『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 』『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』

先週土曜日、歯のメンテナンス。
本来なら月末の予定だったが左下の奥歯のあたりがジンジンしつづけていたので先週土曜日に急遽治療の予定を入れてもらったのだ。
メンテナンスというよりも治療だね。
歯を支える骨だが肉だかが下がっちゃってて、それでできた隙間が虫歯になったか、それとも噛み合わせが悪くなっている所為か......。
原因が複合的だそうで特定しにくいと。
次の月末の治療までジンジンが続くようなら神経を抜くとのこと。
で、今も若干ジンジンしてるし、右の奥歯で噛もうとすると若干痛みがでるし(笑)。
多分、神経抜くことになるのかなあ(笑)。


先週土曜日、赤外線サウナ、ストレッチ、ジェットバス。


歯がそんな有様でありながら、風呂の後に久々に一人焼肉(笑)。
野菜は前菜のみ。
後、炭水化物はフライドポテトとコーンのみ。
90分間ひたすら焼いて食う焼いて食うジンジャーエール飲んで焼いて食う(笑)。
おかげで本日日曜日の昼に至っても満腹感が残っている。
母親に昨夜焼肉食べたから昼飯食えない、とは言えないので(笑)、無理して昼ごはんを食べる(笑)。


なんだかんだ言いつつも結構糖質を抜いている所為か、以前ほど甘いものが欲しいと思わなくなった。
チョコの類など本当に食べてないなあ。
更に果汁100パーのオレンジジュースが甘ったるくて飲めなくなった(笑)。
つーか、糖質を制限すると加糖されたものに敏感になるっていうけど、果汁100パーと言いながら砂糖が入ってるのではないかと疑う(笑)。


『スクールガールストライカーズ』
c0022635_14465914.jpg
iPadでいつものようにダラダラとソリティアをやっていた。
最近ソリティアに勝つと必ず広告が出て鬱陶しかったのだが、そのなかの一つにこの『スクールガールストライカーズ』なるものがあり、女の子の可愛い画だったのでダウンロードしてやってみた。
そこそこハマりはじめる(笑)。
c0022635_14515054.jpg
オイラの好みで眼鏡女子チームにする(笑)。
ゲームは絶対に課金はしないという掟を自らに課して行うことに。
声優も豪華だしグラフィックも綺麗だし。
これをタダでやるのは申し訳ない気もするが絶対に課金はしない(笑)。
絶対に歯止めがなくなるから(笑)。
ゲームのインターミッションで女の子たちの胸のあたりを触るとなかなか刺激的な声が返ってきて、おぢさん萌える(笑)。
中年のオヤジがいったいなにをやってるんだか(笑)。


久々に部屋にある本を引っ張り出して仕事の準備をし続けている。
し続けているが途中ゲームやったり漫画読んだり昼寝したりダラダラしたりで、とても真剣に資料に当たっているとは思えない(笑)。
マジで考えをまとめねばならぬのに(笑)。


『生賴範義Ⅱ 記憶の回廊 1966-1984』
c0022635_13110980.jpg
Amazonで書籍購入。
中古品で定価(4104円)以上の金額に高騰していて、それでも欲しかった本なので諦めて転売屋のを買おうとした矢先、販売元のみやざきアートセンターが増刷したのか新品を定価で購入することができた。
この本、割と特殊な作りで
c0022635_16375996.jpg
本の背がボンドでガチガチに固めない"糸かがり"製本になっておる。
これによって
c0022635_16352006.jpg
本の中央部分、"のど"と呼ばれる部分が大きく開き、見開きで掲載した時に"のど"の巻き込みで画が一部見えなくなることを防げる。
つまり横の作品でも見開きで大きく載せることが可能なのだ。
この製本手間かかってます。
だけどやっぱり生賴範義の画集だもんな。
これぐらいはしたほうがいいよね。
掲載している画も知っているものから知らないものまで多数。
小説の作品の傾向に合わせてギャグっぽい画もあってこれは初めて見た。
とにかく見るたびに圧力がかかる。
東京から遠く離れた宮崎県で孤独を愛した孤高の画家がいて、その力は世界的なものであった。


『俺とねこにゃん(1)』
c0022635_15031219.jpg
AmazonでKindle版購入。
てっきり1巻をもってるもんだと思っていたら、持っていたのは『ダンボールの章』というもので別立ての巻だったようだ。
c0022635_15502266.jpg
もうなにも言うまい(笑)。
猫に対する愛憎というかこの屈折っぷりが魅力である(笑)。
ネットのネタでは、猫は飼い主を殺そうと虎視眈々と狙っている、らしいということがかいてあったが(笑)。
もしそうだとしたら、世にある猫の漫画の大半はものすごくアイロニカルな読み方もできるね。
オイラにとって猫は、犬に次いで萌える動物である。


『ダ・ヴィンチ2015年12月号』
c0022635_16020968.jpg
dマガジンで閲覧。
羽海野チカの8ページにわたるインタビュー。
かなりの読み応え。
読者を有無を言わせず惹きつける腕力の重さが垣間見れる。
メンタルな部分での重さのというか掘り下げ方ね。
戦うこと。
そして、戦うことにタブーを最終的には設けない。
悩んだ末、考えた末の結果であれば自分を守るために親を否定したっていいんだ。
特に成人して自分で金を稼げるようになったら。
この言葉を聞くことで楽になる人間ってたくさんいるだろうな。


『虚数霊』を真剣に再読中。
c0022635_17142991.jpg
続きが読みたいけど、『ヤマト』のコミカライズが終わる頃には本作への作者の情熱も失せてくかもしれんなあ。


『スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』

日本限定の予告編だとか?
宇宙ではなく大気圏内でのドッグファイトが圧巻ですね。
個人的には
c0022635_16304260.jpg
このまさに"This time it's war."的なルックはどうよ(笑)。
燃えるなあ。
レイのレイはレイアのレイ?
青いライトセイバーってルークの腕と一緒にベスピンで無くしたんではなかったのか?
ダースベイダーのマスクってエンドアで火葬されたわけで、あれを首刈り人食いのイゥォークのいるところに行って取ってきたのか?(笑)。
公開まで色々謎が尽きんなあ(笑)。


『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 』
『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』
c0022635_17212366.jpg
Blu-rayで鑑賞。
Amazonで『特別版 Blu-ray』というのを購入。
それには『短縮版』と『ディレクターズカット』の二つとメイキングが入ってる。
今現在、メイキングは観ていない。
とりあえず劇場初見でボロクソな印象だった『短縮版』を先に観てみる。
驚いたことに結構観れる(笑)。
短縮版二度目というか、途中で『ディレクターズカット』を観たので『短縮版』で語られていない部分も脳内補完で理解できたというところか。
本作、アニメの『機動警察パトレイバー the Movie』と『機動警察パトレイバー2 the Movie』を繋ぎ合わせたような印象。
大筋は『機動警察パトレイバー2 the Movie』なんだけど、犯人を地道に追跡して真相にせまろうというところは『機動警察パトレイバー the Movie』に重なる。
最終的には犯人は死んでいて、アレは誰なのか?という部分も。
『機動警察パトレイバー2 the Movie』で竹中直人が魅力的に演じたキャラクターを高島礼子と部分的に筧利夫がつないでいたり。
この高島礼子と筧利夫のセリフがどうにもクサくてね。
「大人の時間よ」
「興奮できる云々」
なんかわざとらしいなあ。
実写でこんなセリフ吐かれるとすごく生々しくて比喩に聞こえないのはオイラがいやらしい中年だからでしょうかw。
押井のシナリオのセンスというのは案外たいしたことないなと思う。
この実写版は最初の『エピソード0』と『エピソード1』を観て辟易して観るのを止めて、最後の本作を途中のエピソード抜きで観たので部分的に
"ポカ〜ん"となってしまう部分もあるにはあった。
後藤田と柘植の会話の内容。
更に"大いなる遺産"という仰々しいものの正体。
"ポカ〜ん"とはなりつつも本作の『ディレクターズカット』ではだいたいわかるようにはなっていた。
ただこの"大いなる遺産"という仰々しいまでのペテンの仕組みが分かりづらかったというのはあったんだけど。
この"大いなる遺産"ってのはアニメ版『機動警察パトレイバー2 the Movie』の後の顛末だ。
柘植の犯罪に対処できなかったための警視庁失態を是正するために内部人事の刷新が行われた。
しかし官僚世界ではその失態の内実が次の人事に受け継がれることはない、と。
つまりどういう失態がありどう解決したのかということは後任にはわからないわけだ。
当時、後藤と南雲が率いたレイバー隊の活躍で柘植の犯罪は阻止できたわけだが、しかしその阻止行動自体が超法規的なものでだった。
前任者達が潰そうとしていたレイバー隊の活躍で柘植の犯罪が阻止できたとい功績を認めないかわりに、彼らの超法規的活動も不問にする。
その当時を知る後藤と南雲が失踪することでその真相は藪の奥深くに隠れ、前任者がレイバー隊を潰せなかったのは後藤達との間に何らかの"黙契"があったのではないかと後任者は思い込む。
迂闊に後任者が事情もわからずにレイバー隊を潰そうとすれば、当時藪のなかに隠した何かが出てきて襲ってくるのではないか、と。
それが"大いなる遺産"というやつ。
実体なんてまったくない(笑)。
言ってみれば官僚機構というもののシステムを利用したペテンだったと。
なんか分かり辛いですねえ(笑)。
これをセリフで説明してたんだけd、オイラ頭悪いので3回観てやっとなんとなくわかった感じ。
この"大いなる遺産"つうのはまったくもって映画的なものではないよなと思う(笑)。
c0022635_19241166.jpg
本作に至るまでの途中のエピソードは観てないので何とも言えないのだが、レイバーも特車二課の二体しか出てこない。
『機動警察パトレイバー2 the Movie』では他のタイプのレイバーも出てきてたんだけど、この二足歩行の特殊兵器というものがだいぶ廃れてきたということなのかしらん?
その代わり見えない戦闘ヘリなどという現状荒唐無稽なものを出してはいるものの、その周辺の描写はものすごくリアルだったりする。
c0022635_19340071.jpg
『機動警察パトレイバー2 the Movie』になくて、本作が存在する意義があるとしたら、兵站の描写だろうね。
このヘリに対する補給やメンテの描写は本作で何度も出てくるんだけど、ヘリ1機を使えるように運用するためにはどれだけのことが必要なのかということをちゃんと描いているのは感心する。
今までどんな映画でもこんだけしつこく兵站を描いた映画を寡聞にしてオイラは知らないしね。この辺はよくできてる。
だからこそ登場人物のネーミングがお粗末だよな。
後藤田とか泉野だとかアニメ版の悪質なパロディにした思えんもんね。
c0022635_19384266.jpg
とは言いつつ泉野 明役の真野恵里菜はなかなかの好演。
c0022635_19464916.jpg
クライマックスのコックピット内での昔の押井アニメ的な不思議なカメラの動きもよかったな。
c0022635_19574916.jpg
とにかく本作で抜群の存在感を出していたのはカーシャ役の太田莉菜。
この女優のキャスティングは当たりだった。
ロシア語をしゃべり、アクションが非常に上手い。
一部フィルムのスピードやライティングで補強しているとはいえ、体の動かし方のうまさはパない。
他の役者達が2〜3人でのまとまったアクションに終始していたのに太田莉菜だけは完全にソロで画面に映ってアクションをこなしている。
それだけ画面に対する支配力があるということだよな。
義父(松田優作)が生きてたら喜んだのではないかね。
オレよりアクションが上手いって(笑)。
c0022635_20031031.jpg
その点男のキャラクターはまったく思い入れができなかったなあ。
ミリオタのチャラい若造も、アル中で食物を吹き散らすオヤジもどっちも下品で見てられん。
唯一旧作で進士をベースにした御酒屋という登場人物が泉野の代わりに銃撃の只中に突っ込んでいくところは好きかなあ。
c0022635_20084451.jpg
結局アレかねえ、実写として撮る前に手応えとして製作者た持てたのが『パトレイバー』だったと。
押井守にオリジナルの実写を撮らせるなんて危険はこの不況のさなかできんと(笑)。
しかし、『パト』という枷があれば押井もそれほど脱線しないだろうという読み。
実際本作で、押井だけが得意がっている演出もどきの"ダレ場"という睡眠誘発シーンを挿入していない。
押井が言う「旧作との差分」というものは本作の『ディレクターズカット』で明確にわかる作りになってはいる。
差分を作ったというとなんとなく聞こえは良いが、早い話『機動警察パトレイバー2 the Movie』以上のプロットを誰も望んでいなかったか開発できなかったかなのではないか。
押井自身も『機動警察パトレイバー2 the Movie』以上のシナリオが思いつけず、ほぼほぼ失敗のないようにするには旧作を焼き直す方が良いとの判断だったのだろう。
部分的には成功してるけど、例えば今回の首謀者達の意図が伝わってこない。
前作の柘植と同じだよということなのかもしれんが...。
そうはいっても押井の実写の中ではオイラのなかではベスト2のデキだとは思ってる。
車の破壊、ガラスの破壊、弾着、爆破。
日本映画でアニメ原作の立場でありながら結構がんばった予算だったんではないだろうかね。
アクションの見ごたえは確かにあったと思う。
ただそれでもやっぱり『機動警察パトレイバー2 the Movie』には及んでいない。
旧作の焼き直しということもあるが、『機動警察パトレイバー2 the Movie』がいかによくできた作品だったか。
脚本の伊藤和典の功績は大きかったんだな。
『機動警察パトレイバー2 the Movie』はカルト作だと今更ながら思い至る。

by 16mm | 2015-11-08 20:23 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(4)
Commented by caffe3 at 2015-11-09 00:48
毎度パカ助減量中です。

届いてるのですがなかなか一人の時間が作れずMADMAXまだ未鑑です。
焼いては食う 焼いては食う 減量中の私には酷な言葉・・・・・
気になったのですが歯のメンテは趣味ですか?
改造好きな私は両上下奥歯コバルト+セラミックのハイブリッドカスタムです(笑)
口腔外科・技工士連中が苦心して作成してくれたオートクチュールです(笑)
Commented by 16mm at 2015-11-09 06:02
■re:パカ助さん
V8(笑)。
オイラも減量が必要な肉体ではあるのですが、このところ減量というよりも糖質を控えることをずっとしているので、たまにガス抜きが欲しくなるですよ(笑)。
普段はほぼ朝の一食だけにしてます。

私もその奥歯が問題で(笑)。
なんかすごいカッコイイ感じの歯になってるんですね。
オイラもいざとなったらそうしようかな。
歯のメンテが趣味かと聞かれれば半分は当たり(笑)。
実際には三週間もすると歯を磨いていても歯石はつくようで、それが歯周病の原因とのこと。
オイラが行っている歯科医院は小さくなっても自分の歯をなんとか残そうという治療をするところです。
まあ、それと歯科医院の先生と仲良くしてもらっていてカメラの話をしにいっているということ。
あとは歯科衛生士のお姉さん達が綺麗なので(笑)。
Commented by chata at 2015-12-06 19:47 x
いやー、妻子捨男は強烈でしたは。
スナック常連さんの「会いたくてふるえる」にひとりツボってましたw
Commented by 16mm at 2015-12-06 20:57
■re:chataさん
本当に、すごい悪意を作り出したもんですね。
なんかすごくリアルさも感じました。


<< 『シートン 第1章―旅するナチ... 『マッドマックス フューリーロ... >>