『INFERNAL AFFAIRS TRILOGY』

『インファナル・アフェア』のDVDボックス購入。
IIIもやっとこ観れた。
本当に奇跡のように隙のない作品であった。
I〜IIIまでを通して観直したが、見落としてるディティールや伏線が結構あったのでまた新鮮に楽しめた。
DVDやビデオで数回鑑賞するであろう事を考えたら、ちょっと複雑なストーリーでもいいのかもしれない。
Iの特典映像を観て驚いたのが、中国の劇場公開時にラストでラウが逮捕されて終わるエンディングがあったのだ。
このエンディングだとII,IIIは作られないであろうから、たぶん劇場でのヒットから続編を決めたのだろう。
とすると、II,IIIへ続く伏線は後で決めていったものなのであろうか?
だとしたら破綻なく着地している映画の出来は奇跡のようなものだと思う。

この映画の全ての登場人物凛々しく描かれている事に好感がもてる。
"バカのキョン"と言われてるコメディ担当のチンピラですら、最後は凛々しく死んでいく。
主役はもとより脇の登場人物にいたるまで"どうでもいい"人物としては誰一人描かれていない。

IIIのラスト、ラウが正気を無くす程に欲していた善はとうとう手に入れられなかったわけだが、私にはそこまで善に執着する気持ちが理解できなかった。
理解出来ないという事は、日常中途半端な善と悪を行き来してる所為なのかもしれない。
それが"普通"という事だと理解する。
究極の善意を欲するというのは、実際にはとんでもない悪党なのかもしれない。
この映画の登場人物は、警察もマフィアも悪党ばかりであったが、そのすべてが『宇宙戦争』に出てくるような悪ではなく、皆非常に魅力的な悪漢達であった。
IIIで出て来たヨンも最後には良い奴だったと思えたしね。

役者の演技は高値安定でどれが最高と言えない程レベルが高かった。
印象に残る演技が多すぎるのだ。
その中でもIの屋上から落ちて来たウォン警視を見つめるヤン。IIのハウ絶命寸前の顔などが印象深かった。

「あいにく俺は警官だ」という台詞が繰り返されるが、警官だから"善"なんだと言い張らなければならないほど、その警官達の"善"もあやふやなものなのだ。
結局、善というものは手に入れられないものであり、全を手に入れようとあがき続けるのが人間なのだと思う。

「あいにく俺は人間だ」
by 16mm | 2005-11-03 23:57 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/3005199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2005-11-05 00:28 x
ほとんど買うつもりで店まわったのに、どこにもBOXねぇよ(´・∀・`)
これは買うなといふ神のお告げですか?(笑)
Commented by 16mm at 2005-11-05 19:51
燃えよ鉄拳、chataさんへ。

発売日の前日に買いに行ったら
「最後の一つですぅ〜」
と言われました(笑)
結構売れてるかもしれないよBOX(笑)
オイラも予約はしなかったけど、前の『スウィングガールズ』の
プレミアムが買えなかったのと同じ状態にならないかとヒヤヒヤしてました。
今後同じチームで制作した『頭文字D』も買うつもりである(笑)


<< 『火垂るの墓』『TAKESHI... 『ミリオンダラー・ベイビー』『... >>