『ぼくらの』『【電子版】アップルシード(1)プロメテウスの挑戦』

先週土曜日、歯のメンテナンス。
いつものように今年も美形で剽軽な歯科衛生士女史に歯石をとってもらう。
女史にオイラがドマゾwでもド変態でもないという趣旨の話をするも納得してもらえず(笑)。
先生に顎関節の痛みがかなり軽くなった旨伝える。
歯科とは直接関係ない専門外の部分だろうに、それを丁寧に相談にのってもらって的確に治療法を指示してもらえるということはありがたいもんだ。
全部がとはいわんが、以前パニック障害でこっちが死ぬ思いの苦しみの末に夜間の総合病院に電話して
「お電話できてるようですから大丈夫だとおもいますけど」
などと言われた時には本当に殺意が湧いたな(笑)。
オマエら苦しんで死ね(笑)。
そう言いやがった地元の某デカい総合病院には文字通り死んでも行かねえ(笑)。


本日日曜日、岩盤浴、赤外線サウナ、ストレッチ、ジェットバス。
岩盤浴で爆睡(笑)。
赤外線サウナでストレッチをやってジェットバス。
終了後風呂場の椅子で更に爆睡(笑)。
起きてジェットバス。
ジェットバスの効果か、やたらと疲れる(笑)。
血の巡りが良くなると今まで通いづらかったところがスムーズに流れて、だるくなることがあると聞いたことがあるが、それかもしれん。
さらにさらに、駐車場の車の中でも爆睡(笑)。
6時間以上お風呂屋さんにいたことになる(笑)。


『ぼくらの』
c0022635_18032653.jpg
AmazonでKindle版購入。
書籍版はすでに購入していて全て読了済であるが、いい本はやはりオイラの現在のメインウェポンである
Kindleでも読みたい(笑)。
で、Kindle版購入して再読。
やはり面白い。
壮大なSFの物語を構築していて読み応えがある。
ただ再読であるからでもあるのだが、人間が他の地球の人間と戦って勝ち抜くことでその宇宙を含めたすべての世界が存続するというのは、人間が全ての生物(植物も含めて)より上位の存在であるという楽観的な世界観ではあると思うようにはなった。
本作で定義されている"神"という存在は所詮人間の妄想が作り出したものであるという部分から外れてはいない。
だからと言って例えばロボットにのるのが10数匹のカブトムシがパイロットに選ばれてw、なんて物語もあるかもしれんが、エンターテインメント作品としてはありえないよね(笑)。
本作は他の生物の命を主体的に奪うという事についての物語だ。
生命の大切さというものではない。
全ての世界を抹殺できる力がたった一人の命と引き換えというのは考えてみればものすごくバランスを欠いたものだと傍目には思う。
が、その引き換えになるのが自分の命だとしたら。
他の世界の生死になんの感慨がなくても否応なく自分の命を差し出さなくてはならないとしたら。
勝って自分の命が失うよりも、負けてその勝負の主体になることなく訳もわからずに宇宙ごときえてしまった命の無念さの方がしのびないはずだ。
そんなバランスを欠いた命の価値の勝利者であっても、こと自分の命がなくなるということについては非常にセンチメンタルになる。
作中でも触れられているが、命というものは平等ではなく、それぞれの主体から見た順位付け、価値付けがなされるということ。
その価値の最上位は所詮自分の命であるということを本作は冷たく語っていると思う。



『【電子版】アップルシード(1)プロメテウスの挑戦』
c0022635_17333968.jpg
AmazonでKindle版購入。
内容も表紙の装丁も含めて古臭さは否めない(笑)。
当時もなんとなく大友克洋的でアマチュア臭い感じではあったけど。
台詞回しもいかにも勿体つけた感じが今読むと鼻につく。
士郎正宗はこの後どんどん画が洗練されて行くも物語を作るという部分では興味を失ったよう。
3Dを導入しての作品作りも、CGでの仕事の末席にいるオイラから見てモデリングにしてもレンダリングの感じも、テクニックのすべてにおいて時代においていかれてる。
c0022635_17445116.jpg
まあ言っちゃあ悪いが、このキャラクター以外の背景部分はお粗末だよなと思うんだよね。
いかにもの木のテクスチャの貼り方。
柱がこんなに90度に角ばってるはずもなく。
未だにこの延長でCGを作ってる時点でオイラも士郎への興味は失せてる現在である。
まあなんだかんだ言ってもKindle版購入したんだからこれぐらい言ってもいいよな(笑)。




と、これ以降書いた文章が消滅(笑)。
気をつけていたが久々にやらかしました(笑)。
今週はこんなところでw。


今週末は母親の通院の送迎。

by 16mm | 2015-01-25 19:55 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by chata at 2015-01-25 21:42 x
先ほどアップルシードα観てきました。
漫画版もこんな話なのだろうかw
デュナンの声優変わりましたが、前作と違和感なかったっす。
Commented by 16mm at 2015-01-25 21:47
■re:chataさん
近場で『アップルシードα』やってないですよね。DVD待ちだなとは思いつつも、予告編はかなり期待値上がってるので楽しみです。
今年はまだ劇場にいってませんw。
今週末に入江悠監督の作品が上映開始なのでそれが今年一発目だと思います。


<< 『裏切りのサーカス』『ジョーカ... 2015年第1回更新のお知らせ >>