『バットマン  ビギンズ』

昔聞いた話で、中卒の麻薬中毒のヤクザがいて「最近の麻薬の純度が低い」と化学関係の本を読みあさり、試験管やらビーカーやらを買い込んで自宅を実験室と化し、純度の高い麻薬を精製して自分で使用していたという事があったという。
研究者が読むような英語の本まで自分で翻訳して読みあさっていたというから、一念岩をも徹す、というものであろう。

子供の頃というのは自分の身の回りにいる大人<例えば親でもいいのだが>を自分と同一視して世界を獲得していきながら成長する。
その成長過程で自分のモデルにしていた大人が殺されるのを目の当たりにしたら。

両親を殺されて恐怖に負けない体術を得る為に遠い場所(チベットの方か?)で訓練をするブルース・ウェインの行動は常軌を逸した執念だ。
両親が無惨に殺されても、普通はそういう事はしない。
普通の人ならやらないし、諦めてしまうような事を執念深く追い続ける精神力もさることがら、それを支える経済力も無視出来ない要素だ。
ちょっとした行き違いでホテルを丸ごと買ってみたりと無意味な蕩尽をする、ブルース・ウェインに感情移入などできるわけもなく、またこの変人に感情移入できなくても、楽しめる人には楽しめるのだ。

『バットマン  ビギンズ』を土曜の公開初日に観てきた。
この映画のブルース・ウェインを観て、件のヤクザの話を思い出したのだ。



驚いちゃったのはゲイリー・オールドマンが善人の役をやっておるのだ。だいたいゲイリー・オールドマンというと、ヤク中の麻薬取締官とか、大統領暗殺の容疑者とか、イカれた宇宙海賊(だったか?『フィフス・エレメント』)というように、枕詞に「イカれた」がつくような役ばかりをやっていた(笑)
それがバットマンの協力者となる、収賄を良しとしない潔癖なゴードン警部補をやっている。
ゲイリー・オールドマン自体は非常に器用で上手い役者だと思うが、こちらの勝手な思い込みだろうが、いつピルケースを耳元でカチャカチャならしてドラッグを噛み砕く仕草をするんだと気が気じゃない危うさもあるにはあった(笑)
ゲイリー・オールドマンだけでなく、脇の役者が豪華絢爛である。
リーアム・ニーソン、『スターウォーズ EP1 』同様に刀が似合ってました。
本人の風体はあまり変わらないのに、芸域が広すぎるぞモーガン・フリーマン。
アルフレッドを演じるマイケル・ケインの暖かみのある演技。
エンドクレジットを見て、ルトガー・ハウアーが出ていたので「ぎょっ」となったりした。ウエイン財団を仕切っていた社長代理の役だったようだが、なんというか、おじいさんの貫禄ですな(笑)『ブレードランナー』から随分時間が立ったんだなと感じた次第。
主役のブルース・ウェインを演じたクリスチャン・ベール。『太陽の帝国』の子役の頃の印象が強いです、オイラは(笑)あの歓喜の表情でP51の攻撃を見ていた少年が......立派に屈折して(笑)←ちがう。

んで、ここまで来てある一人に言及していないわけであるが渡辺謙。
なんつーか、名前と設定は大きく扱われてるようだが、映画の中では、早い話がリーアム・ニーソンの引き立て役になってたような気がしましたな。
まあ、言ってしまえばアカデミーの候補になった人がワザワザ演らんでもいいんじゃないの??ってな感じの役でした。出番すぐ終わっちゃうしね。

その他世界観やギミックのデザイン等は見る前から非常に興味を惹かれたのである。戦車のようなバットマンカーもイカしてたし、高い塔の上でマントを翻して下界を見下ろすバットマンの姿も魅力だった。
この手のプログラムムービーっちゅうか、金をふんだんにかけたエンターテイメント映画にシブ好みの役者が出てる(前出の名バイプレーヤー達)ということだけでも、この映画を観たくなる理由にはなったのだ、オイラは。

では今後DVDが出たら買うのか?と言われれば、買わないだろうなと思うのである。
昔のように映画が一期一会ではなく、公開後ビデオやDVDで簡単に再鑑賞できるという時に、それをするかしないかはその映画が自分にとってどのくらいの位置を占めるかの目安になるのかもしれん。
多分再見することはないだろう。
気に入らない描写があったわけではないし、決してつまらない映画ではない。
良く出来てるのは認めつつもどうも自分向きではなかった、そんな映画であった。

アメコミの原作で『スパイダーマン』は好きでDVDも買って割と何度も観ているのに。この辺りの差は明確に説明できないな。



今週末は『EP3』である。内なるダークサイドに負けて原作小説やヴィジュアルブックを立ち読みしてしまい、どんな内容か知ってしまった(笑)
by 16mm | 2005-06-19 22:46 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by ちゃた at 2005-06-19 22:55 x
つーかゲイリーオールドマンだと気付きませんでした(´・∀・`)
いつもはスクリーンに忍者が出ると意識が飛ぶのですが(笑)衣装がかっこいいので許す。隊列もキまってた(笑)

ヒロインがブスに見えたりかわいく見えたりしたのは彼女の魅力でしょうか?(笑)旦那の出てる宇宙戦争も観にいくとしますかね。1日に(・∀・)
Commented by 16mm at 2005-06-19 23:47
オレもねえ、忍者が出るとなぜか気を失うのw
『タクシ−2』でもそうだった。なぜだらうw
あの衣装はたしかにカッコ良かったw
リーアム・ニーソンも似合ってたと思うしね。

ミミ・ロジャースは置いといてw ペネロペも今回の結婚相手もニコールと別れるほどなのか?などと思ったりしてるのはボク様だけでしょうかw
さて、今度はどのくらいもつのでしょうかw

『宇宙戦争』の前に先々行で『EP3』観てきますw
たぶんさすがに感想はかけないがw


<< 『スター・ウォーズ-エピソード... 『Mr.インクレディブル』 >>