『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

先週土曜日、今年最後の歯のメンテナンス。
いつものように美形で剽軽なドS歯科衛生士女史に歯石を取ってもらう。
治療後に先生と少々雑談。
今年もお世話になりました。
来年も宜しくお願いします。


本日日曜日、銭湯でストレッチと寝湯と日光浴。


ゾクゾク Nerf リペイントできるかな?(笑)-05
c0022635_17062658.jpg
未完(笑)。
塗装にどうしても我慢ならず二度目の放棄(笑)。
マスキングをしてのスプレーでの塗り直しも、何度もやっていくうちにエッヂが鈍くなっていく。
やはり一度で塗装はキメねばならぬと猛省。
それとウェザリング以外での筆での着色はオイラのスキルからして止めるべきだと思った。
今後があるかどうかわからんが(まだスプレーも余っているw)しばらくやらん(笑)。
つーか色ぬりは楽しいが向いてないな(笑)。


年賀状の画像がまったく進まず。
いっそのこと今年は年賀状止めるかとも思うが、なんとか仕上げるべきだとも思っている。
なんとか今週中には。


『命を狙われる体験をしたので言わせて下さい。』
c0022635_17395596.jpg
AmazonでKindle版購入。
安斎かなえ の安定の面白さ。


『ベアゲルター(3)』
c0022635_17471525.jpg
AmazonでKindle版購入。
沙村広明の待望の新刊なのだが、前巻から本巻が発売されるまでのストロークが長くて内容の詳細を忘れている(笑)。
というかw物語の詳細がちゃんと語られていたかすらおぼえていない(笑)。
発刊の問題だけでなく、オイラの物覚えの悪さの問題とも言えるんだが(笑)。
それでも新刊が出たら買うのは沙村の画力の魅力に他ならない。


【映画予告編】『無限の住人』
c0022635_17592819.jpg
映画館での予告編で上映されていた。
関心したのは原作漫画の主人公の一人であるまん万次が背負ってる
c0022635_19394849.jpg
"卍"のマークって反転すると世界的に見てヤバイマークになっちゃう。
それを"万"の字をなんとなく崩し気味にして"卍"に見えるようにデザインしているのがいいなと思った。
この映画って昨年末ぐらいに撮影終わっていると聞いた。
来年の5月ぐらいに公開。
つーことはポスト・プロダクションに結構な時間をかけていると思われる。
その辺りは興味深いのだが、予告編を観るとキャストの雰囲気が原作の凄みにまったく届いていない。
映画から漫画にあった殺気がまったく感じられないんだよね。
予告編を観る限り、役作り、演出、演技、コスチューム・デザインでものすごく躓いているように感じる。
まあ来年の話。
一応観にいくつもりではあるが過度に期待はしないことにする。


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
c0022635_19530491.jpg
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
3D字幕IMAX版
微妙にネタバレしてますのでご了承ください。
c0022635_19565901.jpg
上の画像の本作のヴィジュアルを最初に観たのは、昨年末に公開した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開前であった。
タイトルに"ローグ"とつくのが納得してしまうようなヴィジュアルで期待がもてた。
あ、初のアジア代表
c0022635_20024646.jpg
ドニー・イェンも出てるんだと狂喜したよおぢさん(笑)。
実際本作でのドニー・イェンのアクションはカッコよかった。
ドニーのアクションが本作の唯一の目玉と言ってもいいかもしれん(笑)。
宇多丸のラジオ番組によると本作を観たリスナーの8割が絶賛だったとか。
そういうなかで本作をディスるのは如何に図々しいオイラでも勇気がいるもので(笑)。
はい、オイラは絶賛ではない2割の方でございます(笑)。
なんかね公開までの宇多丸と高橋ヨシキのバカ話の方が数億倍本編より面白かったように思える(笑)。
本作は1977年公開の一番最初の『スター・ウォーズ』である『エピソード4/新たなる希望』の冒頭の数分前までの事柄を描いたものだ。
なので公開前から言われていたことであるが、本作で出てくる登場人物たちが後のシリーズに出てきていないわけなので、おそらく皆んな死んじゃうんだろうな、という予想がなりたっていて、実際そうなるんだが(笑)。
その映画のクライマックスで、背後から赤いライトセイバーを振り回して反乱軍兵士を追い立てるダースベイダー。
それを反乱軍兵士達が命がけで得たデススターの設計図を文字通り命がけのリレーのバトンように繋いでいく様は感動的ではあった。
宇多丸が言うように彼らが繫いだのは劇中でも台詞として語られる"希望"なのであり、それは本作の次の物語である『新たなる希望』へと受け継がれる。
はっきり言って本作、前半から中盤が本当に退屈。
何度か観れば合点がいくのかもしれないが、初見だとワケのわからない場所で反乱軍やら帝国軍がワケのわからないことをしているとしか思えず(笑)。
正直途中で退席しようかと思うほどであった(笑)。
本作に出てくる有名どころの俳優の一人である
c0022635_20304001.jpeg
フォレスト・ウィテカー。
言うまでもなく存在感満載の重厚な俳優なのだが、コイツの存在意義がまったくない、というか、いなくてもいいじゃん、レベルなのよ(笑)。
フォレスト・ウィテカーのくせに(笑)。
これって昨年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』における
c0022635_20344380.jpg
キャプテン・ファズマの存在感と同じぐらいの見掛け倒し感であった(笑)。
その他の登場人物達も今ひとつ感情移入ができずに物語が進行して終わっちゃったと言うような感じ。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の登場人物達が感情移入も好感も持てたのとはまったく違う。
本作が名もなき人々の物語であるということを差し引いても、だからこそ感情移入が必要なのだと思うんだが。
公開前から言われていたが本作では他のシリーズにある
c0022635_20412016.jpg
タイトル・ロールがないのだが、それに伴ってスター・ウォーズのテーマも流れないのよ。
これが意外とキツくてね(笑)。
このお約束の曲がないということがなんとも全体を通した物足りなさを醸し出していた。
本作、中盤から後半にかけて面白くなってはいくんだが、あまりの前半のダラダラが解消しきれずにいて感動的なシーンもあるんだけど、どうにもノレない。
宇多丸が言うところの「旧作を知っている人たちへの接待」と言う意味では、例えばワンカットC-3POとR2ーD2が出たり、『エピソード4/新たなる希望』に出てきたカンティーナのエイリアンが映っていたり、そっくりさんだとばかり思っていたら実はCGだったというターキン総督とレイア姫が出てたり(ターキン総督役のピーター・カッシングは故人。レイア役のキャリー・フィッシャーは......(笑))はしてニヤリとすることはあったんだが。
そもそもメカのデザインに真新しいものがない。
『エピソード4/新たなる希望』直前の話なので
c0022635_20520584.jpeg
X-ウィングやY-ウィングが出てきてカッコいいのは当然なのだが、本作特有のメカがことごとくカッコ悪い。
そもそも『エピソード4/新たなる希望』のX-ウィングやY-ウィングはもとより『エピソード5/帝国の逆襲』の
c0022635_20554831.png
AT-ATや
c0022635_21001647.jpg
スノースピーダー。
『エピソード6/ジェダイの帰還』
c0022635_21022686.jpg
スピーダー・バイクと、毎回毎回どんだけカッコいいメカを出してくるんだとワクワクしていたのに(笑)。
本作でカッコいいメカは旧作で出てきたものだけだ。
つーわけで、非常に面白くて意義深い物語になるはずであったろうが、オイラにはほとんど響かなかった本作である。
おそらく再見はしないであろう。


今週末はヘアカット。

by 16mm | 2016-12-18 21:05 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(4)
Commented by パカ助 at 2016-12-19 16:24 x
毎度パカ助運動不足です。

ローグ・ワン 私は英語字幕なしで鑑賞しました。
先月中ごろです 鑑賞方法はあまり大きな声ではいけませんけど。(笑)

SWはやはりEP4~6で十分ではないでしょうかね
そこでお腹いっぱいになれますからそれ以上欲張ると
お腹を壊します。
アニメシリーズまでありますからねぇ 相当に制作側には
美味しいコンテンツなんでしょうね SWって。
たたみ掛ける様に続く続編は鑑賞の価値がありますが
10年を超すインタバールで制作された続編は・・・・・
よく言われる0を1にするのは難しいが1を2・3・4・5
とすることは容易い。
77年にSWが公開された事に意味がある訳で、そこからの続く3部作を超えることは望むまでもない事だと思います。

結局映画そのものではなく役者や細部を評価するのが精いっぱい
それがしばらくぶりで制作される続編なのだと思います。
Commented by 16mm at 2016-12-19 23:10
■re:パカ助さん
オイラには想像もつかないようなイリーガルな方法で鑑賞とな(笑)。
ひと月前というと、監督の言葉を額面通り信じるとおそらく編集途中のファイナル・カットではないバージョンかしらん?
CGも最終盤ではないとか。
とはいえ、ひと月前ならほぼ完成版なんでしょうけど、うらやましいっす(笑)。

映画評論家が言ってましたけど、ジェダイのフォースによって宇宙にバランスと平和が訪れる筈が、制作元のディズニーが『SW』で儲けたいと思う限り宇宙に平和がこないでシリーズはつづくということですね(笑)。
Commented by chata at 2016-12-25 23:46 x
ナーフ未完!車田漫画の最終回を思い出しましたw
ローグワン駄目でしたかーレンタル待ちます(´-`)
Commented by 16mm at 2016-12-26 05:56
■re:chataさん
『男坂』ですね(笑)。
......って思ったら、『男坂』、30年ぶりに連載再開されてるとwikiに載ってるがな(笑)。
知らなんだよ(笑)。

しかし『ローグワン』は8割好評であるようなので、オイラがズレてるだけという可能性もあります。


<< 『ア・ホーマンス』 『海賊とよばれた男』『機動戦士... >>