『インファナル・アフェア2』

実際にあるのかどうかは知らんが、あれば警察官の犯罪組織への潜入捜査というものはどれほど有効なのだろうか?
警察官としての身分を抹消して新しい経歴を覚え込ませるわけであるが、その辺りは肉体的にも精神的にも想像を絶する疲弊をもたらすに難くない。
例えば組織の一員として殺人を犯した場合は罪になるのだろうか?
その犯罪組織に警察官だとバレる可能性だってある。
その潜入捜査が終わった曉には、その捜査官にどのぐらいの報償が与えられるのか?
このように後々の事を考えたらリスクが大きすぎて、その方法が有効な手段だとは到底思えない。
その犯罪組織の人間を懐柔して情報を提供させた方が遥にマシのような気がするのだが。

『インファナル・アフェア2』をDVDレンタルで観た。
非常に面白い



こういうのを観ると本当に劇場で観なかった事を後悔する。三部作ラストの『3』が先日公開されていたが、観るタイミングを逸している。非常に残念。
前作も傑作だったのでDVDを欲しいところなのだが、そのうち三部作がBOXになって出るかもしれないのでその時まで待つことにしている。

今回は香港の中国返還の前日譚的な部分をサイドストーリーにしていて、ものを知らないオイラも映画を観ながら勉強できたり(笑)

前作がすばらしかっただけに、『2』はパワーダウンしてるだろうと踏んでいたのだが、トンデモナイ。逆にパワーアップしていた(笑)
今回は前作で脇を固めていたパワフルな個性派オヤジ達の映画になっているのだ(笑)ビバ、オヤジ(笑)
出てくる人間が(警察官を含めて)みんなワルばかり(笑)
ドイツもコイツもロクな死に方(前作を観ると確かにロクな死に方をしていない(笑))をしなさそうだ。

サム役のエリック・ツァン、ウォン警部役のアンソニー・ウォンは前作にも出ていたが非常に存在感のある演技と面構えをしていた。エリック・ツァンのメシの食い方がイイ(笑)。アンソニー・ウォンの自宅謹慎中の弱々しい演技。そしてその直後に劇中唯一、普段の冷静沈着のイメージにそぐわない程に哀れな感情の爆発の演技に揺り動かされる。

ハウ役のフランシス・ンも絶命間際の演技が最高。「オマエもか...」ってな表情がなんとも言えなく哀れであった。

役柄的にも好きになったのはカリーナ・ラウが演じたサムの妻マリー。日本で言う所の『極道の妻たち』の姐さんにあたる。日本の姐さんと違い、若い男(若い頃のラウ)に言いよられても毅然として拒否する所がすごくいい。非常に容赦のないハネつけかたをしていたな。日本の姐さんなら(映画では)イヤヨイヤヨと即濡れ場になっていた所だろう(笑)
最近の私の濡れ場の基準が『21グラム』のショーン・ペンとナオミ・ワッツのシーンなので、物語る上での貴重な時間を愚にもつかない濡れ場で埋められるとイライラするのである。

同僚同士を<兄弟分>等と表現したりもしているが、不思議とウェットな感じはない。撮影や照明による効果でもあるだろう。グリーンを基調とした色彩がモノクロっぽく見え、それが必要以上な思い入れや情念の押しつけを含めないタイトさがあるのだと思う。
<兄弟分>や<先輩>。今の日本ではそんな言い方、真っ当な社会どころかヤクザだってしなさそうだ。
善し悪しは別だが、中国は日本が昔もっていた<血縁幻想>がしっかり残っているということなのだろう。

最近、このように一つの物語としての続編が作られ、一定レベル以上の質を保持できていたのは『ロード・オブ・ザ・リング』ぐらいだろうか。
ある程度のヒットがでなければ非常にリスクの高い製作である事は間違いないが、成功すれば、こんなにも複雑な物語を展開することも可能なわけだ。

三部作で叙事詩のような体裁をとってる為だろうが、三作に股がった伏線もあるようで複雑な物語の構成にはなっているが混乱するような事はなかった。
唯一の混乱といえばアンディー・ラウとトニー・レオンの若い頃を演じた役者二人の顔が見分けづらかったことである(笑)

駆け引き、謀略、非情さ、貫禄、冷静さ、滑稽さ、哀れさ、後悔......私が魅力を感じる要素が山盛りである。

スコセッシがこの映画をリメイクするらしいが、この映画のリメイクなんて止めた方がいいよな。スコセッシは大好きだが、どう考えてもオリジナルと同じレベルの作品にする事も難しいと思う。
by 16mm | 2005-05-22 22:15 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by ちゃた at 2005-05-23 01:47 x
後で観るかもしれないので本文斜め読み(・∀・)おもろいのかー

今月末はΖガン(・・・観ない気がするw)来月は戦国自衛隊、再来月はEP3とイージス。てんこ盛りでうれしいッス。ぼくわ夏までは生きていようと思いましたw
Commented by 16mm at 2005-05-23 13:14
最近映画に行ってません。
それでも今週は『ミリオンダラーベイビー』を観て、来月は『宇宙戦争』(ヒドイ邦題だw)と、皆より早く『EP3』を観てオチをベラベラ喋ってしまうのが夢なのw

...皆の反感を買って、
ぼくわ夏まで生きられないと思いましたw


<< 状況開始<4> 状況開始<3> >>