『龍三と七人の子分たち』

『龍三と七人の子分たち』
c0022635_10335614.jpg
今週火曜日、109シネマズ菖蒲。
おやくそくのw
「『龍三と七人のコビトたち』一枚」
と、劇場のチケット販売のおねえさんに言っちゃった(笑)。
久々の北野映画。
老人をメインキャストに持ってくるってことはアレだな、昔の『たけしのオールナイトニッポン』のネタをやるのだな、と予想していたらその通りで(笑)。
「ヤクザがプールで泳いでいたら指が無いのでまっすぐ泳げない」
とか
「競泳で指が無いからタッチの差で負けた」
とか。
「ボールを投げると必ずカーブしちゃう。指が無いから」
とか。
「ジジイの暴走族があったとしてそいつらに、"キミたちには未来があるから暴走族なんてやめなさい"とか言って説得できないよな」
とか
「近頃のジジイは戦争を知らないからだめなんだと孫に言われてムシャクシャしていた」
とか(笑)。
まだまだ出てくるぞ、あの頃のたけしのネタは(笑)。
高校生だったオイラ、夜中にゲラゲラ笑ってたから。
なので『アウトレイジ』ばりのハードな路線ではなく、久々にストレートなコメディだろうと思っていた。
考えてみれば北野武が本作のようなストレートでベタなコメディ映画を撮ったのは初めてではないか?
『みんな〜やってるか!』のような客を置いてきぼりにすることを目的にした尖りまくった挙句に根元まで薄くなって折れちゃったようなコメディはあるけど(笑)。
『監督・ばんざい!』とか『アキレスと亀』ようでもない。
『菊次郎の夏』をもっと進化させたような感じかしらん。
上映中笑いも起こってコメディ映画としての面白さは文句無しである。
c0022635_11202632.jpg
「コメディアンがでない、コメディとは無縁に見られているシブい役者をつかったコメディ映画を撮ってみたい」
こんなことを昔たけしが言っていたっけ。
面白い顔した奴がでてきてベロベロバーで笑われる、というのがたけしの目指すコメディ映画ではない。
真面目な顔した奴が真剣に悩んだ末に間抜けなことになってしまうギャップと、会話のスピードと間合いによってコメディを成立させて客を笑わせる。
笑いに対するたけしの哲学が観られる良作である。
また、藤竜也や近藤正臣や中尾彬というシブめの役者に対してコメディの演出をを加える北野武の演出力というか貫禄。
貫禄は当然として演出力としても本当に今の北野武にしかできない映画ではあった。
c0022635_14472762.png
藤竜也はブリーフ一枚にさせてオナラをさせられ(笑)、なおかつ吹き替えなしで女装までやらされてた(笑)。
この藤竜也の役の龍三親分ってビートたけしの要素が十分に入ってますな。
北野武も刑事役として出てるんだけど、登場のしかたがいきなり背中越しなんだよね。
顔見えない。
だけどオイラたちはこれがたけしだってわかる。
この演出がカッコよかった。
でも日本人じゃないと分からないかもしれんな。
海外配給じゃ登場するシーンも顔からのカットからで編集するのかもしれんけど。
c0022635_14572553.jpg
本作、安田顕が出ているのも楽しみの一つだった。
この安田の位置って北野武の歴代映画でいうと寺島進とか大杉漣とか加瀬亮とかのポジションだ。
つまり北野武が力を認めた若手の役者というところなんだよね。
安田、好演。
ものすごく好演して力も入っていたんだけど、なんせジジイの映画だから割り食っちゃった。
北野武もジジイへの見せ場を多くせざるを得ないために、安田がステロタイプな悪なのが残念だった。
元ヤクザと現代のヤクザをリアルに描く意図ではないので映画のバランスとしては問題ないが、できればまた安田顕をつかってもらいたいなあ。
安田とたけしって割とメンタリティが似てるように思えるので。
c0022635_15135466.jpg
他で言えば『HK』にも出ていた清水富美加が中尾彬の孫としてキャスティングされていた。
すごく良いんだけど、やっぱりジジイの映画だからステロタイプだったよな。
清水富美加って絶対コメディエンヌの才能あると思うから、また北野映画で観てみたいなあ。
それからステッキのいちぞうの若いころの殺陣がカッコよかったなあ。
c0022635_15181676.jpg
なんといっても<殿下>が出てましたよ(笑)。
いや、この神風のヤスこと小野寺昭、『太陽にほえろ』の<殿下>役が良くも悪くも当たってしまったがために世間一般の印象を狭めてしまった役者の一人であろう。
だが本作ではもう一歩の感はあったが、ちょっとキレ気味のヤクザとしてちょっとだけ<殿下>を払拭してたように思えた。
で、全体的に良作でありオススメではあるんだけど、本作、久石譲の音楽で観たかったというのが正直なところ。
なんとなく音楽がというか、音楽の使い方が安っぽいような気がしましたかねえ。
GWのオススメよん。

by 16mm | 2015-04-29 15:24 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/24011673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2015-05-12 22:01 x
われらが『マッスルボディ』ヤスケンw 露出が増えて嬉しい限り。
富美加ちゃん見たさに朝ドラ録画してますw
Commented by 16mm at 2015-05-12 22:43
■re:chataさん
また北野映画でヤスケンを出演させてもらいたいものです。
ヤツなら真顔で全裸も厭わない(笑)。
富美加ちゃん、数少ない若手女優の星だね。
大竹しのぶとか樹木希林みたいにならないかなと希望。
いや、例えにあげた二人だと不安の方が大きいか(笑)。


<< 『寄生獣 完結編』 『モノクロ × Photosh... >>