『巨神兵東京に現わる 劇場版』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

iMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラムに、現在オイラが使っているiMacが引っかかった。
明日からしばらくの間iMacのない状態となる。
今のところ内蔵HDの調子が悪いという兆しもなく、"Time Machine"でバックアップもとっているのであまり心配はしていない。
むしろ<本当に新品なのかどうかは別にしてw>新しいHDに換装されるので、マシンの寿命がのびて良い事尽くめ(笑)。
というわけで、あまりメールでやりとりというのもないのだが、しばらくパソコンでのメールができなくなります。
最近購入したwindowsでメールはあまりやりたくないので(笑)。
以上ご容赦を。


先週土曜日、心療内科に。
二ヶ月ほど前に増やした薬の所為か、痰の滞留感が小さくなってきた気がする。
その旨担当医に告げると、同じ薬をもう一錠増やしてみたらどうかと提案される。
こちらには異存はないので提案を受け入れる。
体調を徐々に戻ってきつつあるも、なかなか薬の量は減らんなあ(笑)。


先週土曜日、ヘアカット。
脱色を始めてほぼ一年ぐらいになる。
美容師さん側もオイラへの脱色の案配も熟れてきた感じ。
一度の脱色でかなり白に近い感じになった。
人によっては脱色で我慢出来ない頭皮のチリチリ感が出るようだが、オイラはほぼ気にならないようだ(笑)。
なので美容師さんも容赦なく脱色して下さる(笑)。
全体的に白髪が増えてきたとはいえ、襟足の周辺はあまり白髪が増えていないらしい。
襟足のあたりは一般的にも白髪になりにくい部分らしいが......。
できれば早く全部白にしたいとオイラも担当美容師も思っているのだが(笑)。


本日日曜日。
インラインスケートをやりにいくも風が吹いてて早々に挫折(笑)。
風が吹いていると以外とやりづらいもんだな。
やり始めは足首に負担がかかって痛いのだが、徐々に慣らしていくのに30分はやりこまなければならぬ。
まあ、今日出来なくても先週は平日に2回ほど30分づつやった事だし、良いとしよう(笑)。
しっかし、インラインスケートをやる適当な場所というのもあまりないし、基礎を学ぼうと本を買おうにも売ってないし。
なかなかに旬がすぎてるんだなあ(笑)。
来週は久しぶりにジムにも行ってみようかな。


先週日曜日、『日本の昔ばなし』"俵の藤太"を観る。
c0022635_17471920.jpg
湖川友謙が絵コンテ演出キャラデザイン原画美術背景色彩設定とのことで、オイラとしてはディスる気満々で観ていたのだが、予想に反してなかなか良かった(笑)。
上記のような画で口パクもなく動きもすくない省エネな作品だが、キャラクターの輪郭の一部を太くしたりと、見た目にデザイン重視な印象。
個性的であるという事はいえると思う。
こういうデザインは湖川が一人だけでやるなら良いだろうが、他にアニメーターを複数たてる場合には辛い感じのデザインだともいえる。
しかし、他人のデザインを生かして作画するという事は、もうこの人には無理なんだな。
この手の短編でのみ作品を発表し、他人のデザインを邪魔する事になるような作品への参加は慎んだ方がいいと思う。


『おんなの窓 4』
c0022635_1821872.jpg
伊藤理佐著。
待望の新刊。
妊娠出産子育てにまつわるアレコレを独特のユーモアとギャグで綴っている。
その秀逸さはまったく失速していないのがすごい。
3.11の災厄の最中に娘が初めて立った事のよろこびと戸惑い。
夫の吉田戦車とのトボけた、それでいて生真面目な部分の落差の描写の仕方が微笑ましい。


『できるかなゴーゴー! 』
c0022635_1874630.jpg
秋元康を
「うさんくさいの大物 でも全体的にただようイラっとする小物感」
と評するあたりがサイバラの真骨頂。
それでいて秋元康の寄稿文はつまんなかったりして(笑)。
手を抜いてたのかもしれんが(笑)。
それよりなによりこの本の白眉は山口晃だろう。
まさかサイバラの本で山口の『すゞしろ日記』が、しかもカラーで読めるとは思わなんだ。
無茶苦茶感動(笑)。
そもそも山口晃の名前を知ったのもサイバラのブログからではあるのだが。
山口晃のこの2頁だけでも料金分の価値以上はあるってもんだ(笑)。
ほんと、アガリまくりな気分である。


vaioで"OPERATION FLASHPOINT : DRAGON RISING "をやっているのだが、セーブの仕方がわからない。
セーブできるのか?このゲーム(笑)。
マニュアルにもセーブの仕方が書いてないので、最初の件を何度もやっている。
が、回数を重ねても上手くならないのは中年だからか(笑)。


つくづくよせば良いのに聴いている鈴木敏夫のPodcast。
このPodcastで『009 RE:CYBORG』を監督する筈であった押井守がプロデューサーによって事実上解任されたとのことがあかされた。
このPodcastに押井が出た時には、押井版の『009』を観たかったとか言っときながら、神山健治版の『009 RE:CYBORG』を持ち上げるってのはどういうことよ。
鈴木の腰巾着のドワンゴ会長とかいう川上量生のしゃべりを聴くとイライラするしね。
またこのPodcastで渡邉恒雄のインタビューを(別に鈴木敏夫がインタビュアーをしているわけではない)流したり。
つくづく鈴木敏夫というのは生臭い政治的に立ち回るヤツだな。


『巨神兵東京に現わる 劇場版』
ネタバレあります。
本日日曜日。
109シネマズ菖蒲。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の併映として上映された。
c0022635_18532615.jpg
『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』の展示会で飾られていた『風の谷のナウシカ』の巨神兵。
実物を見たわけではないが、この画像だけでもその凄味は伝わってきて素直に感動したのだ。
オイラはそれを単なる展示物だと思っていたのだが、実は映画にするものだったということを本作を観て初めて知った次第(笑)。
静物として、造形物として見た時は素直に感動できたんだけど、これが動くとね〜。
予算もあまりなかったのかもしれないけど、監督を樋口真嗣がつとめながらね〜。
c0022635_18591116.jpg
このミニチュアも良くできてるとは思うけど、それはミニチュアとしてのデキであって、実写映像としてそれがリアルに見えるかと言うとどうなのよ(笑)。
庵野秀明による脚本の台詞がまあ鬱陶しいはウゼぇは。
この作品の台詞がこの後に上映される『ヱヴァ』のコアを言葉として説明している、とはいえるかもしれない。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で説明しないかわりの露払い、というのはうがちすぎだろうか。
映像自体ウソくさくてげんなりしてた。
これは展示物にとどめておくべきだったと思う。


『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
ネタバレあります。
本日日曜日。
109シネマズ菖蒲。
結構な満員状態。
前作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から3年。
前作まではある程度物語として旧シリーズを既視していたような感じではあったが、本作は何から何まで新しい展開。
あのカヲルくん絶望的な表情なんて旧作にはなかったもんね(笑)。
待望の続編である。
......
ネタバレあります、と前置きをしたものの、実はバレるようなネタを語れないのである(笑)。
本作は前作から14年後の設定。
語れるネタバレ部分はこの時間の設定だけ。
14年かけて覚醒した主人公の碇シンジの状況への混乱は観ている観客の混乱とイコールで結ばれる。
実際、本作の大部分が謎であり、それが解かれる事なく終わってしまうのだ(笑)。
この謎を謎として楽しめないと本作はキツいかもしれない。
で、唐突な物語運びで始まった本作であるが、前作の『破』と『Q』をつなぐ部分があったのだ。

『破』の最後についた『Q』の予告編なのだが、このナレーションの内容と出てくる映像がことごとくすべて実際の『Q』にはないのだ。
つまり『破』と『Q』の間は、『破』の予告編で語られていた、ということなのか?(笑)。
相当に時間をかけて観客の期待をハズしてくれるなあ(笑)。

作画のレベルは無茶苦茶高い。
その筋では有名ドコロの凄腕のアニメーターが作画してるからハズしようもない。
映像の水準とともに本作をオイラは十分に楽しめたよ。
『破』ではコミュニケーションの構築とその努力を前向きに微笑ましくも語っている部分があったが、本作では状況の説明がなされないという事も含めて、再び本来の『エヴァ』が内包するディスコミュニケーションが世界観を覆っている。
オイラにしてみれば碇シンジは周りからバカよばわれされているわけだが、あの状況ならだれでもそうなるよな。
そうなるという想像がつかない状況こそが元凶なんではないかえ。
次作は『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。
最後の":||"コレは文字化けではない(笑)。
カタカナの"シン"は碇シンジの"シン"か。
観る者をケムに巻いてきた庵野秀明。
果たしてどんな結末を用意しているのか。
今回の『Q』が観客が庵野にトマトを投げつける状況を先延ばした内容であったということがない事を祈る。
by 16mm | 2012-11-18 20:00 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/18812659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from トラブル解決無料相談センター at 2012-11-30 16:15
タイトル : MEN-MEN 詐欺 返金ならTCA総合探偵事務所
MEN-MEN/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所... more
Commented by chata at 2012-11-18 23:27 x
エヴァ観たい~観れるのか?オレw
次作で決着着くのですか?しかし前回から3年も経ってたんですねー。
Commented by 16mm at 2012-11-19 04:27
■re:chataさん
>次作
もしかしたらTV版のような
「おめでとう」
オチかもしれません。

>観たい~
おまかせください(ナニをw)。


<< Kindle Paperwhi... 『マクロスF』劇場版二作 >>