『シン・ゴジラ』

先週金曜日、会社の残業時間調整で有給で休み。


先週金曜日、朝から銭湯でストレッチ、日光浴。
結構日差しが強かったが週一で日光浴をやってきた所為かある程度紫外線の耐性がついていたので火脹れだとかにはならず。
それでも皮膚の表面がヒリヒリし始めた頃に退散。
チンチンのあたりはタオルをかけているのだが、そのタオルを取って紫外線に晒したら黒光りのまあ豪華なモノになるのかしらん、などと考えてウトウトする(笑)。


先週土曜日、歯のメンテナンスと治療。
なんという部分の歯か分からぬが右上の真ん中辺の歯(笑)。
すでに神経取っているんだが歯の根っこが残っていて、その上に義歯を被せていたのだが、それが取れちゃってた治療をここ数週間やってもらっていた。
その土台となるべきものを建ててもらって、次回その上に義歯をかぶせることになるようなのだが、その根っこもかなりユルユルらしい(笑)。
そこをなんとか被せてくれるようだが、まあそのうち部分入れ歯っぽいものになるのだろうと思われる。
「前から見ても歯がないのがわかりにくい箇所だからないまんまではダメなのか?」
と、いつものように美形で剽軽な歯科衛生士女史に聞いたところ、上の歯がないと下の歯が伸びてっちゃうらしい。
そのた歯が一つないだけで周りの歯ならびが変わっていき、噛み合わせの問題も出てきてエライことになる、と。
治療後、先生と雑談。
やってはいけない動画のデータについて「聞いた話によると」という言い回しで色々教えてもらう(笑)。
次回はお盆休み中の金曜日の予定である。


今週は"山の日"(ずっと"海の日"だと思っていたw)の祝日があるのだが、おそらく出勤予定である。


先週土曜日は8月6日。
オリンピックの開会式の日、などという浮かれた気にならず。
というよりもオリンピックに1mmも興味ないしな(笑)。
日本人なら広島に原子爆弾をアメリカから撃ち込まれた日として覚えておくべきだろう。
その上で浮かれた生活をおくればよい。


『4DXデジタルシアター 』
c0022635_16284375.png
地元の映画館に4DXのシステムが導入されたので、まあいい機会だから『シン・ゴジラ』で試してみることにした。
まあ4DXの評判やどんなものかはなんとなく知っていたので、『シン・ゴジラ』だったらこの手のアトラクションにピッタリだろうし、オイラの作品に対する期待値も高くないので今回の体験と相成った。
と言ってもですよ、期待値低めの映画なのに4DXって2800円も取るんですよ奥さん(笑)。
さらに言えば、オイラ勘違いしてたんだが、4DXの画面ってiMaxなみのスクリーンで観るもんだと思ったら、席数が100人チョイぐらいの小さいシアターなのだ。
よくよく考えたらさ、そんな何百人単位の劇場内にある椅子やらなにやらを動かすのは物理的にかなり難しいよね(笑)。
画面の状況に合わせて水しぶきが顔射されたり(笑)風やら煙やら香りやらを観客にあびせかけるなら、比較的こじんまりとした空間であるべきなんだろうな。
そしてまず、通常のシアターのように私物を持ち込むことができない
椅子がグラングラン動くからそれにバックなんかが挟まっちゃまずいということであろう。
オイラ地元の映画館ではシアターの前にコインロッカーがあり、そこに私物を保管していおくようになっている(料金は100円なのだが、ロッカーを開けるときに戻ってくるシステム。つまり無料のコインロッカーね)。
で、特に言われてなかったんだけど、このシステムって途中でトイレに立ったりすることが難しいんじゃないかね
椅子の揺れ方も座っている腰の位置がずり落ちてくるぐらいの動きなのでかなり激しいと思う。
案の定、上映が始まってノタノタ入ってきたバカが一人いて、そいつがガシャガシャとお菓子の入った袋が煩い上に、シートが揺れてるからなかなか座れずシートの前で棒立ち(笑)。
後ろの観客からブーイング(笑)。
そりゃそうだ。
後ろの観客はバカが棒立ちして画面が観えない上にガシャガシャうるさけりゃオイラも殺意が湧くよ。
んで、そのバカは揺れが収まるシーンまで係員に腕を引かれて通路脇に立っていることに。
なんか上映が始まっても係員が二人ぐらいいるみたいね。
更にさ、これも規制の対象にはなってなかったけど、飲み物やポップコーンも跳ね上がるんじゃね(笑)。
飲み物は劇場で買ったものなら蓋つきのストローで飲むやつだからあまり問題ないかもしれんが、ポップコーン抱えてたらどうなったことやら。
そもそも私物が持ち込み禁止なのに食物飲み物が持ち込み可ってのはどーなのよ。
その他、シアター内の仕掛けについて。
水しぶきというかミストが前の席の背から噴出されるのであるが、これは手元のボタンでオンオフの切り替えができる。
メガネに水玉がつくような顔射であるのだが、シアター内が乾燥している所為か比較的すぐ乾いて気にならなくなった。
送風の仕掛けが足元であるとか顔の横だとかにあって、足元の送風は結構気持ちよかったりする。
顔の横の送風は劇中でバルカン砲が撃たれたりすることろでシュッシュッと短く風が吹いたりする。
さらに爆発のシーンではフラッシュが焚かれ、スクリーン近くでがあがったりもする。
ゴジラの足音とシンクロさせてシートが振動したり、戦闘ヘリや戦車が旋回するたびに大きく揺れたり。
遊園地の"コーヒー・カップ"ぐらいの動きの強さを想像してくれればいいかな。
ジェットコースターほどの絶叫的な動きではない。
バルカン砲の掃射の時に背面でゴツゴツとシートが背中を叩く仕掛けがあったりね(笑)。
ところで疑問なのだが、このシステムで行われれる仕掛けは、例えば『シン・ゴジラ』なら庵野秀明の監修で行われているものなのか?
それとも本編の映画とは関係なくどこぞの馬の骨が
「この戦車の信地旋回はものすご〜く揺らしてやれ」
などという勝手な解釈で行っているのだろうか?
これはオイラの考えであるのだが、映画を観るということは受動的であらねばならないということだ。
徹頭徹尾、その映画を作った映画監督の思想なり世界観なりを観る側が受け止め、それに同意したり反感をもったりして楽しむのが映画。
なので肯定的であれ否定的であれ、映画を製作した人間以外が勝手な意図で足したり引いたりしてはいかんと思うのだよ。
画面との臨場感を上げるために一瞬でも画面が観えなくなるフラッシュの効果や、若干スクリーンに影を落とす煙など、映画を製作した庵野秀明なり樋口真嗣なりが演出として設計したものであるならまだしも、映画とはまったく関係ない人材が勝手に観る側の印象を操作するなんてことはあってはならん。
その昔、短編映画で物語の分岐でどちらに進むかを劇場にいる観客に手元のボタンを押させて多数決で決めていくというものがあったが、それはもはや映画ではない。
演出家がどうしていいかわからないから多数決で決めてくださいなんてのは映画として物語自体をあやふやにしているだけだ。
映画というのは、映画を作った人たちが自分たちが作ったカッチョいい映画を「どうだ」と言わんばかりに観客に見せつけることであり、観客はそれを「カッチョいい」とか「カッチョ悪い」とかの感想を持つ権利があるだけで、カッチョ悪いから観客であるオイラがカッチョよく編集し直してやろう、などというのは言語道断なわけ。
今回の4DXについても、普通のシアターで落ち着いて観ていたら余韻に浸れたり、台詞を観ている時に反芻して楽しむこともできたかもしれないのに、シェットコースターに乗ってる状態では映画を落ち着いて観ることはできんだろう。
今までの映画体験というのとは異質なものであるということは言える。
こういうのはたまにしか映画館に行かない人が、"映画館に行った"という印象を強く残したい為のアトラクションだと思う。
オイラとしては今後この手の仕掛けにフィットするような映画があったとしても、通常上映のシアターで観ることにするだろう。
4DXはオイラが望む映画館での映像体験とは別のものであり、オイラにとっては無くてもいいものだということだ。


『シン・ゴジラ』
c0022635_19435673.jpg
ネタバレあります。
『シン・ゴジラ』をこれから観るつもりの人は読まない方が良いと思います。
とりあえずフラットな心持ちで観た方が良いです。
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
4DX鑑賞。
早々に言っておくが、面白かった。
最低限入場料分の価値はあります。
ただですね、ひっじょうに面倒くさい話ではありますが、この面白かったというのは他人様から
「『シン・ゴジラ』ってどうよ?」
って聞かれたら
「面白かった。入場料は無駄になんないよ」
とは言う。
世間的な評判もすごぶる良さそうだしね。
しかし、好きな映画かと言われれば、
「好きにはなれなかった」
と応えるだろうね(笑)。
ね、面倒くさいでしょ(笑)。
面白かったところをツラツラと上げていくとなんといっても
c0022635_19592094.jpg
市川実日子がいいねえ(笑)。
キリっとした面構えの知的さと真面目さ故の無愛想さ。
環境省の課長補佐だとかの役。
上映中ずっと仏頂面だったんだけど、最後の最後でちょっとだけ笑顔になるというのも良い。
市川実日子がすごくカッチョよくてねえ。
彼女だけでも観る価値はあったかなあ。
c0022635_20073076.jpg
それから、某友人にクリソツだと思っている(本人はどう思っているのか知らんw)津田寛治。
劇中で集められた異端者の集まりは皆個性的で良い顔してるんだけど、その異端で良い顔で良い演技をしていたのが津田寛治かな。
c0022635_20160176.jpg
生物学者役で映画監督の塚本晋也。
この人、映画監督でありながら役者もやってる人なんだけど、やっぱり存在感のある良い顔だよな、昔っから。
そういう意味ではキャスティングは部分的であれかなり良い感じだと思う。
c0022635_20202507.jpg
ヴィジュアルも実景とミニチュアを上手く取り入れつつゴジラの巨大感を出す工夫は素晴らしかった。
上の画像もそうだが、カッコいいアングルでカッコよく映像にしている。
庵野秀明と樋口真嗣の真骨頂ともいうべき能力の高さ。
c0022635_20244362.jpg
土手に自衛隊の戦車を並べて、ターレットを動かし、信地旋回し、キャタピラが音を立てて動く様の燃える事よ(笑)。、
ミリタリーが好きで詳しくて、動かした時の格好良さを知っている人間だからこそできた映像だ。
「自衛隊を使った戦争映画みたい」
と本当にワクワクしましたですよ。
と、ここまでは面白く感じた部分ではあるんだが、それは観る前に本作の期待値がものすご〜く低かった所為もあるんだよね。
そもそも
c0022635_20303121.jpg
この本作での総監督(この名称も勿体つけて非常にイラっとするのだがw)である庵野秀明。
出自はメカニック専門に突出したアニメーターだった。
このメカニックの描写の凄さは『王立宇宙軍』の作画で残っている。
メカニックは素晴らしい反面人間が描けないのに『トップをねらえ!』ってアニメで監督やって、オイラなどは絶対つまらないとタカをくくってたら、コレがかなり面白かった(笑)。
んで、その後色々あって『新世紀エヴァンゲリオン』で
「コイツ、ホンモノだったんだ」
と、オイラを含めたボンクラなオタクに衝撃を与えたわけだ。
で、その後調子に乗って実写映画を3本撮る。
一本目は出演者全員が黒歴史にしていると思われる(笑)『ラブ&ポップ』。
村上龍の原作小説を翻案した映画なのだが、コレ、オイラ結構好きなんだよね。
ものすご〜く気持ち悪いことをカッコよく映像にしているなかなか良かった。
で、その後、『式日』と『キューティーハニー』なのだが、『式日』なんて映画監督の岩井俊二が主演してるし、『ラブ&ポップ』の後なのでかなり期待していたら本当に殺意が湧くほどくだらなく(笑)。
DVD購入した翌日に売りにだしたわよ(笑)。
簡単に言えばバカが押井守の真似をして失敗してるような映画というべきかね。
もう一人
c0022635_20465457.jpg
本作の監督・特技監督といういったい総監督とどっちに演出の主導権があったのかわからん肩書きの樋口真嗣。
この人はもともと特撮監督としてかなり優秀な仕事をいくつもこなしてきた。
そういう意味では架空のものをリアリティを出して映像にするのがとてつもなく上手い。
ただここ数年劇映画の監督をしているんだが、面白いのもあるんだけど、それを帳消しにするような実写版『進撃の巨人』で思い切りメッキが剥がれちゃった(笑)。
とまあ、演出にこんなどうしようもない奴らが二人だったわけで期待値も下がろうってもんだ(笑)。
だいたし本作のタイトルである『シン・ゴジラ』の"シン"って何?
樋口真嗣のシンか?
この"シン"って"新"でも"真"とでも取れるようにのタイトルなんだろうけど、ものすご〜くあざとく感じた。
勿体つけてる割にはおそらく意味なんてないんじゃないかね。
なんか意味深に勿体つけたほうがカッコイイんじゃないか、というさ。
さらに言えば
c0022635_20595002.png
この最初に出たコピー。
現実とか虚構とか、いつの時代の押井守だよ(笑)。
映画でゴジラが虚構ならその世界観の中にいる日本だって虚構だろう。
映画で描かれていたような日本が現実なら虚構であるゴジラとでも戦っていける、と思っているならかなりおめでたい。
本作の閣僚やら官僚の描写がイラっとするぐらい呑気なんだよな。
内閣総理大臣臨時代理とやらが話し合いかなんかが長すぎて
「ラーメンのびちゃった」
なんて呑気なこと言ってるわけ。
東日本大震災でも熊本地震でもまともに食えない人がいて、そういう人からすればのびたラーメンだって腹の足しにするわけで。
オマエなに、地震以上の災厄であるゴジラが来てる時にラーメンがのびたのなんだの言うわけ。
そもそもその非常時に一杯のラーメンがどうやってそこにたどり着いたかを思いめぐらすこともできないほど緩んでる。
出てくる若手の政治家や官僚なんかのセリフもさ、将来キミが大統領でボクが総理大臣、だとか、幹事長でいいよ、とかさ、とてつもない災厄のなかであっても権謀術数ができるのが政治家だとでもいいたいのかね。
こんなダラけたのが"現実<ニッポン>"だとしたら"虚構<ゴジラ>"に食われちゃえばいい。
映画の製作者達は現実が虚構を打ち負かすことを想定しているんだろうけど、オイラはまったく太刀打ちできてないと感じる。
クライマックスでゴジラをビルの瓦礫の下敷きにして動けなくなったところを建設機械的なポンプ車を動員して、血液凝固剤をそのポンプ車からゴジラの口に経口投与するというアっとおどろくバカげた作戦をするんだけどさ、そもそもゴジラが通っただけでも相当な瓦礫のある街中でしかもゴジラを動けなくするためにさらにビルを爆破してるわけじゃん。
車がとてもじゃないけど通れないような瓦礫まみれのはずだよ。
建設重機の車両といえどもさ、その瓦礫のなかを迅速にかいくぐってゴジラに到達できるわけないじゃん(笑)。
でも普通にポンプ車がゴジラのところについて作業するんだけど、最初の投与では足りなくて、そばにいた車両全てがゴジラによって薙ぎ払われるわけ。
このバカな作戦の責任をちゃんととるんだろうな(笑)。
とにかくさ、上手くいってるところもあるんだけど、リアリティーのレベルがちぐはぐすぎる。
たとえば戦車にしたって、通常運用なら戦車って現場まで自走することはないんだよね。
戦車を乗っけるキャリアで現場まで運んでいくもんだと思うんだけど。
この辺りの描写って押井守の『機動警察パトレイバー 2 the Movie』ではきちんとやってるんだけどね。
戦車を土手に配置してリアリティをだしておきながら、それに付随する要素はおざなりにしている。
オイラとしてはそのリアリティを出すならもう一つ要素を足すべきだという部分が足りてないから、やりっぱなしで嘘くさく感じちゃう。
前述した"シン"問題にしても劇中で使われる景気の良い音楽が

伊福部昭の『宇宙大戦争マーチ Battle in Outer Space』だったりするわけ。
そりゃ名曲だから気分はアガりますよ。
絶対アガる曲だからさ。
結局昔のものに頼ってるだけで、フレッシュさがまったくない。
一事が万事、こんなありさまでどこが"シン"なわけ?
この使い方もクラッシック的な曲を上手く使っているだろうオレ、みたいな気分が見え隠れして本当にムカつく。
オイラは庵野よりは歳は下だけど、この曲知ってるからね。
だから他人の褌つかってるようにしか見えんわけよ。
新しい曲で盛り上げてみろよ。
岡本喜八監督を写真でだしたのも
「この人誰だか知ってる?」
ってな感じで出してるのが見え見え。
とにかく庵野秀明の頭良さ"気"なところが本当に鼻についてさ。
どうやっても押井や宮崎駿にはなれないんだからさ。
バカなオタクがバカなりに誠実に映画をつくりました、という体であった頃の『トップをねらえ!』を監督した時に戻ってもらいたいと切に願う。
というわけで本作、Blu-rayを購入することもないだろうし、再見することもないであろう。

by 16mm | 2016-08-07 22:14 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/25880546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by パカ助 at 2016-08-09 17:00 x
毎度パカ助オリンピックと高校野球で寝不足&体力消耗の極致で御座います。

オチンさんの黒光りは適度にやめておかないと”ただ汚い”ものになります(笑)。
ちなみに私は何にも耐性が高いらしく全くの病気知らず怪我知らずでして
中東でのどが渇くと生水をがぶ飲みしても何ともなく
少々の薬品を飲んでも、直接触れまくってもケロッとしております。
ただしフレーク状のドックフードは吐き出してしまいました
ただ不味かっただけですが(笑)

八月六日の捉え方は同感ですね オリンピックは深夜地球の裏側でやってることに
最大の意味があるのです。
世界中のアスリートが集まり最高の技を競い合ってる
しかし真裏の日本人はそのほとんどが寝てる しかし睡眠をあまり必要としない俺は
テレビをザッピングしまくってそれを官能している
あぁ~ 俺って贅沢 これが大事です(笑)
過ぎ去りし日は・・・・・ 原爆投下はれっきとした犯罪行為でありますが
さはさりながら、シナ公の船舶が領土内を往来し
northチョンにはミサイルを撃ち込まれ・・・・
講義で良ければ岸田も忙しんだから俺が代わりに言ってやろうかと思い
着弾したところに漁船が居たわけでもないから攻撃ではないって・・・・
それならお前の家族の真横に着弾しないように機関銃連射してやろうか!
攻撃じゃあないぜ! と悪ぶってやろうかと・・・。
あぁ 嘆かわしい。


映画考察とても参考になります<m(__)m>


Commented by chata at 2016-08-10 00:06 x
津田?ですw トップをねらえ良かったですねぇ~
LINEの確認お願いしまっすー
Commented by 16mm at 2016-08-10 06:56
■re:パカ助さん
チンチン、汚くなっても現状単なる泌尿器でしかなく(笑)、なかばヤケクソになっているようなものでして(笑)。
しっかし、恐ろしいまでの体力ですなあ。

オイラはオリンピックに限らずスポーツ全般に興味がないのでまったく観ていないです。
ふと思ったのですが、オリンピックに出るような人達って運動選手として最高峰の人達だと思うんだが、特定の競技に特化するためにものすごく健康面に気を使っているわけではないですか。
食い物とか疲労の軽減であるとか睡眠とかetc・・・。
つーことはものすごーく極限までデリケートに作られた肉体なわけで、賞味期限が切れているものやジャンクなものを食べたら(当然絶対食べないだろうけどw)すぐ体調を崩すようなもやしっ子達なのではないだろうか(笑)。
健康のために運動、ってのも極端に振れるとひ弱になるのかなあと思ったりしてます。

中国人とか韓国人もね、個別で付き合うと礼儀正しくいい人が多いんだけど(アメリカ人もそうだけど)、国家単位だとどうしてこうもああなんだろうとは思いますねえ。

映画については、お恥ずかしい。
暇つぶしにしていただけてるなら幸いでございます。
Commented by 16mm at 2016-08-10 07:03
■re:津田さん(笑)
たまにしかお会いしないからchataさんが津田寛治に似てると思ったのであろうか?
津田寛治って仮面ライダーに出ていた人ってのは知ってるんですが、オイラとしては北野武監督の『ソナチネ』に津田って役名でチャラ男の役で出ていたのが印象的でしたかね。

すいません、自宅に帰れず池袋泊をしていたもので(笑)。
早ければ本日夜にでもLINEを確認させていただきます。
すいません。


<< 『その男、凶暴につき』 『ファインディング・ドリー』あ... >>