『スカイ・クロラ』『皇国の守護者』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

今週は行かなかったが、先週からジムの場所が車で20分程で行ける場所になった。ジムのチェーン店が最寄りの駅に出来たからである。
これで今までの様にジムに行くまでの億劫さが改善された。

『スカイ・クロラ』
そのうち全巻(全5巻らしい)読み終わったら感想をかこう。
発売はこの『スカイ・クロラ』が先だが、物語としては一番最後の章らしい。
平時に重く語られる哲学が有事では軽い独り言のようなつぶやきで語られる。
所詮、戦争や平和、兵器に関する思想や哲学を語れる事は、それが平和の状態であるという事なのかもしれない。
ハードカバーの空の写真が美しい。
今は『フラッタ・リンツ・ライフ Flutter into Life』を読んでいる。


『皇国の守護者』
今の所4巻まで。全て購入。
以前見つけて気にはなっていたが、実際買ったのは先達ての安彦良和のインタビューを読んだからだ。
これもそのうちちゃんと感想をかきたいモノだ。
作画の伊藤悠の表情の描き方が抜群に上手い。これを女性が描いてると知って、またびっくり(笑)
画も魅力であるが、それよりなにより、日本で『ロード・オブ・ザ・リング』のようなハイファンタジーを作るとしたらどうしたらいいのかという一つの回答を提示している。
陰陽師や安倍晴明を出すというのもアリだとは思うが、『皇国の守護者』のように日露戦争(
たぶん)をベースにしてもファンタジーができるという事が非常に納得のいくかたちで成立していると思われる。
ネームが比較的多いのでじっくりつき合って読み込んでいきたい。


『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
なぜいまさら?
と言うのは容易いが、今の日本で保険も無しにアニメーションの監督のオリジナルの劇映画ができるのは宮崎駿しかおるまい。
押井守だって劇場版アニメーションでオリジナルを監督した事はないし、『ガンダム』は富野由悠季のオリジナルではあるが、結局トミノは『ガンダム』以外のもので映画を作らせてもらってないのだ。
庵野秀明にしても『エヴァ』で劇場版の新作を作るという事に忸怩たる思いがあったのではないだろうか?
劇場版の映画は作りたい。しかし庵野の完全オリジナルでは誰もバクチをしない。
それでは劇映画を作るチャンスが『エヴァ』でしかなければ、それで作るだろうな。
なんでも4部作程になるとのこと。
今日MOVIXさいたまの早朝から行ったのだが、すでに『エヴァ』目当てで長蛇の列。
近頃では珍しい現象かもしれん。
劇の最後に予告編をやるのだが、新キャラらしきも描写されていたので、すべて前と同じ事をするわけではないというのは分かる。
多分ほぼ全てを新作画にしていて、画的な情報量は大幅にアップしていた。
有り体に言えばメカや景観の描写の厚みはストレートに世界観の見応えとしてかえってきた。
しかしそれはあくまでもメカや使徒の描写に限られ、人間のキャラクターについては残念ながら期待外れであった。
一番端的に分かったのは、物語のクライマックスでレイが笑うシーンがある。
このシーン笑うシーンなのであるが、笑ってはいけないのである。
でも笑っちゃってるんだよ、今回の劇場版の綾波は。
TV版のその作画は論外として、前の劇場版で貞本義行が作画監督したそのシーンは実にすばらしかった(この原画、盗まれたと聞いた事があるがもどってきたかな?)。
林原めぐみや旧作の声優の面々が力を込めたおかげでそれなりにはなっていたが、キャラクターの画に関しては今後に期待したいところではある。
できれば貞本義行に全ての作画チェックを入れてもらいたいくらいだ。
そうは言っても、映画としては面白くできていたので今後も観るつもりではある。

蛇足だが、宇多田ヒカルの歌は良いのだが、歌詞に"少年漫画"とか”新聞”だとかを挿れてほしくはなかったなあ。
そんな俗なキーワードは『エヴァ』には合わないと思う。
by 16mm | 2007-09-02 21:30 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(6)
Commented by chata at 2007-09-02 23:39 x
近所に『エヴァ』上映してるとこがないス。DVD待ちでもいいですかね?w

アニキの『平成関東大震災』が書店で探せなかったので、注文しますた。月末は『ユニコーン』だす~(o^∀'o)
Commented by 16mm at 2007-09-03 08:51
■re:chataさん
『エヴァ』は作画自体はほぼ全てが新作なので劇場で観るにこした事はないとは思いますけど、自分がかいた上記感想てらせば、ビデオで観ても印象は変わんないかもなと思ったりしてます。

アニキの新作、またも知りませんでした(笑)
月末の『ユニコーン』を楽しみにしよう。
できれば安彦ネ申の装丁画希望(笑)
Commented by chata at 2007-09-03 12:15 x
装丁は安彦ネ申ですね。オリジンと同じコミックのサイズっぽいです。

ぢぇぃたぃとローズダストの文庫化はまだかな〜(・◇・)また余計な付録がつきそう(笑)
Commented by 16mm at 2007-09-04 00:28
■re:chataさん
付録が付いたら付いたで買っちゃうんだよな〜オイラ。思う壷だとわかっていてもどうしようもないっす(笑)
Commented by at 2007-09-07 15:31 x
エヴァ観に行こうかどうか迷ってるところなんですよねー。
映画としておもろいなら行こうかなぁ・・・・
Commented by 16mm at 2007-09-08 08:59
■re:流姐さん
結局、作画が新しくなっただけで内容が激変したわけではないのですよ。そういう意味ではレンタルで観ても良いかなとは思います。
自分としてはラストのヤシマ作戦での使徒の動き(TV版、前劇場版とも違います)を観れただけでも料金分の価値はあったなと思ってます。


<< ダ・ヴィンチ誌 日経エンタテイ... ユリイカ  安彦良和特集 >>