アンリ・カルティエ=ブレッソン

自分で撮る気も才能もないので、スナップ写真という分野は見るのも撮るのも敬遠していたのだが、やはりすごいスナップというものはあるものだな。
"pen"という雑誌でアンリ・カルティエ=ブレッソンの特集をやっていた。立ち読みだけのつもりが購入してしまったのは掲載されている作品があまりにもすばらしいからだ。
ブレッソンの名も作品も幾つかは知っていたが、まとまった数の作品を見たのは初めてだ。
オイラがなにをどう批評しようがすでに言われていることであるが、まず構図がすばらしい。
構図というか画面の構成がすばらしい。
もしかしたら演出がはいってるんじゃないの?と勘ぐりたくなるような絶妙さなのだ。
構図ではなく、画面の構成。
人物がただ写っているのではなく、画面の中の絶妙な位置に絶妙な一瞬の雰囲気を焼き付けている。
それが所謂"決定的瞬間"というやつなのであろう。
手持ちで撮っているであろう筈なのに、画面に不用意な傾きがないところがすごい。どんな持ち方したらこんな安定した画面になるのだろう。
機会があったら写真集を買う事にしよう。

あ、それからエリオット・アーウィットもいいな。
by 16mm | 2007-06-19 00:35 | | Comments(0)


<< いよいよ! 『原田眞人の監督術』『ゾディア... >>