『積木くずし真相~あの家族、その後の悲劇』『博士の異常な愛情』

『積木くずし真相~あの家族、その後の悲劇』

二夜連続のTVドラマである。久しぶりにTVドラマを観たわけだが、はっきり言って"他人の不幸は蜜の味"という興味でのみ観ていたので、このドラマを作るべきかなどというその是非を言う資格はオレにはない。
非常にもっともらしい理由をつけてこのドラマを作る意義みたいなものをTVでまくしたて、穂積隆信を糾弾していたが、片腹痛いとはこの事である。
とにかく意識的にこのドラマを下世話な興味でしか観ないように心がけたが、その分役者の演技や映像表現を集中して観ることができた。
杉田かおると安達祐実、二人とも非常に上手い。特に安達祐実は表情のごくごく微妙な変化をちゃんと表現して演じていたと思う。ヤツはモノホンだったんだ、と思ったりした。
舘ひろしの演技はどうもハラハラしまくりの危なげなものだったが、老けメイクが非常に上手く決まっていたので大根をカバーできていた。
TVドラマをあまり観てないので水準が高いのかどうかは分からないが、鏡の反射を使ったカットなんかもあったりして結構凝っていたように思えた。
舘ひろしと財前直見が二人ならんで画面の下三分の一にバストショットを入れて上二分の一を開けるなんて事もやっていた。
TVドラマもあなどれなくなったねえ(笑)


『博士の異常な愛情』

DVDで購入。
自分が例えどんな状況であろうと、カネがなかろうと、神様キューブリックのものは買ってしまうんだなあ(笑)
レンタルビデオのダビングから始まり、レーザーディスクを買い、去年DVDを買い、更にボリュームのあるメイキングがついた今回のDVDまで買った。
今回のDVDの本編は観てないがメイキングは中身が濃い。
それだけでも買って良かったと思う。
スパイク・リーもメイキングにコメンテーターとして出ていたが、「アレ(チンチン)と銃と爆弾には関係がある。セックスできないと戦争好きになる」と言っていたな。
そして、あの秀逸なオープニングを制作したP・フェロがキューブリックに「人間についてどう思う?」と聞かれて「人間は創造するものすべてが性的だ」と答えたらしい。
どちらにも溜飲が下がるおもいである(笑)
by 16mm | 2005-09-04 21:54 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/2637422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 状況開始<12> ガンバレ  サイバラ >>