『AVP』『バトルロワイヤル2』

本当は新年からにしようと思ったがテストも兼ねて大晦日の今日から使う事にしたこのブログ。自前で作ったHTMLのあの日記の配色はパクリではあっても結構気に入っていたのだが、このブログでのUPの方が効率がよい。

さて大晦日である。
映画もビデオの類いも偉そうに一年の総括ができる程観てはいないが、たぶんゴルフ等を趣味にしている人よりは観ていると思うので、今年の映画の自分なりのベストを記録しておこうと思う。
ベスト10にしようかと思ったが、今年最も印象に残った映画だけにしておく。
順不同で
○『花とアリス』
○『スウィングガールズ』
期せずしてどちらも邦画であるが、観て幸せな気分になって、こんな映画が作れる人がいるという事への嫉妬と憧れ、そして自分はこういうものが観たかったんだという快感があった。
このお二人の作品は今後とも楽しみにしておこう。

『AVP』<エイリアンvsプレデター>を劇場で観てきた。
『ジェイソンvsフレディー』よりは食指が動いたので観に行ったのだ。
文字どうりエイリアンとプレデターが殺し合いをするのだが、その間に無力な人間が入って右往左往するわけである。
最終的に、人類はどちらにシンパシーがもてるのか?ということだったのだと思う。どちらともと共存出来るとは思えないのだがそれを無理矢理くっつけた感じだ。
それでもラスト近くで、人類の女とプレデターが二人?ならんでワイヤーで上昇するソリに仲良く乗ってる様は、妙に微笑ましかったりした(笑)。
この映画の監督、『バイオハザード』を作った人だ。なまじ『バイオハザード』の出来が良かったのでこの映画にもちょっぴし期待したのだが、今回はまあ企画モノなので次作に期待しよう。
ビデオでも良かったな、この映画。って言っても実際は映画館で観なかった作品はなかなか積極的にビデオで観る事もないんだけどね。

『バトルロワイヤル2』
........................................................
まあ、いろんな意味で観たいなと思っていたのだ。しかしこの映画、近くのレンタル店ではDVDはなく、ビデオしかおいてなかったのでなかなか観れずにいたのである。
なのでWOWOWでやったのを録画しておいて観たのである。
................................
....
この映画に関して私が語りたいと思う事は何もない。
途中カったるくなってきて早送りしたりしたが取りあえず最後まで観た。
この一作を観て深作のセガレには映画を作る、というか物語るという資質がまったくないという事がわかった。
こういう愚作を宣伝の為とはいえ父親の名前を連名でクレジットするのは、深作欣ニの顔にセガレが泥を塗るようなものであろう。
恥を知った方がいいぞ、セガレ。
内容は今更のように大人vs子供というカビの生えたような図式を仰々しくやっているだけ。
映像は劇中で散々悪口言っていたアメリカの、『プライベート・ライアン』の安っぽいパクリ。
オリジナリティーとか、自分の映像を作るという意志と資質が致命的に欠如してるとしか思えない。
今の常識で言えば、遠方からミサイルを打ち込んで敵地をある程度無力化してから歩兵が上陸するのではないだろうか。そうしなければ近接戦闘で歩兵も無意味に消耗する。
この映画ではこんな程度の常識的な描写もしない。
ただただ人間どうしの近接戦闘で弾丸の尽きない銃で撃ちまくり殺戮する。
言うまでもないが、この映画の登場人物達は戦争しているのではなく戦争ごっこをしているのだ。口では聞こえのいい反戦思想を言いつつ、やってる事はまったく逆。
戦争を是としてるのではない。殺戮を肯定しているのだ。
私は戦争映画も、ごっことしての戦争も肯定する。男だからな。
ただ、まったく考えの浅い思わせぶりな態度で、実は中身のない戦争映画を今更肯定するつもりはない。
語るつもりはなかったが結構語ってしまった。
この映画の監督は二度と映画を撮らないように。
こんな映画撮る金があったら、別の監督に渡せ。
by 16mm | 2004-12-31 21:51 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/186960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ちゃた at 2005-01-01 14:01 x
ε=ε=┏(´∀`)┛キタヨー
Commented by 16mm at 2005-01-01 14:47
おお、チャタ兄ぃ。
明けましてもめでとうございます。
わざわざのお運びに恐縮ちゆう。

ネットの名前がdotだったり16mmになったりと(笑)いやはや名前は一つに決めとくべきだったと反省ハンセイ(笑)

というわけで今年もよろしく〜。
Commented by ちゃた at 2005-01-02 10:31 x
ε=ε=┏(´∀`)┛コトシモヨロシクー
Commented by 朽駄 at 2005-01-19 02:05 x
会社でお世話になっております。朽駄です。「バトロワ2」に対する憤りは、
私も同じくですが、そもそも「期待」はしていなかったでしょうから、
素直に「突っ込んで笑う」作品として認識しておきましょうよ。
実はこういうスットコドッコイな映画は好きだったりします。
Commented by 16mm at 2005-01-19 08:54
朽駄さん、いらっさーいw
殺人を肯定的に描いてる作品で、「殺戮を肯定してる」という感想は批判でもなんでもなかったですなw反省反省。
中途半端にシリアスにしないで、比較の対象にするのもいやなのだがキューブリックの『博士の異常な愛情』のようなブラックコメディを基調にすれば竹内力のあの演技も生きたんだろうけど。あの世界では竹内力だけが唯一正常な考えをもってたような気がするねえ。
中途半端な反戦もどきの作品は、反反戦につながるから、やるならもっとバカバカしく好戦的なものにすれば強烈な戦争に対するアイロニーになったものを。
この監督は才能ない上に、実の父親の顔に泥を塗った親不孝者だということでw


<< 『ウォーターボーイズ』『デイ・... 2004年12月31日までのログ >>