『ALWAYS 三丁目の夕日』

押井 守が、観客が知らなかったり忘れ去られかけている昭和30年代を使ってファンタジーを作る事ができるというような事を言っていた。
私が生まれる前の年代。当然その景観を知ってるわけではない。その当時を生きて来た人にとっても忘れかけ始めてるものだろう。
だれも見た事の無いお伽の国や未来世界と同列に語られる事ができ、尚かつ決して物質的には豊でないながらも現在から見ると魅力的な年代なのかもしれない。

この感想を書くのに今年のブログをあさってみた。
安心して書ける。
『ALWAYS 三丁目の夕日』本年度私のベスト1の邦画である。



『ジュブナイル』から『リターナー』と観て、山崎 貴監督の作品を心待ちしていた。
去年の今頃、次作が『三丁目の夕日』と聞いてずっと楽しみにしていたのだ。
原作がどうこうよりも山崎監督作としてである。
『ジュブナイル』『リターナー』から続くテーマとしての時間旅行はこの『ALWAYS 三丁目の夕日』でも表現されている。
観客を、現代にいて時間旅行的に昭和30年代を体感させることに成功しているからだ。

まず映像が徹底している。
昨日書いた実写TVドラマ『火垂るの墓』はまったく足下にもおよばない。
CGに見える見えないでなく、この映画を観ている間この昭和30年代の景色を信じ込めた。
それは冒頭のゴム動力の飛行機が飛んで、路地から大通りに抜けて行く間の景観の移動の描写や、列車の窓に映り込む東京の街並が本当にあった風景として広がっていたからだ。
駄菓子屋の天井にいるヤモリが蛾をパクリとしてからカメラがひっくり返って床に座ってる茶川サンへトラックアップしていく様など鳥肌モノだ。
そう、観ていて鳥肌立ちっぱなし。
こんな鳥肌は『スウィングガールズ』のラストの演奏シーン以来だ。
東京タワーの建設途中の映像など見ようによってはSF的ですらある。

同様に登場人物達の服の生活感が良く出ていた。毛玉だらけのカーデガン。ズボンの薄汚れぐあい。タバコで焼けこげた畳etc...まだまだある。
役者達は撮影前から石鹸で頭を洗ってキューティクルを落として撮影に挑んだと聞く。
この細かいディテールの積み重ねの描写の魅力的な事。
大友克洋の漫画で汚れや欠けを表現した描写と同じぐらい魅力的に見えた。

ストーリーは非常に淡々としたものであり、語るにべき事もないぐらいだ。
その淡々とした日常描写<ガンアクションもカーチェイスもない>をちょっとした演出的な誇張のみで観せきっている。
すでに高畑 勳監督の『アルプスの少女 ハイジ』で日常描写の積み重ねで作品としての魅力を保つ演出法というのがあるにはあるが、非常に困難な事だというのは間違いがない。

昭和33年の夕日を見て、50年後も同じように綺麗な夕日があるのだろうという表現は強烈なボディブローとなってジワジワ腹にきた。
それほど映画ラストの夕日は美しかった。
いや、夕日が美しく見えたのはそこで生きている人たちが美しく魅力的だったからかもしれない。
東京タワーも建ち、洗濯機もTVも冷蔵庫も家庭に入り込み、そして街から氷を売る商売が消え、山河をドロドロに汚していき続ける50年なのである。
この監督は"わかっている"人だ。
すごい。尊敬に値する。

役者も相当に手練なキャスティング。子役もなかなか上手い。
堤真一も薬師丸ひろ子も三浦友和も小雪も堀北真希も昭和30年を生きる市井の役にピッタリだった。
吉岡秀隆が初めて"純くん"以外に見えたよ(笑)演技が役によらず一本調子なきらいもあるのでメガネをポイントにしたのは大正解(笑)

岩井俊二に矢口史靖と山崎貴。役者の演技のスキルも上がってきてる気がするし、監督この3人がいるだけでも今後の日本映画は期待できるってもんだ。

当然DVDは買うわな(笑)

『ブラザーズ・グリム』は今週観る予定である。
by 16mm | 2005-11-06 22:38 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(4) | Comments(6)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/3021408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from わたしの見た(モノ) at 2005-11-07 23:35
タイトル : 「ALWAYS 三丁目の夕日」素晴しい
バップ -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 昭和33年の東京を舞台に、心温まる作品。 133分の上映時間中、最後まで心地よい時間を過ごせました。 素晴しいストーリーと映像。 私が生まれる以前の話。 予告で観た、再現された東京の... more
Tracked from キネオラマの月が昇る~偏.. at 2005-12-04 10:24
タイトル : 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (その映像について)
本当にしみじみと温かい気持ちにさせてくれるいい映画でした。誉めるところが多すぎてどこから誉めたらいいのかわかりません。今回は映像のことに絞って語ります。「神は細部に宿る」といいますが、この映画にはまさに細部への情熱というのは生ぬるい、むしろ妄執とでも言うべき・・・そう「鬼神」が宿っていました。本当に素晴らしかった。ここまで完璧な時代考証を成し遂げた邦画を観たのは初めてです。たしかにCGも素晴らしい。だけどそれ以上に素晴らしいのは人の手で作り上げた、あの昭和33年の町並みです。デジタルじゃなくアナログの...... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」ダ.. at 2005-12-05 20:14
タイトル : 泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあな..
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。泣いた。一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな....... more
Tracked from Winding Road at 2005-12-09 23:11
タイトル : 『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた
心暖まる作品でした。舞台は東京タワー完成間近の東京。時は昭和33年。私が生まれる遥か前の時代です(笑) でも見てると、この街の暮らしいいなって思うんです。鈴木オートにテレビが来た日、近所の住人たちが集まって力道山の試合に熱中する。そんな元気で一体となった光景が今の日本にはあるだろうか。人間的にはどうしようもない売れない作家の茶川と、そこにひょんなことから転がり込んだ淳之介。この二人の関係が強まっていく過程が良い。自動車修理の鈴木オートに集団就職でやってきた田舎丸出しりんごほっぺの六ちゃん。堀北真希はい...... more
Commented by chata at 2005-11-08 02:38 x
六ちゃんの訛りは東北出身者からみても違和感なかったッス。
堤の『怒りに任せて入り口の戸をバッキャーン』が気に入った(笑)
こーいうCGの使い方なら好きだな~と思ったのは『ピンポン』以来。

グリムどうすっかな。ハリー堀田は観るかもめ。
Commented by 16mm at 2005-11-08 08:13
chataさんへ。
訛りまで徹底的だったわけですね。
山崎監督も『ピンポン』の監督もどちらもCGの技術者出身ですからねえ。別にCGについて知らなくても良い映画はできるけど、技術的にどこまで出来るかの判断ができれば、更に上を要求したり妥協したりが高レベルでできるってことでしょうね。

ハリー堀田は今まで同様レンタルで逝きます(笑)
Commented by 偏屈王 at 2005-12-05 20:13 x
>役者達は撮影前から石鹸で頭を洗ってキューティクルを落として撮影に挑んだと聞く。
もともと原作漫画のファンなんですが、16mmさんのこの一文を読んで「この映画是非みたい!」と、思いました。
まるで黒澤明ばりのコダワリですね。
映画を観てそのディテールの素晴らしさに圧倒されました。
Commented by 16mm at 2005-12-05 21:27
偏屈王さん。
このキューティクルの話は読売新聞の夕刊に監督インタビューとして載っていました。
実は私は原作を読んだ事がなく、『リターナー』からの山崎監督の新作として心待ちしていたのです。
この映画、もちろん感動もしましたが、同時に畏怖すべき映画だとも感じました。
Commented by 「感動創造」 at 2005-12-06 08:06 x
コメントありがとうございます。

感動的な映画でしたね。

それにこの映画を通じて、ブログ上で、多くの方々と共有、共感できたのも感動でした。
Commented by 16mm at 2005-12-06 08:56
感動創造さん。

どもです。コメントありがとうございます。
ほんとにね。襟首つかんで
「観にゆけ」
と、言ってまわりたい映画だと思います(笑)
私も両親に観せようかなと思ってます。


<< 『ブラザーズ・グリム』 『火垂るの墓』『TAKESHI... >>