『バットマン  ビギンズ』『アキハバラ@DEEP』

会社が残業代払いたくないとの事で土日月と三連休。この祭日の休日を除いた三連休の取り方を最低あと一回取らないとまずいらしい。
今日は行きつけの歯科医院に。

『バットマン  ビギンズ』
wowowでの録画視聴。
一度劇場で観て、「DVDを購入する気はない」とブログに書いたが、面白いではないか(笑)
劇場公開時に前半の訓練シーンを殆ど寝ていたんだというのが発覚(笑)
この部分を落としてたから全体のトーンが理解出来なかったんだなと反省。
なんか劇場で観ても眠りこける事の方が多い気がするので、劇場で観るよりDVDやらwowowの録画で観た方が良いのかなと思ったりしてます。
まあ関心のある映画は早く観たいという事もあるんですけど、そういう映画でも途中で気絶する。
しかし、ちゃんと観ても『バットマン  ビギンズ』の渡辺謙の役はリーアム・ニーソンの引き立て役だよなあ(笑)


『アキハバラ@DEEP』
日曜日、さいたま新都心の劇場で鑑賞。
この映画も最初の部分で気絶(笑)。なにやってんだか(笑)
勝手な思い込みなのだが、随分前に観た『七人のおたく』みたいな映画かなと思っていた。
『七人のおたく』は非常に面白かった。ちなみに同時上映の『病は気から 病院へ行こう2』も良かった。今はもうないのかもしれない同時上映というシステム。さらに同時上映の二作が両方面白かったというのはなかなかないので印象に残っていたのだ。
『アキハバラ@DEEP』、である。
キャストに忍成修吾や荒川良々がいたので興味があったのである。
オタク達の戦いを期待したのであるが......たしかに戦ってはいた。
山田優なんて格闘技の身のこなしが様になってて良かったと思ってる。
では何が気に入らなかったと言えば、物語におけるリアリティーの落としどころのバランスが悪い。
巨大IT企業「デジタルキャピタル(=デジキャピ)」が遂行する暴力と、ベンチャー企業「アキハバラ@DEEP」がクライマックスに人工知能型サーチエンジン「クルーク」奪還を旨とした暴力のリアリティーに差がありすぎるのだ。
「デジキャピ」がバットで脚を折ったり、警棒での殴打や自白剤の使用などというシャレにならない陰惨な事をやっていたのに、それに対する「アキハバラ@DEEP」が最終的にラスボスのヅラを取ってお終いというのでは、はっきりいって納得いかない。
脚を折る行為と、ヅラを取るという行為を等価の行為として描いているのだろうがそんな筈はなかろう。
どちらもリアリティーを持たせる事はできるが、両方を同時に等価としてみる事はできないのではないだろうか。
ヅラを取りあげてケリをつけられる世界観の物語で、シャレにならない陰惨な暴力を並列させる所にバランス感覚のなさを感じる。
何度か書いているが『ライフイズビューテイフル』と同じ。お気楽としか思えないような収容所の描写をしておきながら、銃殺は平気で描写するという所が納得いかなかった。作り手が上手く話をまとめられないから邪魔者を唐突に消したとしか思えなかったものなあ。
作り手のリアリティーの落としどころ、或は、嘘の落としどころと言ってもいいかもしれないが、それをデリケートに考えられないで作られた映画は受け入れられない。

賛成の意思表示を机をドンドコ叩いて表明するなんて面白いなという部分はあったが、まあ観ちゃったものはしょうがないが、観なくても良かったなという映画であった。




レンタルで『ロード・オブ・ウォー』をレンタル。某ブログで評判だったので楽しみである。
by 16mm | 2006-09-11 20:14 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by JunBo at 2006-09-13 17:30 x
観ちゃったものはしょうがないってw わかる気がしる(^m^
漫画本にしても コミックだけ買うと買わなくてもよかったかというのがタンマリ((苦笑
イイモノ をかぎ分ける鼻と目がほすぅぃですネ~((無駄な出費をしないために
とはいっても いいものもよくないものも 両方を知らないとわかんないもんね★

高校生の頃に 今はなくなってしまった大宮の劇場で
ホームアローンとシザーハンズが2本立てだった記憶が,,((朧気
すごいお得な気分で観たヨウナ☆
Commented by 16mm at 2006-09-13 23:10
■re:JunBoどん
そうは言っても観ないとつまんないかどーかもわかんないしね(笑)
全然期待せずに観て面白かったという経験もそこそこあったりするから始末に悪い(笑)
まあ過度な期待をせずに行くのがベスト。或は、自分と嗜好が似てそうな人の意見を参考にするってのもいいかもしれない。

>ホームアローンとシザーハンズが2本立てだった記憶が
すごい組み合わせですね。どっちも面白いやね。たぶんオイラなら『ホームアローン』を観るつもりで行って、『シザーハンズ』に感動して劇場を後にしたんじゃないかな。
どちらにしてもお得でしたね(笑)


<< 2006年第4回更新のお知らせ なんと! >>