『うっかり結婚生活 一緒に暮らす2人のルール 8』『無限の住人(30) <完>』『ベアゲルター(1) 』

先週土曜日、母親の病院の送迎。


出来れば週に二日はサウナに行きたい。
岩盤浴は週一でなくても良いのだが、先週はサウナに入れなかったので本日日曜日にサウナと岩盤浴。
昨日の土曜日に、明らかに自律神経がおかしい感じの寒気がしたりした。
減薬もしている所為であるかもしれないが、サウナと岩盤浴が思いのほか身体に良いような気がするので、定期的に続けられないと肩こりやらもでてくるのである。


先週久々にカプセルホテルに連泊w。
やはり帰宅するより数倍身体が楽だが懐具合が苦しくなるのは言うまでもない(笑)。
今週も似たようなものであろう。


そんなわけで通勤時に映像作品を観る事が出来ず、尚かつ週末に映画も観に行けなかった。


楽しみにしていた『ゼロ・ダーク・サーティ』が近場の映画館で上映しない。
そういえばキャスリン・ビグローの前作『ハート・ロッカー』も近場で上映しなかったっけ。
近場の映画館の小屋主の民度を云々したくなるわい(笑)。


民度云々でもうひとつ。
ビデオレンタルの店に『桐島、部活やめるってよ』を借りに言ったら全てレンタル中。
それはいいのだが、その本数が劇場版の『るろうに剣心』の五分の一ぐらいしかないというのはいかがなものか(笑)。
昨年の超話題作の『桐島、部活やめるってよ』が本数で『るろうに剣心』に負けてるってのはどうよ(笑)。
しかもBlu-rayレンタルがない(笑)。
『るろうに剣心』はBlu-rayレンタルがあるというのに。
というわけで、買ったよ(笑)『桐島、部活やめるってよ』のBlu-rayを(笑)。
特典でシナリオがついてきた。
すんげえ、うれしい(笑)。


『おおかみこどもの雨と雪』のBlu-ray購入。
フィルムの栞とミニトマトの種と映画パンフの縮刷版が封入されていた。


『うっかり結婚生活 一緒に暮らす2人のルール 8』
c0022635_18483285.jpg
Amazonで購入。
作品の冒頭にあるようにこの手の結婚エッセイ漫画が定番化している。
なんでもそうかもしれんがジャンルが定番化すると玉石混合の度合いが増していくね。
このジャンルを切り開いたのは誰なのか、正確なところはわからないが、けらえいこの漫画は草分けとしてかなり面白かったよな。
本作は作者が一時期週刊文春でエッセイ・コミックを描いていて、面白かったので本作も期待したのだがイマイチ。
夫が裸族というならオチンチンぐらい描けや(笑)。
けらえいこは描いてたぞ。
どこか自分の結婚生活を綺麗事にしようとしてるからつまらない。
オイラを含めた読者はその綺麗事ではない部分をおもしろおかしく読みたいのだから。



『無限の住人(30) <完>』
c0022635_19113976.jpg
Kindle版が出たら買うのだけど、やはり書籍の本としても購入した。
掲載誌を立ち読みした時はなんとなく呆気ない感じに思ったのだが、最終巻として通読してみたらこれがまた見事な結末の持っていき方で清々しい気分になった。
偽一に撲殺されたと思っていた阿葉山宗介、生きてたんだな。
立ち読みのときは気がつかなかったけど。
27巻で偽一が言ったとおり、阿葉山はもてるものすべてを剣に捧げていたわけではなかった事が明らかになる。
いや、阿葉山自身はすてたつもりであっても、完全に相手の情を断ち切るような捨て方をしていなかったのだ。
だから阿葉山は生きていたんだ。
さすがである。
見事である。
いろいろ見事なクライマックスだったけど、白眉は天津影久と乙橘槇絵の最後のやりとり。
「なれた」
「なれませんでした」
「貴方の隣にいる意味はまだあるのね」
二人は幼少期にもどり、その時の約束を思い出す。
いや〜切ないよなこのシーン。
最高ですよ。
19年半追っかけてきた作品の終末をこんなに清々しく迎えられた事が嬉しくてならない。
最高の作品であった。


『ベアゲルター(1) 』
c0022635_20532767.jpg
沙村広明が描く暴力とエロスの世界。
まだ序盤なんだけど、色々とすんげえ面白い。
最後の頁で登場人物の驚愕の表情で終わるのだが、それがなんなのか?
次の単行本がでるまでお預けというのがものすごーく悔しい(笑)。
はやく次巻を出せや。
サディスティックなバイオレンスのなかにエロスとユーモアが入る作者のセンスの良さ。
改めて沙村ってすげえなと思う。


明日は米アカデミー賞発表。
wowowを録画するつもりである。


今週末は歯のメンテナンス。


映画映像の感想がないとブログも淡白に終わるねえ(笑)。
by 16mm | 2013-02-24 20:59 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/19395129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2013-02-24 23:28 x
『桐島』はなんの情報も入れてないので、すごく視聴楽しみです。
けらえいこの文字をみて、引越し前に買ったあたしんちをまだ見てないことに気付きましたw
Commented by 16mm at 2013-02-25 07:59
■re:chataさん
宇多丸たちが狂喜して推していた『桐島』。まったくいけてなかった高校時代を思い出してオイラも冷静さを失いましたな。

けらえいこの『セキララ結婚生活』だとかおもしろかったなぁ。


<< 『ジャンゴ 繋がれざる者』 『ベティ・ブルー インテグラル... >>