『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ハドソン川の奇跡』

先週土曜日、銭湯に寝湯とストレッチ。
寝湯も身体半分が湯から露出しているんだけど、かなりあったまるね。
雨が降っている露天でクールダウン。


近くのホームセンターで巻尺を購入。
c0022635_17285678.jpg
原度器:プロマート マグネシウム25 5.5m MGN2555 型式:MGN2555。
3000円ちょい。
仕事で長さを測るのに地道に30cmの定規で測っていたのだが、常々効率が悪いと思っていたのでこの機会に購入。
ホームセンターにはnerfのリペイント用のスプレーが売っているかしらん?と思ってい行ってみたのであるが、欲しいメーカーのものがなく断念。
やはりAmazonで購入せねばなるまい。


『こち亀ジャンプ』
c0022635_17355073.jpg
AmazonでKindle版購入。
ジャンプ所縁の漫画家が寄稿している両さんのイラストがあるのだが、その中でも
c0022635_17454936.jpg
鳥山明のイラストがダントツ。
この人は似顔絵を描こうが、他の漫画家のキャラクターを描こうが自分の独自のタッチを自然に出してくるところがすごい。
やっぱり神がかり的な上手さだよな。


『こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 (ジャンプコミックスDIGITAL)』
c0022635_17493203.jpg
AmazonでKindle版購入。
所謂ひとつの記念購入である。
他所でも言われていることだが、久々に読んでみて主要キャラクター以外(部分的には主要キャラクターでさえも)は、ほとんど作者の秋本は描いていないんだなと思った。
主要キャラとモブキャラのタッチが違い過ぎるのだ。
着ぐるみを着ての物語など、作者のタッチが問題にならないものもあるしね。
いや、それを非難するというよりも、週刊連載を40年間休まず続けるということの内実に触れたような気がした。
無理やり週間単位での漫画制作というのを改めるべきだと思う。
歳食ったせいか、オイラなどは好きな漫画なら月刊だって待ち続けてられるしね。
本作の本編で言えば、最終回の一つ前の話が良かったかな。
オイラが思う『こち亀』らしさというのはこういうものだと思っていたから。


『たそがれたかこ(8)』
c0022635_18450433.jpg
AmazonでKindle版購入。
待望の新刊。
これを読んで女性を理解する手がかりにするつもりが、まったくもってなんとやら(笑)。
たかこ の言動や行動を男としてみると納得いくんだよね。
子を思う戦闘的なまでの親の気持ち。
これが女性になった瞬間に自分のイメージする女性像との乖離から理解が難しくなる。
女性への偏見だよなあ。
相変わらず出てくる婆さんの言動がいちいち頭にくるものの(笑)、そういうことも女性としては許容のはんいなんだろうな。
やっぱり女性の方が懐が深くて広いような気がする。
男よりも。
ところで先週、本作の作者である入江喜和のブログを読んでいたら、BRUTUS誌の「人間関係」という篠山紀信が著名人を撮影するページがあるのだが、そのページに入江喜和と旦那の新井英樹が顔見せしてると。
c0022635_19083273.jpg
dマガジンで見てみたらあったよありました。
新井英樹の顔は何回か画像で見たことがあったのだが入江喜和に至っては本人も言っている通り初のお顔見せ、らしい(笑)。
丸顔の可愛らしい感じの女性であった。
旦那の新井も丸顔の非常にいい顔で写っていたな。
私淑している作家の人となりが見れて満足であった。


『先生ごめんなさい 分冊版 : 7』
c0022635_19134631.jpg
AmazonでKindle版購入。
相変わらず分冊版で読み継いでいる。
ゆっくりと、そして確実に物語は進んでいる印象。
人間の心を描くものというのは必然的にホラーとなるのかなと、本書を読んで思う。


『銃座のウルナ 2』
c0022635_19201786.jpg
AmazonでKindle版購入。
本巻では主人公のウルナが信じていた世界の危うさが描かれる。
それまでウルナが認識していたものが根底から覆されるような事象が描かれる。
本巻全てを使ってウルナは拉致されっぱなし(笑)、で、いかにウルナが間違った認識をしているのか、しているかもしれない、ということが語られる。
綺麗は汚い。
汚いは綺麗。
SFという枠組みのなかで女性が見る戦争を描線とともに非常に丁寧に描いている。
続巻も期待するが、作者の他の作品も読んでみようと思う。


『プラネテス(1)』
c0022635_19274034.jpg
AmazonでKindle版。
一巻のみ無料の0円。
超お得である。
紙の単行本では全巻揃えているが、本作も電書で全部揃えるつもりである。


『おサルでワン!: (1)(2)』
c0022635_19365488.jpg
AmazonでKindle版購入。
いや〜、すっごく読みたかった本なのだ。
小林じんこ と言えば1980年代中盤にヤングマガジン誌でヒョロっとした端正な描線と乾いたユーモアのラブロマンス『風呂上がりの夜空に』が大好きだった。
小林じんこ が作品中で爆風スランプを押してたからオイラも好きになったんだよな。
なので作者の小林じんこ がどんな人となりをしているのか、野次馬的に興味があって電書ででないかなと待ち構えていたのだ(笑)。
出て良かった〜、読めて良かった〜。
小林じんこ の結婚生活を描きつつ大部分を子育てをネタにしたものにしている。
この手の子育てものを見るたびに、「食べちゃいけないものを食べたらどうしよう」とか「親の眼をつつく事をやらせない為にはどう注意したものか」とか、とか、etc......
どうやって無知な赤ん坊に分別をつけさせるのかが不思議に思えてならない。
親の苦労ってのは並大抵ではないのだなあと思う。
本作の2巻目の最後の方で母親になった小林じんこ の思索が非常に感動的であった。
自分の存在というものを大きな流れの中にあるという認識を吐露したところがすごく良かった。
やっぱり小林じんこ はただ者ではない。
2巻の巻末に短編の『トレビアン・ナイト』が掲載されていて、これがまた切れ味するどい作品で。
所謂、「願いをなんでも叶えます」と言われた時、人間はどうなるのか、ということが描かれている。
主要なテーマは作中に出てくるヤクザの精(笑)の話なんだろうけど(笑)。
久々に小林じんこ の作品が読めて良かった〜。


『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
c0022635_20100865.jpg
Blu-rayで『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を購入したのでそれを再見する前に、その前日譚である『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』も再見しようという試み。
初見劇場で観て以来。
実のところ面白い映画だとは思いつつも、アベンジャーズという枠組みにいながらも主要な登場人物が各々自分の主張を曲げない自我の強い奴らの集まりで(笑)、誰が何を争点で対立しているのか掴みきれず(笑)、少なくともトニー・スタークが迂闊だったということは分かった程度だった(笑)。
そもそも"ウルトロン"って何?ってなもんだった(笑)。
が、今回吹き替え版で丹念に観たらこれがまた面白いでやんの(笑)。
各々の主張がちゃんと筋が通っているように思えるし、その対立構造についても非常に納得出来る。
土壇場まで対立してからの一気に和解に持って行って一致団結させる展開。
これだけの登場人物を配しながらものすごく構成が巧みだわ。
オイラがバカなのは認めるが、やはり情報量が多すぎるよ(笑)。
次作の『インフィニティ・ウォー』への伏線まで張ってるんだもんな。
アメコミに明るくないから"インフィニティー"とセリフで言われてもよくわからんかった。
本作があったからこそ『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でのトニー・スタークの苦悩と世界に対する妥協をせざるをえない決断をすることに納得がいくんだよね。
Blu-ray、買おうかな。
まさかこんなに面白いとは思わなんだ。


『ハドソン川の奇跡』
c0022635_20425840.jpg
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
IMAXでの鑑賞。
少なくとも観て損はないという信頼感のあるクリント・イーストウッドの監督作。
主演はトム・ハンクス。
c0022635_21440914.jpg
2009年1月15日。
アメリカのニューヨークで起きたUSエアウェイズ1549便不時着水事故についての映画。
USエアウェイズ1549便が離陸後、バード・ストライクによって両側のジェット・エンジン全てが推力停止状態となり、機長の的確な判断と操縦技術によりハドソン川に着水。
着水であって墜落ではないと本作内でも言っている。
バード・ストライクから着水までの208秒。
緊急事態で冷静さを保ち、最善策を吟味する時間すらないなかで乗客乗員155名が一人も欠けることなく生還した。
まあ"奇跡"などと言ってしまうと単なる偶然、不幸中の幸的なことですまされそうだけど、操縦した機長であるチェスリー・サレンバーガーの技術と判断力があったからこそだと思うんだよね。
その辺りは本作でも機長が空軍にいた時のエピソードで高い技術をもっていたということも描かれている。
この全員生還ということで言えば世間的には人間離れした神業と見られてもしょうがないとは思う。
で、この神業というものを胡散臭いものとして考えるのもある意味当然のこととも言える。
人間がやったこのなのに、神様のようなことができるわけがない。
で、本作の悪役である国家運輸安全委員会の追求を機長と副操縦士が受けることとなる。
事故調査のシミュレーションで着水ではなく空港の滑走路までギリ飛べたんと違う?なんて難癖つけてきたわけ。
で、最終的にはそのシミュレーションそのものに現実的ではない誤りがあるということが指摘され、最終的には機長と副操縦士の判断は正しかったと立証されて終わる。
まあ、粗筋はこんな感じ。
全編ドキュメンタリーのような緊迫感で映画としての面白さは担保されていた。
イーストウッドだしね。
観ている間は機長達に難癖をつける国家運輸安全委員会の面々を、現場の状況もわからずなんて無理解な奴らだ、と思ったりもした。
劇中、機長の家のローンが、などの生臭い話にもなり(笑)、ますます国家運輸安全委員会がヒーローである機長を追い詰めているとしか思えなかった。
しかしね、神業を神業とせずに事故をきちんと理詰めで精査する態度というのは事故の再発を防ぐ上でも大事なことと考えれば、国家運輸安全委員会の立場というのもわかるんだよね。
"神業だ"とか"神風だ"とかいう単なる偶然でしかないことを重用するような態度というのは後年決定的な蹉跌を引き起こすというのは歴史を見れば明らかだ。
オイラはこの事故とその後に関してはまったく知らないので当てずっぽうで言うけど、映画の印象とは違い、当時このチェスリー・サレンバーガー機長は賞賛されこそすれ、非難する人間はかな〜り少なかったんじゃないかね?
劇中でも機長と副機長を疑っているのは国家運輸安全委員会だけで、ニューヨークの市井の人たちは皆サレンバーガー機長を賞賛しているわけ。
つまり、国家運輸安全委員会だって劇中で描かれるほど嫌味な感じで対応していたとは思えないのだ。
映画をドラマチックな物語として成立させる為の悪役として国家運輸安全委員会を無理くり設定したような気がするんだが、その辺りどうなんだろう?
クリント・イーストウッドはサレンバーガー機長の操縦の奇跡を際立たせる為に
c0022635_22471562.jpg
ありえたかもしれない
c0022635_22473837.jpg
大惨事の映像を挟み込んでくる。
旅客機、ニューヨーク、ビル郡の中。
これはさ、明らかに2001年9月11日の"アメリカ同時多発テロ事件"での世界貿易センタービルへの突入した旅客機に対する既視感の恐怖だよね。
ハドソン川の奇跡とはまったく関係ないんだけど、航空機の大惨事というものを印象付けるのに"9.11"を使ってるなあと思った。
オイラが思ってるぐらいだから、ニューヨークの人たちなんざ気持ちが粟立つぐらいじゃ済まないんじゃないかね。
これは単にオイラの思いつきで言ってるわけで、イーストウッドの本意かどうかはわからん。
あらかじめ言っとくとあの"9.11"の映像の恐怖を刷り込んで映像にするのはいろんな監督がやってるからね。
スティーブン・スピルバーグだって『宇宙戦争』で瓦礫の煙で真っ白になって逃げ惑う人々の描写を映画で描いている。
瓦礫の煙で真っ白になるなんてのは"9.11"以前にはなかった描写ではあるからね。
アメリカのエンターテインメントは古傷やトラウマも総動員して成り立っているということを改めて認識した。
とりあえず、映画自体は面白かったと言っておきたい。


今週末は歯のメンテナンス。

by 16mm | 2016-09-25 22:58 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/26011412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by パカ助 at 2016-09-26 00:09 x
毎度最近体の重いパカ助で御座います。

何かで知りましたこち亀が終わったと。 事実だったのですね~
この漫画は私が最後まで読んでた漫画ですね 高校生くらいまでかな?
それ以降もたまに手に取ったりしましたが(立ち読み)なんか女子供がわんさか出て来て
「なんじゃこりゃ? 結局そこに迎合しないといけいないのか?」と買ってもいない売り物の本を
棚に放り投げた記憶があります・・・(笑)
最終回に驚くより 「まだ連載されてたんだ!」 こっちに驚きました
あんな女子供が沢山出てくるようになれば早々に終了だろうと思ってましたから。
Commented by 16mm at 2016-09-26 06:01
■re:パカ助さん
とはいえ、『こち亀』はずっと続くもんだと思ってました。
オイラもここ数年は立ち読みすらしてなかったんですけどね。
派出所で起こる話だけでは展開に限りがあるもんだから、寿司屋をやってみたり、サブカルネタをだしてみたり。
連載当初からのレギュラーの金持ち警官、中川の性格が不自然なほど変わったあたりでついていけなくなり、単行本200巻目の内容ではキャラクターの台詞まで雑になっていました。
実は我々が思っている以上に作者は作品への愛着が遠のいていたのかなと、そんな風に思いました。
Commented by chata at 2016-09-28 21:41 x
アベンジャーズはヒーローがどんどん増えていきますねぇ・・・

LINE確認おねがいしまっすー
Commented by 16mm at 2016-09-29 06:19
■re:chataさん
おはようございます。
アベンジャーズもシビルウォーもそうでしたけど、出したヒーローにちゃんと見せ場と掘り下げてるところですね。
まあほぼオールスターキャストだから俳優全員に目配せせにゃならん製作者たちの苦労がしのばれます(笑)。

すいません。
昨日家に帰らなかったので見れません(笑)。
申し訳ない。
本日夜にはなんとか、したい(笑)。


<< 『SCOOP!』 Nerf ナーフ Zombie... >>