『C-blossom』

土日とバタバタしていて時間が取れず、映画に行けなかったのが悔やまれる。
この分だと観たい映画を取りこぼす事になるであろう。
更に今週は『時かけ』と『硫黄島からの手紙』のDVDが出るので、買ったら、観るわな(笑)
するとまたまた映画館には行かなくなる。
今週末は『ハンニバル・ライジング』。
5月早々には『スパイダーマン3』。
GWでなんとか時間を作りたいものだ。

本日、久しぶりにジムに。
ランニングマシンに乗ってハツカネズミのごとく走り始めようとしたその時、何気なく左肘を見たら内出血で赤たんになっていてその周辺が大きく黄ばんでいた(笑)
先々週の土曜日に肘がなんとなく浮腫んでるなあと思いったが、あまり痛みもないのでほっといたのだ。
良く覚えていないが、先々々週ぐらいに激しく肘をぶつけたような覚えがあるが、いつもの粗忽さに気にも留めていなかったのだと思う。
少々ビビって早々にジムを後にした。
明日にでも会社の診療所で診てもらおう。

『精霊の守り人』
一話のつかみから一転して状況の説明の回であり、あまり物語は動かない。
次回は更に一転してアクションシーンの回になりそうだ。
時代劇風のファンタジーというところだと思う。

『C-blossom』
"チャタログ☆SPICY!"のchataさんの勧めで購入。
この本の存在自体を知らなかったのだ。
更に女性が(本当に女性かどうか分からんがw)描いているので当初はあまり気乗りせずに本を探した。
が、装丁が樋口<DEBU>真嗣監督によるイカしたものだったので即刻購入。
内容読んだら感動的に面白い。
画が非常に端整でコントラスののついた画風が内容に合っていて好みであった。
そうか。このラストが『亡国のイージス』に繋がるわけね。
樋口監督の装丁デザインで読む前に刷り込まれていた所為か、"手を繋ぐ"或は"手を離さない"という描写がこの物語のキーとして明確に伝わってきた。そういう意味では装丁を作るというのは非常にバカにできない教養が必要なんだと感じた。
ところで、福井晴敏の作品すべてに言えるのだが、大枠で非常に精緻な嘘を作品に盛り込めるのに枝葉末節な部分は結構大雑把な気がする。
『亡国のイージス』で映画版でもそうだったが、ゴーグル無しで夜の海中で船底の亀裂から中に潜入するなんて不可能だろう。小説の描写としては一言「ゴーグルを持って」と書けば済む事なのだが(笑)
更にこの『C-blossom』。輸送機から空中に投げ出された状態で、片手で命綱、もう一方で人間を掴み続けるなんて絶対無理だ(笑)
なんかそんなトコだけ本宮ひろ志の漫画みたくなっちゃうんだよな(笑)
ただ大枠まで大雑把だと本当に本宮漫画のようになってしまうが、読んでる最中にそんなゴーグルだのの事は本当に枝葉な問題でしかないので気にならないところではある。
それはそれとして(笑)この作画家で『Twelve Y. O.』のコミック版が見てみたいものである。
ちょっとだけ自分なりの如月行論をかこうと思ったが、上手くまとめられず今回はパス(笑)


『アンジェラ』
wowowでの録画を途中まで視聴。
改めて見て分かったが劇場で観た時はほとんど寝てたらしい(笑)ほとんど初見ののような気分で観ている。
まだ半分ぐらいの所までしか観てないが、なんか面白いんだか面白くないんだか(笑)
ベッソンが非常に内省的な映画を作ったような気がする。
しかし、フランス語は相変わらず眠くなる(笑)
by 16mm | 2007-04-15 21:07 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/5897753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2007-04-15 22:28 x
本宮ひろ志ワロタwww
『920を待ちながら』でヘタレ描写をされてた松宮課長が、シーブロでは意外とちゃんとしたお父さんだったのが軽く違和感アリですw
Commented by 16mm at 2007-04-15 22:44
■re:chataさん
改めて良いモン教えて頂きありがとうございます。
憂鬱な日曜日がすこし華やいだ気がしました。
とにかく面白かったっすね。
出てくる人間がみんな(高木も含めて)自分に忠実な正義を持っている感じがしてね。つくづく正義というものは相対的なものだと感じますな。
福井さんの作品はそれが顕著にでてると思います。
『亡国のイージス』のヨンファの哀れさだとかね。
しかし、オイラおぢさんの所為か、最近の女性の漫画家はこんなにもハードな題材もこなせるんだと感心。
本当に女性なのか?(笑)
Commented by chata at 2007-04-15 23:58 x
さっき霜月かよ子HPみたのですが、表紙絵も本人が描いたようでス。
樋口監督も絵を描くから、全部ひとりで装丁しちゃったと思ってますた。
いやすごい。こんなのも描いちゃうのね。
女性であることは間違いナイでしょう。大場つぐみはオッサンだったけどw
Commented by 16mm at 2007-04-16 09:16
■re:chataさん
本当にすごいっすね。うまい。
装丁については絵も良かったけど、タイトルの配置もカッコよかったっす。
う~む、女性かぁ(笑)こんなに褒めていても、果たして彼女の他の作品を読むかと思えば、微妙だったりして(笑)
Commented by 麻生 at 2007-04-20 18:40 x
何回もこちらを見にきていたのにコメントのカキコミができることに今日気がつきました!!(-□-;)!!ずっとコキコできればと思っていたのに・・・のに・・・。(マヌケすぎです。)肘の内出血大丈夫ですか?(><)
かくいう私も今日足のすねを思いっきりぶつけてアオタンです。(笑)
Commented by 16mm at 2007-04-21 09:04
■re:麻生さん
こんにちは。書き込みありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

肘の内出血は診療所で診て貰ったところ、治りかけてる状態だそうで心肺なしとのこと(笑)
お騒がせしました(笑)

ちなみに麻生さんの日記も拝読させていただいてます。
ちょっと前ですが、お父さんとのくだりの日記が楽しくて微笑ましかったです。


<< 『時をかける少女』 ×=「庶民の味方」 ◯=「庶民... >>