『原田眞人の監督術』『ゾディアック』『ゲドを読む』

本日ジムに行くつもりが...暑いので止めました(笑)

『原田眞人の監督術』
久々に買って損した本。給料まで十日以上あった先週に大枚2000円も突っ込んで買う程のものでは全くなかった。
Q&A形式の体裁を取りつつ映画製作や演出に関するアレコレが記されているのだが、その大半がどーでもいい事柄の羅列に過ぎなかった。
要するに10人いれば10通りの正解がある監督術なるものに対し決定的な事がいえるわけではない......と、ここまで書いて気がついた。だから"原田眞人の監督術"だったんだ(笑)
じゃあ、この監督のこの本を買ってしまったオイラが迂闊だっただけじゃん(笑)
原田の映画は学生時代に観た『ガンヘッド』のみなのだが、あれ一本で今後この監督の映画は観ないと決めたようなものであったのだ。
それから定期的に映画が撮れている所をみると、そこそこ好成績をあげているのかもしれんが、オイラはまったく興味がもてない監督なのである。
ではなぜそんな監督の本を買ったかと言えば、たまたま読む本が無かったという事と、たまたまめくった頁に"スタンリー・キューブリック"の文字が見えたからだ。
『フルメタル・ジャケット』の字幕に激怒したキューブリックが原田を指名して字幕を作り直させた事があり、それに関してキューブリックに対する詳細な記述があるかなと期待していたら、まったくなかった(笑)
原田がこういう本をエラそうにかけるのは、一つに英語が堪能?らしいという事からくると思われる。
日本語字幕が如何にひどいかという事についても言及しているが、オイラを含めて多くの人が洋画を最低限楽しむ為に必要なものである筈なのだ。
では洋画を字幕なしで観て会話の深さを理解している筈であろう原田が、それをフィードバックして自分の映画に昇華しているのであるのなら、もっと多くの観客が原田の映画を期待するのではないのか?
オイラから見てだが、三流以下の監督が自著の中で世界の名匠監督を二言三言で、しかも彼らと同レベルにいるかのごとく書き記すなどというのは、まったく自分が見えていない謙虚さの足りない奴に他ならない。
虫酸が走るので、とっとと古本屋に売りたいと思ってる。


『ゾディアック』
デヴィッド・フィンチャーの久々の監督作。
印象としてはやはり『セヴン』には及ばなかったが、楽しめた。
上映時間が157分というのが長いとは感じなかったが、容疑者が多数表れては消え、また復活するため後半誰が誰だか分からなくなった。
これは洋画観ていて顔と名前が一致しなくなるというのはオイラには良くある事であるので、観る機会があればDVDで再見したいと思う。
機会があればというのは、今現在だと再見したいとは思えないからだ。
どーも自分にとって『セヴン』の印象が良すぎた所為か両者を比較してしまうのだ。
『ゾディアック』も『セヴン』も普通の顔をした人の中の狂気というものを描いていた。
人を殺すという犯罪で『セブン』は死体は見せても殺す瞬間を一切見せないという構成が素晴らしかったと思っている。正確にはラストシーンで唯一殺す瞬間を見せ、逆に死体は見せていないのだが。
『ゾディアック』は映像の見せ方は地味に見えて、結構凝った事をやっていた。
ラストちょっと前の鏡を使った効果など非常にうまい。
ただオイラがフィンチャーに期待していたものとは違っていた為の違和感というのは拭えなかったのかもしれない。
逆にあまり奇をてらわない方法論で映画を作り語りきったフィンチャーは映画監督としてのステージは着実に上がっていっていると考えられる。
なので今後この監督の作品は観続けようと思っている。
それから時代設定にあわせた車や景観への気の配りにも感心した。
キャストもよかった。ジェイク・ギレンホール 、マーク・ラファロ 、ロバート・ダウニー・Jr 。あとジェイク・ギレンホールの奥さん役の眼鏡の女性に個人的に萌え(笑)


『ゲドを読む』
あまり人気がない黒い小冊子のみが残っていた。
多分中身は同じなのだろう。
フリーペーパーでありながら結構中身が濃いので感心した。
しかし、正直に言えばこのような副読本に頼らない映画を作るべきだったとも思える。
by 16mm | 2007-06-17 20:40 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/6331208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from DVD買取致します(全国.. at 2007-07-21 00:04
タイトル : 趣味、文化、科学、芸術、教育などのDVDソフトを買取歓迎..
★一時の流行モノや大量販売されている品ではない地味なカテゴリのソフトを中心に扱っております。 ★趣味、文化、科学、芸術、教育などのDVDソフトを歓迎致します。 ★アート、教育、軍事、科学、芸能、演芸、自然、乗り物、生物、歴史、旅行、スポーツ、園芸、 ボディワーク、武道、格闘技、スピリチュアル、etc 同時に映画、音楽、アニメ、アイドル、アダルトなども全ジャンル取り扱いしております。 ボディワーク、武道、格闘技、スピリチュアル、etc その他、映画、音楽、アニメ、アイドル、アダルト...... more
Commented by chata at 2007-06-18 20:10 x
m9っ`Д´) 『ジム、さぼりーまん。』

σ(゚∀゚もドックの結果がアレだったので・・・通ってみようかな・・・。
Commented by 16mm at 2007-06-19 00:23
■re:chataはん
>『ジム、さぼりーまん。』
くくくくく(笑)相変わらずうまいっすね(笑)。
そんな漫画を描こうかしらん(笑)

ジムに通わず、ブートキャンプなんてどお(笑)
オイラは一回で挫折いたしました(笑)


<< アンリ・カルティエ=ブレッソン 『ぼく、オタリーマン。』『銭 伍巻』 >>