『逃亡日記』『日本沈没』

先週行かなかったジムに行くつもりだったが、画像の整理やテクスチャーの撮影をしようと家に引きこもる事に。
んが、しかし......寝てしまった(笑)
昼寝すると夜眠れなくなるのだが。
家にいてもこんな具合なので、今後は必ずジムに行く事にしよう。これ以上気が緩んで折角のジムの習慣が崩れるのは避けたい。たかだか週一回のジムなのになあ(笑)


吾妻 ひでお著『逃亡日記』。
ブログで発売を知り即座に購入。
この人の名字の読み方がオイラの名字に似ている所為か(場合によってはまったく同じ読み方になっていたりするが(笑))なんとなく微妙な親近感があったりする。
この本は吾妻ひでおへのインタビューで構成されている。
あまり詳しくはないのだが、オイラは薬物の脳に与える影響(幻覚や幻聴など)に興味があるので結構面白く読めた。
ヤク中もアル中も同じようなものだとすれば、アル中になれば合法的に幻覚が見えるわけだ。
描き下ろしの漫画は相変わらず面白い。
今アル中ものの漫画描いているとかいないとか。ぜひ読みたいものである。


『日本沈没 スペシャル・コレクターズ・エディション』
DVD購入。
本編は面白い。
自分の最後を覚悟した小野寺が、玲子を抱きしめた時についた泥に気がつくというのを、オイラは劇場公開時に見過ごしていた。この部分をいれたおかげで少なくとも小野寺が寂しい最後を迎えたという部分が和らいだ。
こういう繊細な演出も出来るんだな樋口監督は。
SFXについては、まぁ『どろろ』と比べるのなナニなのだが、隙がない出来であろう。
『どろろ』の監督は、映画という媒体を使っていながら、脚本や物語のレベルがあればヴィジュアルが少々拙くても観客を引き込めるとい思いがあったのではないかと考える。
同じ日本人が作ったものでSFXに差が出るというのは、ひとえに監督の映像に対する愛着やイメージの差でしかないと思えるからだ。
樋口監督や山崎監督なら絶対『どろろ』のSFXを自分の作品に入れる事は無かったろうな。
特典映像はなんか観ていてちょっと鬱陶しかったです(笑)
アナザーエンディングもついていたが、これは本編の終わり方の方が良い。
それから樋口監督と原作の小松左京の対談(実際は対談ではないのだが)も思った程面白いものではなかったな。
20年以上前の『さよならジュピター』の公開時にTVの特番に小松左京が出ていたのだが、もうその頃と変わらない滑舌の悪さ(笑)ハッキリいってテロップを付けないと何言ってるかわかりません(笑)
まぁ滑舌の悪さはオイラも人の事をとやかく言えんが(笑)


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の感想も書こうと思ったが、それは後日。
by 16mm | 2007-01-28 19:48 | | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/5385688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 妻夫木と柴咲が大テレで目.. at 2007-01-29 13:46
タイトル : 妻夫木と柴咲が大テレで目配せ!
27日、手塚治虫の傑作漫画を映画化した『どろろ』が、27日に初日を迎え、妻夫木聡、柴咲コウ、原田美枝子、中井貴一、塩田明彦監督が初日舞台あいさつを行った。  公開前からすでに世界23か国での配給が決... more


<< ちょっと疲れ気味 『どろろ』 >>