興味の無い人、数字の羅列でわけ分からないでしょう(笑)。スイマセン。
とにかくオイラとしては喉から手が出て鷲掴みにしたいぐらいな広角域のレンズ。
特に20mm以下のレンズが欲しくてたまらなかったのだ。
銀色のそのレンズは見た目もカッコよく、試し取りでファインダーを覗かせてもらってゾクゾクするような感じ。
なんかすぐに店に行って、このレンズと同じものを取り寄せてくれたまえと言ってしまいそうだ(笑)。
冷静になろう(笑)。
帰りがけに先生からNikon D800の機能解説本をいただく。


イラストレーション誌。
c0022635_19255397.jpg
またしても大友克洋(笑)。
しかも今度は寺田克也まで。
これが買わずに、読まずにおれようか(反語)(笑)。


今年は桜の開花が遅いなと思ったら、いつの間にか散ってしまったなという感じ。
いや。
あまり花を愛でる気持ちはないんですけどね(笑)。
以前サイバラのブログに、
>>桜を見に行こうと女子を誘えば
>>「もちろん!」
>>と楽しい散歩が始まるけど、
>>男子を誘うと
>>「何で桜を見なければいけないのか?」
>>と不毛な質問が始まる。
と書いてあったのを思い出した。
すっごくウケましたがな(笑)。
まさにオイラは「何で桜を見なければいけないのか?」と言うタイプですから(笑)。


先々週買った『理系の人々 3』に描かれていた
●会社の人事課の「とっとと帰宅しろよ、残業代稼いでんじゃねーよ」的な館内放送への憤りw。
●会社メールのファイル添付ルール。添付ファイルのメールを送信後に、その添付ファイルを解凍するパスワードを送信。つまりメールを二度出さねばならぬ。
上記二つの憤り、溜飲がさがりました(笑)。


PHaT PHOTO誌。
c0022635_1911944.jpg
表紙の画像にゾクリとした。
林ナツミという写真家の作品。
彼女のサイト、よわよわカメラウーマン日記に行って他の作品も見たら、まああるわあるわ。
「本日の浮遊」というテーマでだいたい彼女自身がモデルになって浮遊している画像をアップしているのだ。
コレ、思いついても手間だとか他人の眼なんかを意識したら出来ないよ、普通の人は(笑)。
オイラもその凡人のひとりだけど、これを思いついて尚かつ実行した者はエライ。
ただただ脱帽するばかり。
今度自分の撮影で真似してみようかしら。
スタジオなら遊びで出来そうだ。
そうは言っても、コレ、やっても林ナツミ以上には上手く撮れそうも無いし、撮れても彼女のパクリでしかないもんなあ。
とにかく久々に驚いた作品に出会えた感じ。
サイトのニャンコの画像も良かった〜。


最近、どこのお店に行っても
「カードおつくりしましょうか」
と言われ、その度に断ってきた。
カードが増えてガサバって財布が札以上にカードで厚くなるのはイヤだしw、なによりすぐ作れると言って結局名前やら住所やらを書く手間も面倒だったのだ。
そんなカード純潔(笑)ともいえるものを守ってきたオイラであるが、最近近場に漢字で書かれた蔦屋の書店ができた。
結構デカイ書店の上に夜12時までやっている。
その便利さに負けて、Tポイントカードを作ってしまいました(笑)。
そんな何から守ってきたのか分からんが、カード純潔の終わりの春(笑)。


『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上』
先週から読み進めているが、一週間では読み終わらず(笑)。
だいたいオイラは読むの遅いのだから仕方ない。
ただ内容は映画で観て知っていながら無茶苦茶面白い。
学生時代ぶりに付箋をつけながら読み、気になった文章をテキストに起こそうと考えている。


本日、日曜日ジムに。
と、その前に銭湯の低温塩サウナに行ってみる事にした。
若干低温なサウナの中で己の身体に塩をなすり付ける。
腕に、腹に、首筋に、肩に、足の指のまたに。
ついでに顔にもなすり付けたら塩が眼には入り、眼が開かなくなりw、それを腕でこすって取ろうとしたのだが、その腕にも当然大量のソルトがついている(笑)。
「眼が、めがあああああああ」
母親に今日、左腕が後ろに回らないその状態は所謂「四十肩」ではないかと言われ、後頭部を鈍器で殴られたような気分になる(笑)。
で、その四十肩が塩サウナに入ってマッサージすると一時的に治るのだよ。
で、その火照った身体wのまま、即クルマにのってジムに直行。
約10分ぐらい。
いつものストレッチもすっとばしてプールに。
これが驚いた事に身体が動く動く。
いつもだと断続で50メートルも泳げば、もう息があがっていたのだが、今日は断続で100メートル泳げたよ。
泳ぐ気になればもうちょっとイケたかもしれないぐらい。
左腕の廻りが良い所為か、本当に楽チンにクロールができた。
このいきなり元気になっちゃった左腕の原因が、サウナなのか塩なのか、それともその合わせ技なのか分からぬ。
塩が良かったと即断できぬのも、だったら漁師のおっちゃんは皆身体が柔らかいという事にもなろうし。
サウナの効能の能書きをそのまま信じるわけではないが、来週はジムの塩無しサウナに入って同じ効果が得られるかやってみようと思う。
なにしろ今までストレッチは結構念入りにやっていたのに、それによって四十肩が一時的にも解消される事はなかったからね。
オイラからするとミラクル(笑)。
非常に眉唾なミラクル(笑)。
なんかね、背中の肩甲骨の間のコリが今日なんて意識できたから。
まさにコレが己の身体との対話か(笑)。
なんか段々ウソっぽくなるね。
このサウナがストレッチの変わりになるかは今後の検証。
本日は塩サウナに1時間のプールウォーキングと100mの泳ぎ。
体重96.04kg。
あ、先週たしかジムの事かいてなかったな(笑)。
先週の体重は97kgオーバーでございました(笑)。


『ミレニアム2 火と戯れる女』『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』
DVDでレンタルしてiPod touchで視聴。
2時間ぐらいの映画をレンタルしてきても、面白くなく関心が途切れると最後まで見続けられなくて半年放置なんてザラなのに、どうして面白い映画は278分、2作で約4時間30分がアッというまなんだろうか。
相対性理論的なアレか、進む時間に絶対はないぞ、というアレなのか(笑)。
閑話休題。
『ミレニアム2 火と戯れる女』(以下『2』)と『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』(以下『3』)。
両方ともオモシロかった〜。
両作ともにスウェーデンで映画化されたもの。
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』はスウェーデン版の他に、デヴィッド・フィンチャー版の『ドラゴン・タトゥーの女』があるが、『2』と『3』はハリウッド版はない。
『2』『3』もハリウッドでの映画化の企画はあるようだが、できればデヴィッド・フィンチャー続投でやってもらいたいものだ。
この作品を最初に観たのがデヴィッド・フィンチャー版だった為、本作の主人公のミカエルはダニエル・クレイグ
c0022635_20184489.png
だったので、その印象がつよかった。
それもあってスウェーデン版のミカエル、ミカエル・ニクヴィスト
c0022635_20342157.jpg
に違和感を感じていたのだ
が、いい加減なもので(笑)『1』『2』『3』と観たらスウェーデン版のミカエルが好きになってしまったよ(笑)。
まあ、どっちのミカエルもそれぞれの作品のトーンにマッチしていて良かったのだが。
この作品の感想を一気にかくのはシンドイので、今後原作の小説も読み進めるし、デヴィッド・フィンチャー版のDVDも発売されるから、その都度その時に思った感想をかこうと思っている。
作品全体を通して、男の女性への暴力に関する事をテーマとしている。
男ってのは弱い女性、社会的に立場の弱い、自分に歯向かえない女性に対し、どこまでも卑劣に暴力的になれるもんだという。
同じ男としてオイラも気をつけねばなるまい。
ところで、この『2』と『3』に関して、ロナルド・ニーダーマンという無敵の金髪巨漢で、なんとなくネオナチのイメージがある登場人物について。
原作には書いてあるのかもしれないが、どうして痛感が無いのか麻痺してるのか?。
それを含めてニーダーマンについては映像作品での掘り下げがイマイチだったかな。
なんかこのニーダーマンがフランケンシュタインみたいでね、なんとなく可哀想な存在なのではないかと思っていたのだけど、最後まで悪い奴としてまっとうしていたな。
もっともこのシリーズを通して、登場人物の第一印象が覆されるのはあまりない。
『1』での犯人ぐらいかな、印象がやや覆ったのは。
つまり作品全体としてツイストがないため、所謂勧善懲悪的なストレートな物語だと言える。
道筋が一直線だから読み易いということもあるが、物語として無類に面白いから勧善懲悪的な手あかのついた加減がまったく気にならない。
それから本作で使われるパソコンがすべてMacintoshというのもオイラ的には親近感がわく(笑)。
この辺りのパソコンのディティールは原作にもあることで、他にキヤノンやサンヨーなんかも出てくる(笑)。
c0022635_21264821.jpg
栄光のリンゴマーク。
マックファン狂喜(笑)。
上記画像はスウェーデン版だけど、デヴィッド・フィンチャー版はでも出てくるパソコンはマッキントッシュ。
しかもコロンビア映画。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(笑)
ソニー太っ腹。
ここでVAIOにパソコンを換えてたら原作ファンから石投げられてたろうね。
オイラも投げてたかもしれん(笑)。
c0022635_21382543.jpg
原作者、スティーグ・ラーソン。
惜しむらくは彼がこの物語を少なくとも5作予定していたにも関わらず、出版されたのが3作品。
亡くなってしまった人にとやかくいうのはナンだが、ちゃんと5作読みたかったぞ。
一応『3』で物語上の区切りはついているのだけど。
合掌。

デヴィッド・フィンチャー版のオープニング。
なんとなく『攻殻機動隊』を思い起こさせるのがいいね。
デヴィッド・フィンチャー、さすがカッコイイね、オープニング映像。
今年のベストはコレで決まりかなあ。


劇場で観に行ってほとんど寝ていた『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』をDVDレンタル。
今週観るつもり。


映画館には本当にご無沙汰。
『ジョン・カーター』観れないかもだな。


今週土曜日は母親の通院。
by 16mm | 2012-04-22 21:46 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/17861773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sisioumaru at 2012-04-25 00:12 x
ミレニアムのキーワードにビクッと反応していました。
私は小説版からはいったのですが、本当に面白いですよね!
複雑な人物相関なのに、物語にはストレートに引き込まれ
読みふけっていました。

リスベットは1巻を読み終わってすっかりファンになっていたクチです。
自分のイメージをCGで描けたらとたくらんでいたりします。
Commented by 16mm at 2012-04-25 09:33
■re: sisioumaruさん
ご無沙汰しております。
今更ながらの読者、遅れてきた読者でありますが、小説版、面白いですね。
オイラはいうまでも泣く映画から入ったのですが、小説先に読んでた人だと思いいれもあるだろうから色々言いたいことがあるかな。
リスベットがね、やっぱりいいですね。映画で最後に彼女が共感できる人物になれたのもこの原作のおかげなんですな。
オイラも好きになっちゃいました。

sisioumaruさんのキャラクターって、シャープな感じもあるからもともとリスベットっぽいかもしれませんよ。
ぜひともカッコいいのを作ってみてください。

ちなみにオイラの近況ですがshadeはもう使っておらず、会社で3ds-Max。自宅でblenderの日々でございます。

今後ともよろしくです。
Commented by chata at 2012-05-02 08:33 x
よわよわサンの猫写真すごくいいですねぇ。
アイホンの待ち受けにしたいわw

>カード純潔の終わりの春(笑)
なぜだか美しさを感じるw
クレジットカード昨日付きですかコレ?

>「眼が、めがあああああああ」
ムスカ!?w
Commented by 16mm at 2012-05-02 15:42
■re:chataさん
>よわよわ
ネコ好きになたまらんでしょうな。
オイラは浮遊の方に関心があって、今度撮影で真似てみるつもりです。

>純潔
ウハハハハ。
薄汚いおさ〜んのカード純潔には価値などありません(笑)。
ちなみにTポイントカード、クレジットの機能はついてません。
たまたま本屋がTポイントの店だったので、結構利用するから作っとこ、ぐらいな感じです。

>ムスカ
ムスカのあの台詞は、目に塩が入ったのと同じくらいの痛みだったと思われますw。


<< 『タンタンの冒険/ユニコーン号... 『ミレニアム ドラゴン・タトゥ... >>