『 白竜-LEGEND- 40』『レンズの時間 Vol.2』

YARD・O・LED
c0022635_15083933.jpg
α7R ILCE-7R
PC Micro NIKKOR85mm f/2.8D
エクステンションチューブ
トリミング
仕事でカメラのチルトやシフトの理屈が勉強できたので、やっとこ十数年前に購入したPCニッコールの正しい使い方ができました(笑)。
この画像じゃその成果はわかりにくいけど(笑)。
でもフォーマットがフルサイズとはいえ35mmなのでチルトもシフトも4×5や8×10のような大判のカメラでできるような使い方ができない。
けど、使い方の理屈が分かると道具って楽しいものだね。


先週土曜日、歯のメンテナンス。
治療中で仮歯を入れていた左側の上下奥歯にセラミック製の歯を被せてもらう。
先生の相変わらずの手際で作業、というか治療はサクサク進む。
いつもの美形で剽軽な歯科衛生士女史とチーズケーキの話をした。


本日日曜日、岩盤浴、ストレッチ。
先週から時々行われる岩盤浴フェア。
通常料金で60分のところを90分入っていられる。
が、90分フルに入って入られない(笑)。
80分ほどで退散。


本日日曜日、2月末の車検の予約をする。
代車も貸してもらえるとのこと。


先週からボチボチ花粉症がきた(笑)。
昨年はヨーグルトとハチミツでなんとなく乗り切った気になっていたのだが、今年はどうなのだろうか。
まさかこんなに早く、1月末からアレルギーが来るとは思ってなかったのでヨーグルトとハチミツを食べるのをサボっていたのだ。
なんとなく喉がイガらっぽい感じ。
オイラの場合、ちょっとした不調がパニック障害を誘発するような気がしてくる。
とりあえずヨーグルトとハチミツは毎日。
更に寝る時には空気清浄機をかけっぱにしている。
朝方鼻が詰まって難儀したことがあったからね。


以前友人が言っていたのだが、例のマイナンバーで自分のところの資産が丸裸にされてもう隠せねえ、と言っていた。
これからは箪笥預金の時代だ、と(笑)。
実際金庫が結構売れているらしいと聞く。
オイラは丸裸にされても資産自体がないので別にどってことないのだが、会社が今後の管理の為に社員のマイナンバーを集め始めた。
会社が、というかその代行の会社が集めてるんだけど。
なんとなくメンドッチイのでシカトしようかと考えていたが、期日以内にマイナンバーを代行会社に伝えないと個人負担でなんか更に面倒な手続きが発生するとか。
ところでオイラはバカなのでわからんが、なぜ国会議員はマイナンバーを制定を進めたのかね?
資産丸裸云々という意味で言えば国会議員とてその範疇に入って例外にはならないマイナンバー制度。
為政者というものは絶対に自分が不利になるような制度は作らないもんだと思っているんだけど。
例えば議員定数削減なんて誰も取り組まないようにね。
なんかアレかね、為政者にはこのマイナンバー制度にも抜け道が用意されているのかしらん?


モノクロ画像制作における座右の書
c0022635_18371679.jpg
『モノクロ × Photoshop [陰影が生み出す美と感動]』
何度も繰り返して読み続けている。
非常に分かりやすく論理的な本ではあるが、そこに書かれてる通りにやったとしても望む結果にならないこともある(笑)。
つまりそれはアレだw、+センスというものが必要だということを痛感する(笑)。
まあオイラは根気よく繰り返すことでなんとか手順や理屈を血肉化して気合いで向き合ってきたわけであるが(笑)。
先週も会社から帰宅後の一時間を使ってモノクロ画像を作っていたのだが、どうしても思うようにはいかない。
で、試しに本書で紹介され、オイラもすでに購入している"Nik Collection"とう"Photoshop"のプラグイン的なソフトのモノクロ機能を使ってみた。
作業始めて5分で求めていた画像にたどり着いちゃったよ(笑)。
先週延々とあーでもないこーでもないとやっていたのに。
まあ優秀なソフトであることには変わりないのだが、オイラとしては望む結果を"Photoshop"の機能だけで作りたかったのだ。
なんかね、苦労すれば絶対良いものができるという信仰がオイラにはあるんだけど、お手軽に良いものができるのであればそれに越したことはないよな(笑)。
それでもちゃんと理屈は知っておこうと思っているけどね。


c0022635_19105825.jpg
"大友克洋"でググってみたら面白いweb漫画にぶち当たった。
中川いさみがストーリー漫画を描くために斯界の有識者に方法論を聞いて回るという企画の漫画。
その第一回が大友克洋。
ここでの大友、上の画像のように良いこといってるんだよね。
まあこの企画でハナから読む気がない漫画家の意見もあるにはあったが(笑)、それはそれ(笑)。
こんな面白い企画がタダでwebで読めちゃう。
電書化された暁にはちゃんと買うつもりである(笑)。


押井守の『GARMWARS ガルム・ウォーズ』が5月公開とな。
c0022635_17291824.jpg
日本語版制作?
日本語版演出がいて、虚淵玄が協力?
日本語版プロデューサーが鈴木敏夫?
更に新ロゴが鈴木敏夫デザイン?
なんか久々にツッコミどころ満載なネタで目眩がする(笑)。
まずなんで日本語版が必要なのだ?
集客の為という理屈かもしれんが、そもそも押井守の映画ってのは押井自身も言っている通り100人が一回劇場に足を運ぶ映画ではなく、一人が100回観る映画だ。
そもそもビジネスとしての販路はハナから非常に狭い。
そして押井の首を絞めたいと思っている(笑)オイラを含めたファンは日本語版など観たいと思っていない(笑)。
ファン以外で押井の映画を積極的に観る人はかなり少数だ。
それが日本語版を金をかけて作ったところで爆発的に観る人間が増えるとも思っていない。
いったい誰のために作るんだろう?
と思ってたら、鈴木敏夫が暗躍してたんだ(笑)。
押井は鈴木敏夫が『イノセンス』 をプロデュースを失敗したおかげで制作費のリクープが遅れたことをいろいろクサしてたんじゃないの。
なにアレはマジではなく二人のジャレあいってわけ(笑)。
わざわざ鈴木敏夫にプロデュースさせるというところをみると、押井は鈴木を信頼していると。
で、鈴木敏夫がデザインした新ロゴのキモさ(笑)。
なにこれ(笑)。
女主人公をメインヴィジュアルに据えてタイトルをピンクにして、女性客の集客を狙ってるの?
もともとの押井シンパの女性以外こんなこといしたって女性客は増えねえよ。
スタジオ・ジブリって無くなったようなもんなんだから、表に出ずにひっそり暮らしてればいいんだよ鈴木敏夫は(笑)。
困ったもんだ。


『 白竜-LEGEND- 40』
c0022635_17565355.jpg
AmazonでKindle版購入。
白竜がタイ人の血が流れているエピソードの続き。
先行している連載分は黒須組長との邂逅とそのシノギの物語まで行っている。
いまだに白竜の出自をタイにした意図がわからずにいる。
設定としては結構面倒な事をしているわけなので、今後の展開に様々な深みがでることが予想されて楽しみではある。


『レンズの時間 Vol.2』
c0022635_18021421.jpg
書店で書籍購入。
『 Vol.1』も出ているのだがKindle版が出るのを待っていたら買う機会を逸してしまった(笑)。
『 Vol.2』が出たので立ち読みして即購入。
オールド・レンズの作例多数とレンズ、カメラなどの薀蓄の内容が濃い。
読んでも見ても楽しい。
冒頭の熊谷聖司という写真家の作品がまたなかなかのもので、写真集を買おうかなと思っている。
こういうムックを読んでしまうとまたまたレンズが欲しくなってしまうな(笑)。


先週は映画を観なかった。
安田顕の『俳優 亀岡拓次』には惹かれたが、機会があったら今週以降に観てみたい。
が今週末から『オデッセイ』が始まるんだよな。
近場に映画館があってもそこそこ売れ線のものしかかからないからなあ。

というわけで今週はこんなところで(笑)。

by 16mm | 2016-01-31 19:17 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(4)
Commented by caffe3 at 2016-02-01 03:02
毎度パカ助深夜も御盛です。

花粉症・・・・  25年ほど前に発症しました。
私の場合は隔年で症状がでまして、今年症状出るなら来年は出ない
そしてまた翌年症状が出る と。
そして3回症状が出た後はピタリと影を潜めもう20年は発症していません。
なんか対策をしたのか? と聞かれると症状の出た年は
鼻の下が荒れない高級テッシュを日に一箱以上消費する!
くらいでした。 

ストーリー漫画の一コマ 私も激しく同意です
近くこの画像をパクらせて頂き一ネタ書きたいと思いますm(__)m。
Commented by 16mm at 2016-02-01 08:48
■re:パカ助さん
花粉症が消えた!!
なんて羨ましい。
この季節、日本中の杉を焼き払いたい衝動に駆られます(笑)。
なんでしょうね。
その理由がわかれば日本中の鼻水タレ男や鼻水タレ子から賞賛されると思います。
私も恐らく土下座して足の裏でも鼻の頭でも舐めます(笑)。

>ストーリー漫画
ネタ、楽しみにしています。
Commented by chata at 2016-02-07 23:25 x
ヤング白竜イケメンすね。
後に折檻マンと名乗るようには見えんのですがw
Commented by 16mm at 2016-02-07 23:41
■re:chataさん
ヤング白竜編、結構長く連載されてますが、ちゃんと着地できるのか不安ですw。


<< 『俳優 亀岡拓次』 『ザ・ウォーク』 >>