『L.A.コンフィデンシャル』『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

BREITLING NAVITIMER COSMONAUTE
c0022635_18132582.jpg
α7R ILCE-7R
Contax Carl Zeiss Planar T* 85mm f/1.2 (60 Year Anniversary Lens)
エクステンションチューブ



先週土曜日、歯のメンテナンス。
いつものように美形で剽軽な歯科衛生士女史に歯石をとってもらう。
直前に先生が逃亡(笑)。
女史にお願いして歯の沁みの処置もしてもらう。
久しぶりに院長先生がやってきて歯を診てもらう。
比較的綺麗な歯だとお墨付きを受けるも、利き腕による磨き残しや磨きすぎについての指摘をうけ、左右両方の手で歯ブラシができるようにとのアドバイスを受ける。


本日日曜日、ジェットバス、ストレッチ、赤外線サウナ、日光浴。
ぼちぼち秋の健康診断に向けて体を作らねばならぬ(笑)。


『壬生義士伝』1巻〜5巻
c0022635_18270311.jpg
AmazonでKindle版購入。
大友克洋原作の『沙流羅』が電書で出ているのながやす巧って電書でも出してくれる人かなと期待して待っていたのだ。
ながやす巧ってムチャクチャ画が上手いわけだけど、やっぱりSFには向かないような気がしていたんだよね(笑)。
時代劇とのマッチングと原作の浅田次郎との相性も良いようだ。
コミカライズされた作品はまだ完結していないのだが、この悲しくも矜持に押しつぶされた人間達の行く末を見守りたい気になる。
続巻が楽しみである。


『たそがれたかこ(5)』
c0022635_18523636.jpg
AmazonでKindle版購入。
この本を読むたびにガキの頃からオバさんにキツかったオイラ自身を殴りたくなる(笑)。
いや、マジに。
とかくガキでも大人のガキでもオバさんを貶めるようなことをいうんだよな。
ちょっとそれは反省すべきだよ。
女性は賢いからバカな男がバカなことを言っても「しょうがないなあ」と笑ってるけど、影で泣いていたのかもしれんと思うと申し訳ない。
本作は大人の女性だって10代バリに乙女になる瞬間があったり、のぼせたりする様と、現実の生活の中でキチッと大人としての役割を担わなければならないという両極端を激しく描いている。
こういうのを読むと男って楽してるよな。
会社や仕事を隠れ蓑にして家族に対する責任を回避してるんだから。
女性だって仕事をしているのにね。
バカ(男)がいなくなって女性だけになった世界って平和かもしれん、と楽観的にバカなオイラは思う(笑)。


『藤森照信×山口晃 日本建築集中講義』
c0022635_19191760.jpg
AmazonでKindle版購入。
電書で山口晃の本がなんか出てないかしらん?と思って探して見つけた。
藤森照信って宮崎駿のインタビューだかで聞いたことあるな。
まだ読んでいる途中であるがなかなか楽しい本。
山口晃の挿絵というか漫画もついててうれしい。
ただ本書、文章まで含めて画像扱いでの表示なのでマーキングの機能が使えないのが残念。


『ヒメタク : 1 』
c0022635_19263567.jpg
AmazonでKindle版購入。
細野不二彦のすごさは語ったも語り尽くせるもんじゃないね。
今度はタクシー運転手の物語だと。
漫画にできないジャンルはないぐらいにオールランウンドでどれも水準以上の面白さ。
オイラなんかだと『電波の城』などはオイラには馴染めなかったが、それは好き嫌いの問題で世間的な評価は高い。
また映画やジャズの漫画も描いてもらいたいものである。


『凍りの掌 シベリア抑留記 (全巻)』
c0022635_19432268.jpg
ebookjapanで購入。
全六巻。
AmazonのKindle版では出ておらず、ebookjapanで一冊100円で売っていた。
この本の存在を知ったのは宇多丸のラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の"第10回-2013年03月23日春の推薦図書特集"のなかで放送作家の古川耕が本書を出したからだ。
ずっと気になっていたのだが、このほどやっと電書で読めるようになったので全巻購入。
ひっじょうにキナ臭い昨今の状況下。
日本人としての尊厳だの、戦後の謝罪だの、中国韓国は気に入らないだの、北朝鮮が怖いだの......etc......。
それらの国に屈することなく堂々と国際社会で日本人が正当な意見を発するための国力が必要であり、その国力はありていに言えば軍事力である。
安部総理が国会で自衛隊を<我が軍>と表現したのは失言だったかもしれんが、自分が軍というものを持ちたいという気持ちがあったと考えるべきであろう。
<我が軍>、なんて言うとなんか自分はその<軍>の外に居てそれを見ているような気になるけど、その軍のなかには国民の多くが兵隊として頭数に入っているのを忘れているような気がする。
特殊な戦闘スキルがあるわけではない国民なんて前線の弾除けにしかならない。
そういう弾除けに自分がなるかもしれないという想像力がある上でのことならいいよ。
有事になってそれが長引いたら間違いなく国民の多くは前線に行く。
決してその時の為政者のポジション、銃後の比較的安全圏でロクでもない作戦を思いついては兵隊を動かしていく、なんてところにはいれるわけはないんだからね。
数秒前には語らっていた同僚が爆撃で頭を吹き飛ばされたり、敗血症で四肢の切断を余儀なくされたり、仲間同士でパンの一切れで殴り合いになり、密告がはびこり周りに対して気兼ねし。
そんな目に会うのはオイラたちなんだという事を認識すべきだ。
敗戦の白旗を上げるのでさえ為政者たちはカッコよく苦悩してたみたいな物語になっちゃうけど、オイラたちは悲惨な泥沼のなかで希望すら見出せずにいつのまにか戦争が終わってる。
物語にならない存在でしかないんだよ、我々は。
本書は一般的な国民が戦争でどんな目にあうのかということを突きつけてくる。
忘れてはいけないのは、戦争で酷い目にあう人間のなかに自分たちがいるということを認識すべきということだ。


『L.A.コンフィデンシャル』
c0022635_21130699.jpg
Blu-rayで鑑賞。
本作、1998年の劇場公開時に観て、LDを買って観て。
DVDはスルーしてBlu-rayで更に何度目かの鑑賞となった。
本作をずっとカッコいい男たちのハードボイルドな物語だな、と思っていた。
で、今回のBlu-rayで鑑賞して
「コイツら全然カッコよくねえ(笑)」
と、やっと気がついた(笑)。
c0022635_21210729.jpg
本作でハリウッドデビューしたラッセル・クロウとか
c0022635_21284959.jpg
ガイ・ピアースとか
c0022635_21301455.png
ホモねたが出てドキドキしちゃったwケヴィン・スペイシーとか。
見た目はそれなりに雰囲気があってカッコいいとは思うのだが、実際は女に弱い暴力警官であったり、出世の為に仲間を売ったり同僚の女と寝たり背後から犯罪を犯した上司を射殺したり、TVドラマのアドバイザーやゴシップ誌にネタを提供して小銭を稼いだり......。
なんかセコイ奴らの集まりじゃん(笑)。
今思うとラッセル・クロウも意気がった田舎の兄ちゃんみたいにも見えるかな(笑)。
ハードボイルドの要素の一つであろう孤独であるとか孤高であるということが、実は結構イタイものなのではないか(笑)。
しかしね、見た目カッコよくなくても生きて行く上でのセコさや小ささというものは普遍的に誰でも持っているものではないだろうか。
そんな奴らがハードボイルドの小説や映画を観ることでそんなイタくて小さな自分を許せることができる瞬間。
その瞬間がハードボイルドを男が好む理由なのかな、とぼんやり思ったです(笑)。
今後も何度か本作を観ていくだろうな。
自分の中では傑作映画の一本である。


『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』
c0022635_21455595.jpg
DVDで鑑賞。
アニー・リーボヴィッツを知ってからずっと彼女の写真を検索ばかりしている。
彼女を評して「天才とまでは言わないが」なんて言葉があるけど、しかし写真の神様には祝福されている存在だよなと思う。
ポートレイトではなく肖像写真。
エッセイではなく随筆。
同じ意味でありながら語感からする音の重さの違いは確実にあって。
アニー・リーボヴィッツはオイラからすると確実に肖像写真家だよなと思う。
やっぱり撮る写真がすべてカッチョよいと思えるんだよね。
c0022635_21513553.jpg
これはおそらくキース・ヘリングだと思わる(笑)。
アニー・リーボヴィッツの写真集が電書でないかと探してないことがわかってる。
書籍の本で洋書は手に入るんだが、どうするかなあ(笑)。


『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
c0022635_21542701.jpg
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
IMAX版鑑賞。
本作の漫画原作はちょっとムニュムニュな方法でw11巻まで読んでいる。
本作はもともと中島哲也監督作として始動し、それが頓挫して樋口真嗣監督で町山智浩が脚本に参加。
......
う〜(笑)。
一応二部構成であるので後編を観てから感想を書くということの方がフェアかしらん(笑)。
分からないのが宇多丸のラジオ番組に町山智浩自らが電話をかけて宇多丸に評論を迫ったというね(笑)。
当然町山自身が製作に加わったわけだから本人としては作品を否定するようなことは言えないしやれないし(笑)。
なんか大丈夫なのかw。
宇多丸と町山、また『ハート・ロッカー』みたいな言い争いにならなければいいが。
それはそれとして今週のタマフルは宇多丸が本作を評論するというとんでもない目玉である(笑)。
むちゃくちゃ楽しみである。


今週末は心療内科。

by 16mm | 2015-08-02 22:03 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by chata at 2015-08-22 23:48 x
キースヘリング?!高感度アップwww
Commented by 16mm at 2015-08-23 09:04
■re:chataさん
たぶんキースヘリングだと思われます(笑)。
男ぢゃないけど、漢(おとこ)だと思います(笑)。


<< 『プロフェッショナル 仕事の流... 特に何事も(笑)。 >>