『メガゾーン23 PARTII 秘密く・だ・さ・い』『本能寺ホテル』『マッドマックス フューリー・ロード ブラック&クロームエディション』

本日日曜日、スーパー銭湯。
寝湯、ストレッチ、赤外線サウナ。
本日は寒風が今までにないぐらい冷たくて、露天の寝湯はキツくて早々に退散(笑)。
今までなら湯から露出している足の先だったら腹のてっぺん(笑)だったりもしばらくしたら寒さを感じなかったのに。
なので本日は日光浴もなしである。


『昭和のこども~こんな親でも子は育つ!~ 全六巻 』
c0022635_14450693.jpg
AmazonでKindle版購入。
作者の流水りんこは1962年生まれ。
オイラは1967年生まれ。
5年の開きがあるわけだがほぼ同世代と言っていいと思う。
本作は作者の流水りんこの幼少期や高校生、大学生、や社会に出てからを行きつ戻りつしつつ描かれた記憶の中の"昭和"という時代を描いたものだ。
非常に面白く読めた。
が。
本作を読んでいると、作者の幼少期の雰囲気についてまわる死の香り。
虫を蹴散らしたりはオイラの幼少期もやったし(オイラはビビリなのでトンボや蝶々の羽をむしったりはしなかったがw)、打ち捨てられた防空壕があり、放棄された社宅の団地が立ち並んでいた。
今の子供、というかオイラ以降の人間が幼少期の風景をどう記憶しているのかは知らないが、オイラは記憶の全ての風景が灰色。
いや、"悲惨な"という意味での灰色ではなく、記憶の風景に色がついていないんだな。
まあこれはひとそれぞれだろうけど。
オイラからすると作者の流水りんこの幼少期の死の香りに比べれば、オイラの幼少期は多少は和らいだものだなとは思ってるんだが、やはり五十歩百歩なのであろう。
行っちゃいけない、入っちゃいけない場所で、銀玉鉄砲で撃ち合いに興じていたオイラ。
c0022635_15134684.jpg
上の画のようなセリフを読めば「ああ、やはりオイラと同世代だ」と思う。
東西冷戦で全世界全面核戦争の予感をなんとなく感じつつも自分の周りでそんなことは起きるまい、などと意味不明に呑気に生きていた。
それよりも日本が軍事国家になって徴兵されたらどうしよう、という方を恐れていたような気がする。
バブルが弾けても生活の質が変わったとは思えなかったオイラ。
まあつまり、バブルの時もおぢさんは風呂なしの4畳半にいたわけよ(笑)。
作者も言っていたが、この漫画の中に出てくる用語が理解できない世代もいるだろう。
「東ドイツってなに?」
って、それが辞書や百科事典のなかの世界の世代もいるというのが現実となり、オイラなどはそれを聞いて
「歳とったなあ」
と思う次第である(笑)。


『満員電車は観光地!? ~世界が驚く日本の「日常」~ 』
c0022635_15450481.jpg
AmazonでKindle版購入。
日本人と日独ハーフの作者たちによるカルチャーギャップの話を面白おかしく描いている。
カルチャーギャップのあるところで生活しなければならんというのはオイラの年代だと気を使い続けなきゃならんと思って億劫だが、雑学の範疇でなら楽しめるものだ。
だいぶ日本びいきっぽく描かれているが、この作者たちのユニットなら日本ディスのネタも読んでみたいなと思う。
まあドイツ人はブラックジョークがキツいらしいから、日本人に耐えられるかどうかわからんが(笑)。


『「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!? ~ドイツ人が驚く日本の「日常」~ 』
c0022635_16130288.jpg
AmazonでKindle版購入。
流水りんこづいている昨今である。
前述した『満員電車は観光地!? ~世界が驚く日本の「日常」~ 』のユニットの第二弾。
知り合いの奥さんが無茶苦茶小顔で可愛いと思っていたのだが......それが褒め言葉にならないという衝撃(笑)。
こういう本を読むと本当に世界は広い、日本は狭いと認識させられる(笑)。
二人の作者のユーモアがうまい具合にブレンドされて愉快に読めた。
ちなみに鼻が高くありたいという気持ちも日本人的な感覚で
c0022635_16280402.jpg
故ダイアナ妃も日本人的に言えば鼻筋の通った美人という感覚なんだけど、ドイツでは「美人だけど鼻だけ残念」という見方だったとか。
日本人の女性たちが化粧や整形手術をしてでも小顔にしたいという美の基準は世界標準ではないということらしい(笑)。


『FILM CAMERA STYLE』
c0022635_16395064.jpg
AmazonでKindle版購入。
フィルムカメラは5台ほど防湿庫に眠っているものの全く使っておらず。
売るには愛着が邪魔をする。
これは英語ができないのに昔の
c0022635_16430118.jpg
タイプライターが欲しいなという感覚に近いのかもしれん。
こういうムックに自分が所持しているカメラが紹介されていてウンチクが書かれていると嬉しい気分になる。


『インドな日々 2巻』
c0022635_16481480.jpg
AmazonでKindle版購入。
流水りんこの漫画は全部読むつもりでいたのだが、本書はまだ先に買うつもりだったものの、ボタンを間違えて押してしまい(笑)、しかも2巻目(笑)。
必死にキャンセルボタンを押すも受理されず(笑)。
まあ、いずれ買い集めるつもりだったからいいんだが(笑)。
旅も旅行も全く興味のないオイラだからこそか、こういう旅の話が素直に面白く感じられる。
自分で行きたいとは思わないんだが(笑)。


『メガゾーン23 PARTII 秘密く・だ・さ・い』
c0022635_16563796.png
wowowでの録画視聴。
本作は1986年にオリジナル・ビデオ・アニメーションとしてリリースされた。
オイラが本作を観たのも大学に入ってからレンタルビデオで。
当時の"大きなおトモダチ"やオイラの関心も梅津泰臣がデザインした(当時としては)リアル系のキャラクターが動く
c0022635_17171721.jpg
というか(当時としては)エロい描写があったわけ(笑)。
キャラクター的には前作のデザインを全く踏襲しない潔さ。
ただ美樹本晴彦のデザインした
c0022635_17264678.jpg
時祭イブだけは前作を踏襲された。
それで感想なんだが、今から30年前に確かに観たんだが全く印象に残っていいなかった(笑)。
前作の『パート1』は否定的な意味では印象に残ってはいたんだが......。
で、30年ぶりに本作を観たんだが、これはヒドいよ(笑)。
当時はおそらく内容的に受け付けなかったという思いをなんとなく思い出したんだが、改めて観たら作画が酷過ぎる(笑)。
いや、少なくとも初見の時は作画の酷さに気がつかなかったのだ。
『ルパン三世 カリオストロの城』が今観ても作画的なガッカリ感というか残念感がないのに(笑)。
c0022635_17480177.jpg
こんなんとか、
c0022635_17484417.jpg
こんなんとかのように、質感がわからない(笑)当時流行った"二段影・三段影"の表現。
この辺りは紛いなりにも作画監督の手が入ってセル仕上げも綺麗なんだが
c0022635_17512025.jpg
前後の繋がり無視でこんなのっぺりとした画が突如とあらわれたり、
c0022635_17523531.jpg
絶対作画監督がはいってないだろうという(笑)、"キャラクターの統一ってナニ?"ってぐらいにいい加減なモブ(笑)。
c0022635_17541984.jpg
時祭イブに至ってはこれだよ(笑)。
30年前とはいえよくこんな作画で売り物にしたよな(笑)。
c0022635_17560974.jpg
美樹本晴彦のデザインは安彦良和の流れの柔らかなタッチなのに対し、梅津泰臣の劇画タッチのデザインでは統一なんてできるはずもなかったんだな。
作画の質が全く一定していない。
カッコよく見えるところは手を入れるが、そうでないところは徹底的に手を抜いても良しとする。
同一の作品内で作画のレベルの上下動が激しすぎて笑えるわ(笑)。
まともに作画監督が機能してない、お粗末さ。
画もそうなんだが内容もね、まったく共感できなかった。
早い話が不良少年が世界を救う希望だというものでね(笑)。
初見で観た当時のオイラは19歳だったんだが、これをどう観ていたのか覚えていない(笑)。
ただ今現在の薄汚い中年のオイラからすると噴飯ものでさ(笑)。
こんなガキに救われるような世界なら滅びた方がマシだとも思ったよ。
大人は薄汚くて子供はピュアである、なんてまったく根拠のないくだらない理屈。
これを作った制作者たちは今やオイラより歳上だろうけど、いまだに本作の思想を肯定できるんだろうかね?
肯定できるとしたらそれはそれでいいんだが、オイラとは全く違う人間だと思うしかない。
虫唾が走る唾棄すべき作品の思想だとオイラのなかでは決定。
もう二度と観ることもないであろう。


『本能寺ホテル』
c0022635_18242962.jpg
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
今年最初の劇場鑑賞作。
初日で席が7〜8割は埋まっていたような印象。
ヒットしそうかな。
オイラとしても作品が面白かったので幸先いいな。
ユーモアのある、というかコメディ・タッチのタイムトラベルものである。
まず役者が皆好感が持てるキャスティングだった。
堤真一、綾瀬はるか、濱田岳、風間杜夫、近藤正臣。
堤真一、綾瀬はるかって映画を観る気にさせるキャスティングだと思う。
二人ともシリアスからコメディまで幅広くできる。
なのでジャンルを問わずに面白さを担保しやすいのかもしれんな。
c0022635_18503991.jpg
まあ、なんといいますか(笑)、綾瀬はるかの胸もいいなと観てる間思ったのも事実で(笑)。
普段あまり巨乳に萌えたり惹かれたりすることは少ないのだが、やっぱいいなと思いましたですよ、彼女の胸は(笑)。
c0022635_18530700.jpg
近藤正臣がいいんだよね。
貫禄あるベテランの役者が見せる物腰の柔らかな存在感の凄み。
このぐらいの役者だとやたら迫力だそうと躍起になることが多いと思うんだが、近藤正臣は苦労人の料亭の物腰柔らかで腰の低い人間というのを巧みに演じていた。
すごい役者だと改めて思いましたよ。
その他でいえば馬に乗った合戦シーンやセットとCGを使って作り出した景観の広がりは画的に満足度の高い仕上がりだ。
時代劇の醍醐味というか画的な見せ方も非常によかった。
で、ここまで持ち上げてなんだが苦言を(笑)。
全体的に完成度が高くて面白いんだけど、演出がところどころイマイチなんだよな。
一つに綾瀬はるか演じる繭子が最後に婚約を解消?(解消したのかどうかわからんのだが)してやりたいことを見つけたとして行動するんだが、オイラにはちょっと安直に思えた。
タイムトラベルしたから歴史の教師になろうってところに説得力を感じない。
それと本能寺ホテルの受付の前で綾瀬はるかが風間杜夫と会話している背後のアウトフォーカスで近藤正臣が動いちゃってるんだよ。
この会話のなかで人物が動くとその会話を近藤正臣が退屈して、その内容をまったく信じていないという風に見えてしまう。
この近藤の演技を監督は止めるべきだったと思う。
綾瀬と風間のセリフに真剣さとか真実味を削ぐようなものだと感じた。
それと本当のラストの風間杜夫のシーン。
あれはいらない。
あれは綾瀬はるか演じる繭子の妄想かもしれないという部分を残しておくためにも、繭子以外がタイムトラベルしてはいけないのだ。
特定の個人だけが体験したということでなくてはいけない。
なぜなら、タイムトラベル自体が嘘八百なのにそれが繭子以外にも誰も彼もができてしまっては作品自体がまったくリアリティがなくなってしまう。
その部分が惜しいんだが、まあオイラが気にしすぎなだけかもしれん。
オススメはできる作品である。


『マッドマックス フューリー・ロード ブラック&クロームエディション』
c0022635_19163171.jpg
先週土曜日、109シネマズ菖蒲。
4DX鑑賞。
表記のタイトルについて、実際の邦画タイトルは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』なのだが、オイラが個人的にこの『怒りのデス・ロード』が気に入らないので、原題をカタカナ読みにした『フューリー・ロード』とした。
悪しからず。
まあ本作について言えば観た人間の9割が少なくとも5億点(笑)をつけるぐらいに評価が定まっているわけで(笑)。
今回のモノクロ・バージョンにしてもカラー版の公開年の頃から噂をされていたのだ。
昨年まったく公開の話がなかったので、やっぱり噂だったか、と諦めたところに今年の初めの本作公開。
「イモ〜タ〜ン」
「V8」
(笑)。
と絶叫はしなかったが心の叫びでシャウトはした(笑)。
で、観た感想だけど、基本内容も知ってるし、Blu-rayで何度も観ているので字幕に煩わされずに純粋に映像に没頭することができたと思う。
言うまでもないがモノクロになって良かったシーンやカットはある。
たしかにあった。
が。
ここんところオイラ、趣味で撮影しているカラー画像を情報量を残しつつモノクロにすることに腐心しているのだ。
参考文献は
c0022635_20060634.jpg
コレ→『モノクロ × Photoshop [陰影が生み出す美と感動] 』
これは良書です。
高い本ではあるけどカラー画像からモノクロを真剣に作ろうと思う人は必読した方がいいと思います。
それはともかく、例えば
c0022635_20253413.jpg
黄色い花にとまっている白いモンシロチョウの画像。
これをPhotoShopでもっともお手軽にやる
c0022635_20282720.jpg
モノクロ画像への変換方法で変換すると
c0022635_20301092.jpg
こんな感じになるわけ。
白い蝶の羽と花びらが同じ調子になっちゃう。
このモノクロ画像だけ見ると蝶の羽と花びらが違う色だとは思えない。
これがカラーをモノクロにした時の情報量の目減りというものなのだ。
この辺りは監督のジョージ・ミラーも本作の予告映像で
c0022635_20372859.jpg
「白黒で見ることによって映像はもっと抽象的になる」
と、肯定的な一方で
c0022635_20372496.jpg
「色の情報が少ないことで分かりづらくなったシーンもある」
と情報量の少なさを認めてもいるわけ。
で、オイラとしては、確かにモノクロによって力強くなった部分もあるんだけど、大半は情報量の目減りによって見応えがカラー版に比べて落ちたなという印象になった。
これがね、最初からモノクロ映画として作られていれば、フィルターや照明、メイクなどによってカラー映像にも劣らない階調表現ができたろう。
昔のモノクロ映画はそうしていたわけだから。
本作のモノクロ化って前述したお手軽なPhotoshopによるグレースケールへの変換の域をでていないと思える。
一部のシーンで"覆い焼き"っぽい効果でカットのなかで階調のコントロールをしているところもあったが、オイラからするとあからさますぎてわざとらしい。
トータルで言ったらモノクロ版よりカラー版の方が圧倒的に良い。
今回のモノクロ版作成を前述した本の手順のように全シーン丁寧に階調を保ってやったら素晴らしいものになっていたかもしれないが、それは詮無いこと。
モノクロにするために予算もカネもふんだんに出そうという人はいないだろうし、モノクロを喜んで観る観客もすくないと思う。
先日予約した本作のBlu-rayはキャンセルさせてもらった。
まあ、オイラにとってはカラー版が5億点。
これで満足だ。
ちなみに劇場で売っているモノクロ版のプログラムだが、これ表紙が違うだけで中身はカラー版とあまり変わりません(笑)。
いや、ちゃんと比べて観たわけではないけど目新しい部分は皆無だと思います。
すでにプログラムを持っている人は買わないことをお勧めします(笑)。
オイラ、買っちゃいましたけど(笑)。


今週末は心療内科と歯のメンテナンス。
それとスコセッシの『沈黙』を観る予定である。

by 16mm | 2017-01-15 21:02 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by chata at 2017-01-15 21:11 x
メガゾーン続編はこんなにも絵が違うのですね。
・・・エロいとこだけは必ず観ますw
Commented by 16mm at 2017-01-15 21:28
■re:chataさん
一応エロいところは作画も比較的丁寧です。
当時はそんなにヒドイもんだとは思いませんでしたが、なかなかどうしてナニでした(笑)。
作画崩壊と言ってもいいようなもんだと思いますw。


<< 『漫画アクション 2017年1... 『太陽』『愛を読むひと』『グッ... >>