『ヴィンランド・サガ 3巻』『無限の住人 20巻』『薬師丸ひろ子 ゴールデン☆ベスト』

五反田勤務の一週間が終わり。
通勤時間は若干伸びたものの、然程苦にならない程度。
実際の仕事はせずに、延々と"3ds Max"の練習(私信:sisioumaruさん。"MAYA"でなく"3ds Max"の方をやってます)。
感覚的に"Shade"の知識はまったく役に立ってないような気がする。
仕事なので早よ覚えねばならんが、英語のインターフェイスと"Shade"との用語の相違に結構手こずる毎日。
それでも使えこなせたら面白かろうなと思う。
しかし、"3ds Max"自体にMacintosh版がないので、試用版で自主連もできないのはイタイ。
取りあえず明日、専門書を購入することにした。

『ヴィンランド・サガ 3巻』『無限の住人 20巻』
どちらもアフタヌーン誌での連載。あの雑誌、月刊の所為でもあるのかもしれないが非常にバラエティにとんだ漫画の掲載を行っていると思っていた。
なので当然好きな作品と読まない作品がある。
似たような構成の雑誌はコミック・ビーム誌があるか。
『ヴィンランド・サガ 3巻』『無限の住人 20巻』。
どちらも達者な絵描き兼ストーリーテラーといった所で、こういうヤツがいるから小説なんぞ読む気がなくなるんだよな〜(笑)
この両作品、闘争を描いているわけだが、それが面白いんだな。
戦争を楽しむべきではないとか戦争反対と言う前に、人間は、男というのはどうしようもなく血まみれになる事を夢想したがるものなのだ。
血まみれになるのを"望む"ではなく"夢想"である。
戦争は愉快。人殺しは楽しい。
別にアイロニックな物言いを気取っているわけではない。
全ては、人間というものは闘争を好む衝動をもっているのだというのを認める所から始めなければ、なぜ"平和"が尊いのかも分からんだろうに。

『薬師丸ひろ子 ゴールデン☆ベスト』
どうしても薬師丸ひろ子の唄が聴きたくなってCD購入。
中島みゆきが「鈴をならしたような声」と言った薬師丸ひろ子の声は、やはり美しいと思う。

明日は友達を冥途にいくつもりである。
映画は近いうちに『父親たちの星条旗』を観るつもりである。
by 16mm | 2006-10-27 23:42 | | Comments(2)
Commented by chata at 2006-10-28 00:40 x
長澤が『セーラー服~』を歌ったことで、薬師丸ぴろ子の上手さが際立ちましたね。

『無限』は女の子がハッタリで関所抜けたとこまで見たかな。たしか。
Commented by 16mm at 2006-10-28 08:43
■re:chataさん
薬師丸ひろ子の声が特徴的というか個性的で心地良いんですよね。
長澤まさみも好きですけど(笑)唄は好みの問題と思いつつ、ぴろ子が歌った方が圧倒的に好きですね。


<< 『ブラッカムの爆撃機』 『手塚治虫文化賞10周年記念 ... >>