『Paperman(紙ひこうき)- DISNEY SHORT MOVIE』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

先週土曜日、心療内科。
いつもの診察といつもの薬。


先週土曜日、歯のメンテナンス。
約一月振りである。
二月は治療の日に雪が降ったりで通院できなかった。
美形で剽軽な歯科衛生士女史も雪の日は大変な思いをして職場に来たとのこと。
治療後先生と雑談。


本日日曜日、岩盤浴、サウナ、ストレッチ。


"なんちゃって"ではあるが普段意識的に糖質制限をしているのでちょっとでも炭水化物をとろうものなら眠くなる。
土日、小腹がすいたらビーフジャーキーかミックスナッツをブラックコーヒーで飲んでいる。


コンビニのコーヒーであるが、そんなに味が分かるわけではないので確かな事はいえないがファミリーマートのコーヒーの味がすきかなあw。
近くにファミマがないのでよく飲むのはセブンイレブンのコーヒーだけど。
ブルーマウンテンだとかモカだとかナントカだとかの銘柄ではなくwそれぞれのコンビニで出される味が結構明確にちがうんですな。
マメの銘柄にようるものか、挽き方の問題かは分からぬがw。


明日はwowowでアカデミー賞をやるので録画予約。
昨年のは観ずに消してしまったが(笑)。
時間が長いのが仕方ないと思いつつもネックだなあ。


『炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学』
c0022635_17225443.jpg
Kindle版。
やっとこ読了。
非情に興味深く面白いものであった。
付箋をいっぱい貼りまくって読んでいた。
人類はそもそも肉食であり体内器官も穀物を効率的に消化吸収するようにはできないないということらしい。
そもそも穀物を人類が主食にしはじめたのは歴史的にみて浅い。
では何故炭水化物が爆発的にと言っていい勢いで広まったのか?
単位面積あたりで養える人数がコメなどは非情に多い。
糖質によって脳が活性化されたことによる文明や文化の発明と発展。
人類の人口増は間違いなく穀物を主食にしたからであろう。
ウィルスによって人類は進化したというウィルス進化論よろしく、糖質進化論という仮説もたてられそうだ。
だがそれらは結果論でしかない。
狩猟や採集と違い、農耕は食べられるモノができるまでに半年以上の時間がかかる。
食べるという生きるに不可欠な事を先延ばしにしてまで農耕をする理由というものが最初にあった筈だ。
本書は人類が糖質を求めた理由を甘味にあるとの仮説を打ち出した。
コムギの甘さというものはそれまでの人類が経験したことのないものだった。
この糖質の魅力に魅入られた人類はコムギの収穫までの期間を待つ、堪える、属性を持つにいたったのではないか。
ウブな人類が初めて接したドラッグみたいなものだったのかもしれんな(笑)。
糖質がドラッグであると考えもしないぐらい自然にとけ込んでしまった以上、いかなるドラッグよりも強力なものかもしれん。
いまさらやめる事ができないからね(笑)。


『今夜もホットフラッシュ 更年期 越えたら 人生パラダイス 』
c0022635_21191546.jpg
Kindle版購入。
最近お気に入りの青沼貴子の漫画。
もっとKindle版でてくれないものか。


【アーティスト・コレクション】『ケルベロス・サーガ/ケルベロス 鋼鉄の猟犬』 1/6スケールフィギュア 第101装甲猟兵大隊所属隊員 [34年式特殊増加装甲] (竹谷 隆之×鬼頭 栄作)
c0022635_21243266.jpg
本当に購入するかどうかは先送りしつつ、今年11月に発売のブツをAmazonで予約。
カッケー(笑)。


『Evernote』
c0022635_18272060.png
iPadなどで書き散らしてきたメモを集約したいと思っていて、今更だが『Evernote』のプレミアムを購入。
画像関係もまとめたいと思ったが容量的にかさばるようなので諦める。
画像は今まで通りに項目でフォルダーを作ってiTunesで管理するということにしよう。


『グッドフェローズ』
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観てたまらなく再見したくなった。
学生時代、劇場で観た時は音楽の使い方以外はあまり印象に残ってなかったんだよね。
なんか無駄に長く感じて。
今観ると違うのかなと思ってiTunesでHDを購入しようとしたら予告編で使われてる映像が汚くてげんなり。
購入するか迷い中。


『Paperman(紙ひこうき)』
c0022635_19292412.jpeg
wowowでの録画視聴。
Youtubeで散々観ていて、当然好きだったが今更と思いつつ録画。
これがまた良かったw。
何が良かったかといえば音響。
今回初めてパソコンにつないだスピーカーで音を聞きながら観たのだが(今まではyoutubeをヘッドフォンで聴いていた)、細かく色々と音が鳴っているたの気がついた(笑)。
音響も実に良い仕事してたわけやね。
やっぱり少なくともヘッドフォンではない、スピーカーで音も聴かないとダメなんだな。
キャラクターの動きや造形がディズニーっぽくてディズニーっぽくない。
最初観た時、日本のアニメーションのよう印象を受けたかな。
カメラを意識した実写的ともいえるのかもしれんけど。
上の画像の二人の男女がお互いを微妙に意識する仕草が絶妙。
すっげえ。
これピクサー制作だと思ったらディズニーの作。
と思ったらジョン・ラセターが噛んでいた(笑)。
やはりピクサーの遺伝子が入っていたかw。


『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
c0022635_20175356.jpg
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
当初観るつもりはなかったのだが、この時期あまり観たい映画がないということと、宇多丸が評論で絶賛していたので観に行く事にしたのだ。
もう上映が今週で終わってしまう予定だったようでギリギリだった。
で、観て良かった(笑)。
今年暫定一位(笑)。
マーティン・スコセッシ作で一番好きになったかな。
上映時間3時間ってのは長いは長いんだけど体感時間は2時間30分ぐらい(笑)。
この表現は微妙ですか(笑)。
微妙に長くは感じたんだけどまったく中だるみなしでエンジン全開爆走。
間違いなくスコセッシが撮った最強のコメディ映画じゃないの。
コメディの前に"ブラック"とか"ナイトメア"とかつけてもいいけど、とにかく笑いがもれる映画なわけよ。
今から考えると『グッドフェローズ』もコメディ映画として観るべきだったのかも。
本作とにかく不謹慎(笑)。
下衆の極み(笑)。
悪趣味に彩られている(笑)。
冒頭、所謂"小さい人"を的に向かってぶん投げるという悪意のあるバカ騒ぎから始まる。
投げられた"小さい人"が画面で静止した時にかかるレオナルド・ディカプリオのヴォイス・オーバー。
「My name is Jordan Belfort.Not him.」
「オレはジョーダン・ベルフォート。コイツ(小さい人)じゃないよ」
もう冒頭からしてこうよ(笑)。
これはもう悪趣味と悪意が主題の映画ですよと宣言してるようなものでね(笑)。
すげえよスコセッシ。
70歳すぎてこんな悪意のエネルギーを漲らせてるとは(笑)。
ちなみにタイトルのウォールストリートというのもウソだから(笑)。
主人公の会社、ウォールストリートじゃなくてロングアイランドだ(笑)。
本作、スコセッシ得意のヴァイオレンスも銃撃もなし。
ないのにとにかく全編を通して暴力的。
この全編を通した悪意というのは"何処に?""誰に?"向けられたものか?
"何処に?"は間違いなく株などの金融関係取引で人間の欲望をいたずらに刺激して自分たちは金銭的なリスクを負わず何も生み出さずに金をかすめ取っているウォール街に。
"誰に?"はまちがいなく、騙す人間ではなく、騙される人間に対してだ。
そういう意味では株で損をしている人に対してもスコセッシは容赦がない。
騙す方も騙される方も楽してカネを儲けたいという不届きな人間だから。
『グッドフェローズ』などでは多少なりとも悪に対するシンパシーを作品に埋め込んでいたが、本作に出てくる証券会社の人間に対しては本当に悪意を込めて描いている。
まったく容赦がない。
スコセッシ、彼等に相当に頭にきてるのかな。
いくらなんでも証券会社の人間だってのべつ
「Fuck! Fuck!!」
言ってるわけじゃなかろうに。
それでもこの映画を観たら電話の向うで甘言を弄している株屋が実際には中指立てて客を煽ってると思うと、オイラなんかは絶対株には手を出さんと思うもんね(笑)。
映画の作りとして観客は悪辣で悪趣味な株屋を笑い、その株屋に間抜けにも騙されてる顧客に対しても笑っている。
だけども観客の多く、オイラを含めて騙される側だと思うと背筋が寒くなる。
観客にそう思わせるのがポイントなんだけど、やはりそういう意味ではスコセッシは上手い。
本作、色々要素があるので色々語りたいのだけどそれはBlu-rayで再見した時にする。
ただ本作でオスカーにノミネートされているレオナルド・ディカプリオ
c0022635_21063361.jpg
上の画像、ジャック・ニコルソンじゃなくてwレオナルド・ディカプリオだけど(笑)。
本作でディカプリオ最高の演技をしてるよ。
表情から身のこなしまで。
いくら巨匠スコセッシの映画だからって全裸で尻穴にロウソクを突き立てられたSMシーンまでこなしてる(笑)。
まさに体当たりの演技。
日本のスター女優が乳首を見せないセックスシーンをするのとは段違いの肝の据わり方である(笑)。
ここまでの演技をしてオスカー取れないとなると、レオナルド・ディカプリオ本人の人格的な問題でしかなかろうよ(笑)。
スコセッシとディカプリオのカップリングって相性がいいのかもしれん。
これがロバート・デ・ニーロと組んじゃうと軽さがでない。
軽さの表現というのは、重さを表現するのと同じぐらい特殊な技能だと思う。
そういう意味ではスコセッシの今のスピード感にデ・ニーロでは追いつけない。
もうすぐ上映終わっちゃうけど、オススメであります。
オイラはBlu-rayでの再見を楽しみにしたい。

by 16mm | 2014-03-02 21:26 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/21760637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2014-03-02 23:26 x
ナッツとブラックコーヒー最高ですね。
自分も上野にある小島屋の素焼きアーモンドを大量に食ってました。
その結果検査で数値が悪くなったことはないのですが、脂質が高いということでヨメに止められましたw

先日2ヶ月ぶりの検査で、HbA1cが5.4に減ってました。
もー糖尿病じゃないですね、と医者。
死に絶えてたβ細胞が復活して、正常に膵臓が動いてるようですたぶん。
引き続き節制しますけどね。油断禁物w
Commented by 16mm at 2014-03-03 08:40
◼re:chataさん
今のところ脂質に関しては糖質ほど神経質になっていないのでオイラもバクバク食べちゃってます。普通のコンビニで売ってるようなやつですけど。

「もー糖尿病じゃないですね」
あー、もうなんて感動的な言葉。
努力しだいで糖尿病は不治の病ではないと思えることがどれだけオイラに希望を与えているか。
現状、体重下げ止まってますけどw、がんばります。


<< 『越境者 松田優作』『ホーホケ... 『キック・アス ジャスティス・... >>