『富士山さんは思春期』『なにかもちがってますか(5)』『BLUE GIANT(5)』『オールドレンズ・ライフ Vol.4 』『エレガンスパパ』『すく~~~と! 1 』『新久千映のねこびたし 1』

GWである。
何かをしようと思ってはいるのだが眠くてできない(笑)。
呆れるほどの怠惰である(笑)。


先週のGWに入ってからのいつだか忘れたがw、岩盤浴、ストレッチ、ジェットバス、全裸で日光浴(笑)。


甘味の為なら虫歯になってもいい、と豪語している強者は歯のメンテナンスでお世話になっている美形で剽軽な歯科衛生士女史(笑)。
その女史からの情報で先週の土曜日
c0022635_21235159.jpg
さいたま新都心にできたEggs 'n Thingsに行ってみた。
Eggs 'n Thingsがナニか分からなかったオイラであるが、なんでも結構というかかなり有名なパンケーキ屋さんで埼玉県初進出でホイップが山盛りにとぐろを巻いている.....という女史からの情報もかなりぼんやりしたものであった(笑)。
が、パンケーキというかホットケーキが好きなので、これを食べる為だけにさいたま新都心に出撃(笑)。
食べ物屋で決して並ばない旨を矜持にしていたオイラが小さな女の子から大大きな女の子まで並んでいる列の中に入るというプレイを敢行した。
で、40分ほど本を読みながら(押井守の"ぴあ"の本w)待ってようやく店内。
ホイップクリームにパイナプルが細かく散らばっているのを注文した。
これがまた聞きしにまさるホイップクリームの山(笑)。
この心意気は受け止めたいが、おぢさんなのでwクリームはこの半分ぐらいでもよかったかなあw。
食べてるうちにクリームの山がとろけて崩れていくし。
まあ、好き嫌いだけど溶けたクリームでへなへなになったパンよりも、ちょっと硬めの方が好きだからなあ(笑)。
結果、この良い仕事していたホイップクリームのおかげで結構腹いっぱいになっちゃった(笑)。
当初最低でも二皿はイケると思いいたのだが(笑)。
次はホイップなしので挑戦したい。
美味かった。



『富士山さんは思春期』
c0022635_21023964.jpg
AmazonでKindle版購入。
既刊の6冊をほぼ一気買い(笑)。
すっげえ面白い。
背がおっきい女の子と背の低い男の子という取り合わせに以前から興味を持っていたのだが。
なんだろうこの面白さは。
気がつくと延々と繰り返し読んでいるんだよね。
まず本作の作者であるオジロ マコトって女性らしいというところに驚き。
たとえば
c0022635_20491206.jpg
こんなんとかがね、なんちゅーか、完全に男の目線なんだよね(笑)。
女性は結構無自覚だろうけど、屈んだ時にゆるく開いた胸元とその奥のブラがまたゆるくなってるんだけど、なぜか絶対にティクビが見えないという不思議(笑)。
申し訳ないが、今でもたまにこういう機会があると見てしまうのだよ、おぢさんは(笑)。
男の一般論として語ることはしないけど、女性のこのアングルから見た時の胸元の奥にはファンタジーがあると信じて疑わないのよ、オイラは(笑)。
本作の話に戻すが、なんかそんな男のバカさかげんが見事に見透かされているようで。
で、それを女性の作家が描くことによって、その男のバカさかげんが消極的ながらも許されてる気がして。
それがオイラが本作にハートをアイアンクローされている理由かもしれん。
とにかく画がゲキウマ。
表情もそうだけど、身体の線の繋がりのリアルさ。
まあこの線の繋がりのリアルさが本作のエロスな部分に繋がってもいるのだけど。
c0022635_21313288.jpg
全体的にペン画のタッチを多用した絵柄なんだけど、スクリーントーンはどちらかというと絵としての立体感を出すのに使われている。
c0022635_21350330.jpg
こんなんとかね(笑)。
c0022635_21371893.jpg
こういうさ、女の子が男の学生服を着るなんてタマらんよな(笑)。
オイラも中学生の頃、好きだった女の子がオイラの学生服を着てはしゃいでた事を思い出したよ(笑)。
男のクッさい、キタない学生服を女の子が来てくれた事の悩ましさを思い出したよ(笑)。
c0022635_21434362.jpg
こんなディティールまでも(笑)。
オイラが結構ツボだったのが
c0022635_21463239.jpg
世の女性は信じられないだろうが、オトコはハンカチなど持たない(笑)。
いやホントw
マジマジ。
なので本作の主人公のカンバも富士山さんの涙を拭くのに己のクッさいシャツの裾を差し出すんだよね。
c0022635_21461668.jpg
それに顔を埋める富士山さんがステキ。
こういう機微が本作には宝石のように散りばめられている。
すっげえ良い漫画。
さらにこの単行本の奥付が非常に凝っていて。
当初ちょっと問題になったらしいけど、単行本6巻全部にこの趣向がこらされているので問題ないんだろうね。
この編集者のセンスもすばらしい。
双葉社のアクション誌は大友克洋や狩撫麻礼やたなか亜希夫や関川夏央や谷口ジローなどが描いていた雑誌だ。
一時期、しょうもないエロに走ってげんなりしたものの、また往年の輝きが出てきたか。
今後に期待大である。


『nude~AV女優みひろ誕生物語』
c0022635_11030970.jpg
AmazonでKindle版購入。
『富士山さんは思春期』のオジロマコトの作品で全二巻を購入。
画はやはり抜群の上手さであるが『富士山さんは思春期』のようには心に響かない。
なんとなく企画ありきの作品という位置付けなのだろうか。


『なにかもちがってますか(5)』
c0022635_22045598.jpg
AmazonでKindle版購入。
本巻を持って本作は終了。
最終巻での宗教、科学、哲学についての考察は興味深く面白かった。
理系の人が考える世界観という意味では新鮮に感じられていた本作だが『のりりん』同様、なんとも中途半端よくわからない結末を迎えてしまった気がする。
なんか本当に作者と講談社でモメたのかと邪推したくなる。
まあそれはそれとして、まだ他紙で連載している作品もあるし(Kindle化はされてないけど)、次作を大いに期待いたします。


『BLUE GIANT(5)』
c0022635_10482843.jpg
AmazonでKindle版購入。
実に難しいテーマに突入しつつある本作。
才能と努力の話である。
やる気と努力でなにかをなし得たのはその人にもともと才能があったと認識するべきか?
それとも才能が無くても努力さえすればなんとかなるものなのか?
この命題は結局のところ結果論でしかない。
誰もが羨む能力があってもそれを開花させられなかった人もいれば、才能なしと言われ続けた人が諦めずに突き進んで日の目を見たということもゴマンとある。
結局のところ才能というものの尺度がそれで"食べていけるか"ということのみで判断されてしまう。
そうするとオイラなどは自堕落でもサラリーマンとして食っていける才能があるということなのだろう。
石塚真一は非常に誠実な作家である。
彼がこの命題に対しどのような答えを出すのか。
非常に興味深い。


『エレガンスパパ』
c0022635_11215132.jpg
AmazonでKindle版購入。
カラスヤサトシの漫画のタイトルは誰が付けているのだろうか?
作者本人か編集者かデザイナーか。
『オレは子をみて育とうと思う』とか『モテないのではない モテたくないのだ!! 』とか『結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!』とかetc......
タイトルが秀逸なんだなあ。
で、本作のタイトルも『エレガンスパパ』だし(笑)。
c0022635_11393752.jpg
もうなにも言うまい(笑)。


『オールドレンズ・ライフ Vol.4 』
c0022635_11414417.jpg
AmazonでKindle版購入。
やっとこKindle版が出た。
ミラーレス機を使っているオイラとしては非常に興味深い読み物だ。
このシリーズは全巻購入予定である。


『素人AV女優 1 』
c0022635_11492250.jpg
AmazonでKindle版。
【期間限定 無料お試し版】ということで読んでみた。
画は上手いと思う。
が、おぢさんなので(笑)もっとひねったエロでないと興味がわかないのである(笑)。


『すく~~~と! 1 』
c0022635_11522797.jpg
AmazonでKindle版購入。
作者の名前、新久千映って<しんきゅう ちえ>って読むんだね。
いや、さすがに漢字が読めないオイラでも"千映" は読めましたけど(笑)。
新久千映の作品は絵柄に興味があってずっと読みたいと思っていた。
それにバイク漫画でもあるので。
ありゃ?こういう絵柄だったっけ?と思いつつ、すげえなバイクも描けるんじゃん、女性なのに(笑)。
と思っていたらバイクは原作者が描いているという(笑)。
キャラクターの絵柄は可愛らしく、ディティールやはじめてフルフェイスのヘルメットを被った時のあれこれが面白く描かれていた。
オイラ知らなかったけど
c0022635_12040208.jpg
インナーシールドというのがフルフェイスのヘルメットにはあるのね。
レバーで簡単に開け閉めできるようで。
オイラも今でもバイクに乗っていたらカチッ・シャコッ・カチッ・シャコッと開け閉めして喜んでいたろうな(笑)。


『新久千映のねこまみれ』
c0022635_12080404.jpg
AmazonでKindle版購入。
そうそう。
新久千映って言ったら『ワカコ酒』的なこの絵柄だったんだよね。
『すく~~~と! 1 』を読んでキャラクターの描き分けの幅が広い人だなと思った。
ところで世の中にはネコの漫画が多いのに犬の漫画が少ないような気がするな。
あっても犬の漫画って結構人間に寄り添ってシリアスなものが多い気がする。
オイラは一緒に生活するならワンコの方が良いと思うのだが(笑)。


『新久千映のねこびたし 1』
c0022635_12125833.jpg
AmazonでKindle版購入。
新久千映の猫漫画第二弾。
『新久千映のねこまみれ』よりも個人的には好みの作品かな。
端正な絵柄で引かれる迷いのない描線はすごく魅力的である。

by 16mm | 2015-05-05 12:17 | | Comments(2)
Commented by chata at 2015-05-12 21:54 x
狩撫麻礼、武論尊・・・昔のヤンキーがよく使う当て字みたいな。素敵です。
みひろはア○ルが汚くて萎えた記憶がw
Commented by 16mm at 2015-05-12 22:51
■re:chataさん
たしかにリアルみひろよりも、漫画のみひろの方が可愛いような(笑)。
オイラはみひろって観たことないんですよね。
オイラが観たAVの最後の記憶って豊丸ですから(笑)。


<< 『レッド・ファミリー』 『THE NEXT GENER... >>