【日本インターネット映画大賞】外国映画部門・2013年映画ランキング

日本インターネット映画大賞
外国映画部門・2013年映画ランキング


[作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------


【作品賞】(3本以上10本まで)
「ゼロ・グラビティ」10点
「セデック・バレ」10点
「ジャンゴ 繋がれざる者」 2点
「クロニクル」2点
「パシフィック・リム」 2点
「モンスターズ・ユニバーシティ」 2点
「エリジウム」2点

【コメント】
一見雑な点数の付け方になってしまったが、上の7作品はどれも観た時には今年度ベストだと思えた作品なので序列はあってないようなものである。
その他次点に「ゼロ・ダーク・サーティ」 や「LOOPER/ルーパー」 「リンカーン」があるのだが、この三つは涙をのんで外した。
ただ「ゼロ・グラビティ」と「セデック・バレ」だけは他作品と差をつけたかった。
この二つを観た衝撃は今後なんらかのかたちで自分のなかで継承されて行くと思えるような影響を受けたと感じたからだ。
とくに「セデック・バレ」は公開規模も小さかったし(私もBlu-Rayでの鑑賞)、上映時間も長いので敬遠した人も多いかもしれない。
が、これは日本人として観ておくべきではないかと感じる作品であると思える。

—————————————————————–

【監督賞】              作品名
[ウェイ・ダーション] (「セデック・バレ」)
【コメント】
「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンとどちらにするか迷ったが、ウェイ・ダーションに監督賞を。276分の長尺を緊張感を持続させつつ、監督自身の思想性も盛り込み、なおかつエンターティメントとして成立させている。

【主演男優賞】
[リン・チンタイ ] (「セデック・バレ」)
【コメント】
「セデック・バレ」で壮年期のモーナを演じたリン・チンタイ 。本職は牧師さんで台詞などは意味も分からずなんとなくしゃべっていたとかw。
しかし、その圧倒的な存在感は映画の主役に相応しいものだ。
リリー・フランキーなどもそうかもしれないが、演技経験のない人が感覚のみで演じると所謂演技力であるとか演技論というものが努力目標というものに感じられてしまう。

【主演女優賞】
[サンドラ・ブロック] (「ゼロ・グラビティ」)
【コメント】
SF映画向きの女優とは思えなかったのだが、見事に演じていた。


【助演男優賞】
[クリストフ・ヴァルツ] (「ジャンゴ 繋がれざる者」)
【コメント】
クエンティン・タランティーノとの相性がいいのだろうか。実際二度のオスカー受賞がともにタランティーノの作品。
「ジャンゴ 繋がれざる者」では男なら誰でも憧れそうな好漢を演じていた。

【助演女優賞】
[芦田愛菜] (「パシフィック・リム」)
【コメント】
子役が大成しないというジンクスをはねのけて成長していいただきたい。

【ニューフェイスブレイク賞】
[デイン・デハーン] (「クロニクル」)
【コメント】
ニューフェイスではないんだけど(笑)。「クロニクル」での初々しさと脆さ。なんといっても目つきがカッコよかった。

【音楽賞】
「パシフィック・リム」
【コメント】
血湧き肉踊る快感と官能性(笑)。

—————————————————————–

【私が選ぶ「もうひとつの監督」賞】
[アルフォンソ・キュアロン] (「ゼロ・グラビティ」)

【コメント】
「セデック・バレ」とはまったく逆で91分というタイトな時間のなかに生と死と。生命誕生までをも凝縮して描いた傑作。VFXでの映像表現の力が演出(長回し)の必要不可欠なものとなっている。
今後本作をリアルタイムで3D上映をIMAXで観れたことが自慢になると思う。

—————————————————————–——————————————————
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
—————————————————————–——————————————————
by 16mm | 2014-01-16 23:15 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/21457446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2014-01-17 07:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-17 18:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chata at 2014-01-19 23:39 x
「ゼロ・グラビティ」プラネテスと比べながらいずれ観たいです。
Commented by 16mm at 2014-01-20 02:19
◼re:chataさん
ゴロー監督、このままじゃ「映画を撮らない映画監督」になっちゃう。なんとかしてほしいものである。
Commented at 2014-01-23 05:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-23 19:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 『「戦場のメリークリスマス」3... 『大脱出』 >>