『東京BONごはん~おウチで作る名店の味』『はだかの林檎』『ジャパッシュ』

先週土曜日、ヘアカット。
いつものように普通の人が痛くてやらないほどのブリーチをして、二週間ほどでで抜けちゃうけどシルバーでアッシュなナイスカラーリングをしてもらう(笑)。
こういう時にドMは有利だと思う(笑)。
有利になっても特に良い事があるわけではないが(笑)。
ちなみに二週目以降は金髪の中年チャラ男になります(笑)。
見てくれだけ。


本日日曜日、岩盤浴、ストレッチ。


もう旬を過ぎたネタではあるのだが
c0022635_18033711.png
桂文枝と紫艶の話である。
桂文枝にはまったく興味がないのだが、その愛人と言われている紫艶という女性、オイラ写真集もってたわ(笑)。
たしか紫艶のヌードがカメラ雑誌に掲載されて、それが気に入って写真集購入。
c0022635_18122020.jpg
『紫艶―Kiss me』っちゅう写真集。
2001年に発売されたと。
ああ。
隔世の感があるなあ(笑)。
爆乳でスタイルが良くてお顔立ちがオイラ好みで(笑)。
撮影場所もなんかヨーロッパ風の景観だったかしらん?
写真集のルックも込みでカッチョよかったという記憶がある。
それがあんな落語家のロリコンジジイに(笑)。
まてよ。
同じく紫艶が好みだとすれば、オイラ、落語家のロリコンジジイと同じ嗜好ということか(笑)。


中居正広が熊本で炊き出し
c0022635_22542114.jpg
良いヤツだ。


『東京BONごはん~おウチで作る名店の味』
c0022635_18525527.jpg
AmazonでKindle版購入。
本作、ページ内の情報量が多いので、所謂週刊漫画誌の見開きで大ゴマで
「いっけ〜」だの
「あべし」だの
「ギャラクティカ・マグナム!!!!」
「な、なにぃ」
「ズガシャ〜ン」
だのの大味なセリフや擬音に慣れちゃってると読みにくいかもしれん(笑)。
本作はフリーハンドのやわ柔な線が作風にベストマッチング。
作者の入江喜和って"食"というテーマを常に作品に入れ込んでいる。
働いたり、怒ったり、笑ったりするための根源としての"食"がテーマなのだろう。
通常マンガでも映画でも"食"をテーマにに据えてない限り、食事の描写ってあまりみない。
食べるって非常に動物的な行為であるという意味ではセックスと変わらない生々しさがある。
だから作品をスタイリッシュにキメたいと思うときには食事のシーンって実はあまりなかったりするんだと思う。
入江は本当に食べるということが好きなんだろうね。
作品では離婚などの重さを描いているものの、それらに立ち向かう糧としての"食"を魅力的に描写している。
フワフワしたファンタジーの感じをもあるんだけど、それをリアルに地に足のついたパワフルさも併せ持っている。


『はだかの林檎 1』
c0022635_19264290.jpg
AmazonでKindle版購入。
毎週立ち読みで『白竜LEGEND』読んでいた"オレたちの『週刊漫画ゴラク』"に、まさか山崎紗也夏の作品が載っていたとは(笑)。
c0022635_19560830.jpeg
しかも"オレたちの『週刊漫画ゴラク』"に相応しい、セックス漫画。
ほぼ全篇セックスですよ奥さん(笑)。
いくら"オレたちの『週刊漫画ゴラク』"で描いている男の作家だって全篇セックスで通す漫画なんて他にはない。
女性作家がアウェーでの作品執筆で極端に走ったか?
本作、セックスをテーマの中心に据えながら、男と女の間に恋愛の過程で培われる絆という愛情の芽生えというものも同時に描いている。
男の作家の多くが恋愛感情抜きで女とセックスして征服感を主に描くことへのアンチテーゼというか。
本作でも主人公の女は恋愛感情抜きで男と寝るわけだが、そのうち男に対する情が湧き、それが所謂恋愛漫画のような瑞々しい感情がお互いに芽生えていく。
男のオイラが単純に考えると、言うてもやっぱり女性ってセックスに感情が伴いたいと思っているんだなと思った次第。
まあそんな単純なものではないのかもしれんが。
本作の女主人公はセックスの時に男の上に乗って主体的に感じたいと思っていて、過去それをやったがために男に振られたということがあったと。
男のオイラからすると女性が上になってガンガン腰を動かしてくれたら楽で良いなと思うんだが(笑)。
なんつーか、男マグロって楽チンじゃんと思うわけなんだが。
でもアレか、唐突に女が性欲を露わにすると男の腰が引けるという事もあるよな。
男が作り出した物語として女をイカしてナンボというものがある。
それはおそらく意識してもしなくても男の女に対する征服欲に直結している。
女をイカすためにはチンチンが勃たなくてはならんのだが、基本男のチンチンはその気にならないと勃たないもので。
つまり、男がその気でなかった時に女性が主体的に性欲を露わにした時に、男は女をイカせる準備ができていないという事になる。
更に言えばセックスを男主導でのみ考えている男にとって女性が主導権を握ろうとする行為が、「女は男がその気になった時だけ性欲が湧いて、それを受動的に受け取るのみ」という物語が瓦解するわけで。
もっと端的に言えば、男は常に女性に性欲を露わにされた時にチンチンが勃たなかったらどうしよう、という恐怖感を持っているものだと思うのだ。
まあオイラも男の端くれではあるわけだが、この手の男の物語ってのはやっぱり安っぽいよなと思う。
結果的には女性をモノにしか見てないということ。
感情のない人形にしておきたいということなんだと思う、極端に言うと。
最近の女性作家の多くがその男の安っぽい物語を正すような作品を描いているので、男のオイラはそれらを読むことで男の一方的な物語を修正しつつ、やっぱり女性は優しいなあ、敵わないなあと思う次第。
本作の山崎紗也夏、もともと画が上手いし、画にエロさもあるので更に続きのシリーズとして読んでみたいと思っている。


『ジャパッシュ』1巻2巻
c0022635_20463609.jpg
ebookjapanで購入。
今年の4月3日に亡くなった漫画家、望月三起也の作品。
YouTubeで町山智浩が望月三起也の作品で比較的短い作品として紹介していたのが本作。
予言された人間が日本を、世界を支配していこうとする過程と挫折を描いた一種のピカレスク作品。
c0022635_22191512.jpg
上の画像が本作の主人公である日向 光。
悪魔的な才能と美貌の主人公が権謀術数を駆使して警察権を獲得する。
この主人公、イケメンなのでまず周りから好かれるわけ。
まあ、男も女も老若問わずにたらす、"ひとたらし"なわけ。
で、もう一方の主人公である
c0022635_22253018.jpg
石狩 五郎。
凶相というか、幼少時に幼なじみであった日向の策謀で大怪我をした時の傷が顔に残っている。
この傷のおかげで周りから悪人にしか見られないというハンデをしょっている。
ひたすら日向への復讐と日向によってもたらされる災厄を防ごうとしていた。
前述したとおり日向の見た目の良さと行動力で彼は民主的に日本の独裁者に登りつめていく。
しかし最終的に日向の武器の一つである美貌が通じない相手に殺されて彼の策謀は潰えるところで本作は終わる。
本作のすごいところはいろいろあるんだが、まずこれが1971年に週刊少年ジャンプ誌で連載されていたという事実(笑)。
週刊少年ジャンプの三大原則ともいえる"友情・努力・勝利"のすべてにおいて逆を張っている作品。
日向のコスチュームは楯の会っぽいし、自衛隊のクーデターやらと、ネタが非常にポリティカル。
『時計じかけのオレンジ』にも似たピカレスクな物語でありながら、スタンリー・キューブリックの映画が公開されたのは本作が連載終わった次の年。
まあ『時計じかけのオレンジ』の小説の方はそのずっと前に出ていたとおもうけど、やはり時代の空気というものが色濃く浮き上がってる。
この作品、人気的にはかなり高かったらしい。
昔はジャンプの読者でもこういう作品を読みこんでいた人がいっぱいいたというのが衝撃だね。
更に言えば日向率いるジャパッシュが民主的な手続きによって独裁を敷いていくという物語の恐ろしさ。
破壊的な若さのエネルギーが人類の破滅を加速させる。
民主主義を使って。
盲目に民主主義を礼賛することへの警鐘がすでに70年代にもあったんだな。
今から40年以上も前の作品でありながら、今読んでも全く古びてない。
やっぱり望月三起也はホンモノだったんだな。
本当に今更だけど、本当に惜しい作家を亡くしたもんだ。
合掌。


今週末は歯のメンテナンス。

by 16mm | 2016-04-24 22:50 | | Comments(4)
Commented by chata at 2016-04-24 23:21 x
紫艶の写真集所持に嫁が「マジかw」と爆笑しとりますw
中居さんリスペクト(・∀・)
Commented by 16mm at 2016-04-24 23:32
■re:chataさん
いや〜、こんなことになっちゃったけど、最初に見た時は本当に魅力的だったんですって。
マジに(笑)。
と、奥様にお伝えください。
なんなら今度お会いする時にお持ちして無理やりお見せせいてもいいですよん(笑)。
Commented by パカ助 at 2016-04-25 14:09 x
毎度週末疲れが抜けきらないパカ助で御座います

三枝・・・・ この人の落語は2・3作品ほど聞きましたが・・・・
新婚さんいらっしゃいのどうしようもないズッコケ方同様の噺に開口したままになりましたねぇ
一時話題になったお相手はこんな女性だったんですね 初めて画像を拝見しました。
ロリコンジジィは酷すぎますよ その芸に見合ったお相手ではないですか(笑)

私は超ド級のSだと言われますが原液ブリーチもへっちゃらです 単に面と頭皮が分厚いだけとも言いますが(笑)
Commented by 16mm at 2016-04-25 14:36
■re:パカ助さん
女性が好きになるような男なわけなので、きっとオイラにはわからない魅力があるのでしょうが(笑)。
この女性の写真集がカッチョよかっただけに悔しいことこの上なし(笑)。

果たして、自分で自分を原液ブリーチで痛めつけるのは
「オラオラ、頭皮に開いている穴という穴に現役ブリーチブッコむぞゴルァ」
という自分に対して攻撃的になるドSの感性か?
それとも
「ああ、アツい。原液ブリーチが毛穴に染み込んでいって、う、うれしい」
というドMの感性なのか(笑)。
私は後者でありますがw。


<< ドラマ24『アオイホノオ』『テ... 『ボーダーライン』 >>