『クリード チャンプを継ぐ男』

『クリード チャンプを継ぐ男』
c0022635_20595706.png
今週水曜日、109シネマズ菖蒲。
今年最後に観た映画となった。
『ロッキー』シリーズの続編、ではあるんだが、まあロッキーは引退しているわけで外伝という風に言った方がいいのかしらん。
『ロッキー』シリーズの1と2でのロッキー・バルボアの宿敵で、3では友情で結ばれ、4で試合中に死んだ
c0022635_21171981.jpg
アポロ・クリードの愛人の息子が本作の主人公。
アポロの本妻がその愛人の息子を引き取るところから本作は始まる。
引き取られた息子のアドニス・ジョンソン。
優秀な男だったようで、なんか金融関係かなんかの仕事につき若くして出世していった。
その一方で自己流でボクシングをやっていた。
仕事を辞めて本格的にボクシングをやろうとフィラデルフィアのロッキーの元に行き、トレーナーになってくれと願い出る。
ここからはまあいつもの展開で一度は躊躇するロッキーだが、結局はアドニスのトレーナーを引き受ける。
で、その後、恋があったり、ロッキーとの対立があったり、ロッキーがガンだとわかったりしてイギリスのチャンピオンと戦って僅差で負ける、という筋。
新しいシリーズを作るための布石だったのだろうか?
一番最初の『ロッキー』のプロットを踏襲しようとした感じは伺える。
が、一番最初の『ロッキー』のロッキー・バルボアが何も持っていない本当に底辺の男が徐々に闘争心を積み上げていってチャンピオンと互角に戦えるまでになるという努力と根性の物語だ。
最低な男が最高の男になるという振り幅のデカさが『ロッキー』を成功に導いたと思う。
ただ現代的な考えで照らせば、努力と根性でなんとかなるなんて部分にリアリティがあるわけはなく。
一番最初の『ロッキー』だってチャンピオンと試合が組めたのは単なる偶然でしかないんだから。
では現代的なアプローチで『ロッキー』を再生できるか?という命題が本作の制作に突きつけられた感じであろうか。
なにを踏み台にして高みに昇らせるべきか。
本作のアドニス・ジョンソンは偉大な父親を持ちながら、自分はその愛人の子供であるというコンプレックスを踏み台にして頂点へのステップにする動機とした。
しかしね、ロッキー・バルボアが一念奮起した動機と比べたら弱いんだよね。
アドニス・ジョンソン、如何にも現代っ子のような感じでロッキーにトレーニングのメニューを紙に書かせてそれをスマホで撮影して持って行くっていうぐらいの奴でさ、ロッキーがそのスマホをなくしたらどうすんだ?と聞いたら
「クラウドにある」
って答えるわけ。
当然ロッキーは
「クラウド(雲)にある?」
ってな感じで(笑)。
つまり観てる側としてはアドニスってボクシング駄目でもまた会社員になれるしな、と思っちゃう。
ロッキーには後がなかったからね。
本作に背水の陣の緊張感がどうしても感じられなかった。
冒頭で一番最初の『ロッキー』でもやってた鶏を捕まえるトレーニングなんてあったから、じゃあ肉を叩いたりもするのかなと思いきや、それはなし。
一番最初の『ロッキー』にあったロッキーがロードワークをしていると後から後から人が付いてきて、最後の最後でものすごい全力疾走で付いてきた大勢の人間を引き離して階段を駆け上る描写の官能性。
本作はなんかアドニスが走ってる周りをバイクが伴走する描写。
なんかね、あんまり感動しなかった。
クライマックスの試合の最終ラウンドでロッキーのテーマがかかった時はやっぱり気分は高揚した。
つまり昔の『ロッキー』のテイストが感じられる時にのみ高揚感と官能性があった、ということだ。
というわけで、つまらなくはないが、『ロッキー』という冠ありで見るとやっぱり物足りなかったかな。
できれば、前述した肉叩き、生卵5〜6こ飲むw、それからやっぱり
c0022635_22024165.jpg
これ、これですよ。
海辺で戯れる二人のシーンは是非入れるべきだったな(笑)。
うっとりですよ(笑)。
とまあ、そんな感じです。

by 16mm | 2015-12-31 22:03 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/25129101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by caffe3 at 2016-01-01 04:13
新年のパカ助です

精力的に映画を楽しんでおられるようで何よりです。
某所では素敵な写真付きメッセージありがとう御座いますm(__)m

本年もよろしくお願いいたします。
Commented by 16mm at 2016-01-01 07:43
■re:パカ助さん
昨年は本当にお世話になりました。
今年からあのゼロハリを本格投入して使いまくるつもりです。

本年もよろしくお願い致します。
Commented by chata at 2016-01-02 20:33 x
気を抜いてたら、ウットリ画像で爆笑w
前回もこのブログで見てただけに、このギミックは卑怯すぎます。なんつー初笑いだコレw
Commented by 16mm at 2016-01-02 23:37
■re:chataさん
申し訳ない。
初笑いがこんなんで(笑)。


<< 謹賀新年 『スター・ウォーズ/フォースの... >>