『岳 5』『弁護士のくず 6』『ゴッドファーザーPARTII』

二週間ぶりにジムに。
一時間で6キロちょいを走り、筋トレ1セット、ボクシング30分とオイラにしたら結構ハード(笑)
帰りにピザーラのピザSサイズとアップルパイをコカ・コーラ ゼロで流し込む...
ちなみに体重は89キロになっておった(笑)
家に帰ってウツラうつらしながらDVDを観る。

『岳 5』『弁護士のくず 6』
『機動戦士ガンダムUC』の1と2があったので手に取ろうとした瞬間に、同じ福井晴敏で『9.11オフィシャル・レポート』を見つけて手に取るも、『岳』と『弁護士のくず』を見つけてしまったのでアニキの本は一旦スルーする事に。

『岳 5』
相変わらずの良作。今回は三歩の頬にある傷についての言及もされていた。
決して死をテーマにしているわけではない、と思えるのは主人公の三歩が実に生き生きと自分の生を生きているからだ。
しかし、これほど他人の死に対して真摯に対峙する人間がいるというのも驚きだ。
それとも山男は皆このような感性をそなえているのだろうか。
三歩が救助した生者や死者に同じようにささやく
「よくがんばった」
という台詞が大好きなのだが、これは山で遭難した者達が救助にきた三歩に会うまでにしていたであろう生きる為の戦いをしていた事への彼なりの労いの言葉だと思われる。たとえ遭難者が死んでしまったとしても、それまでに戦い続けて事への賛辞と畏敬を込めた言葉なのだ。
本当はこのような思想は宗教が先端をいってなくてはいけないとも思うのだけどね(笑)

『弁護士のくず 6』
こちらもまったく相変わらずの良作。
ただ作品とはまったく関係ないのだが、例の"光市母子殺害事件"の裁判の弁護士達があまりにも現実とは思えないような弁護活動をやるにいたっては、フィクションである当漫画の毒がまったく毒にならず、むしろまともに見えてしまうのが辛い所である。
"光市母子殺害事件"の弁護士達の弁護活動は戦略としては"あり"なのであろう。被告人の利益に対して働くのは弁護士だから。
このような戦略により冤罪による極刑を抑止できることもあるであろう。
しかし、どう考えても"クロ"としか思えない人物に対してはどうなのか?いや、どう考えても"クロ"という認識自体が間違いなのか?
オイラもハッキリ言えば死刑制度は反対なので、"光市母子殺害事件"の被告をとっとと無罪にし、社会に放し、そこで死刑以上の目にあわせればよいと思っている。
妻子を殺されたあの旦那さんが本当に哀れでならない。
殺されたばかりでなく、司法試験に合格した秀才の方々のおぞましくもバカバカしい言葉を法廷で聴かなくてはならないから。

『ゴッドファーザーPARTII』
wowowで録画していたものを視聴。
初見は学生の頃のレンタルビデオだが、もうその頃は筋を追うのが精一杯で、デ・ニーロのマーロン・ブランドを真似たしわがれた声にも気がつかない体たらく(笑)
今回観て気がついた次第(笑)
PARTIIIは論外として、オイラはPARTIもPARTIIも両方同じぐらい好きである。
改めて観て思ったのはキャメラの構図や横移動が非常に印象的であった。
構図は本当に構図の見本になるようなものばかりですばらしい。
デ・ニーロのヴィトーがファヌッチを殺害するのに建物の屋上を伝って行くのを望遠レンズの横移動で写したシーンの印象的な重さ。
更に冒頭のエリス島の入国管理のシーンで幼いヴィトーをキャメラ横位置でフォローする時に手前に他の入国者達を入れ込む事によって画面に厚みをもたせていた。
まさにそこにいた全ての役者がそれぞれの役の人生を体現しているような風景を切り取っていた。
今ならエキストラを増やすのにCGを使うだろうが、果たして数十人であるとか数百人の人物一人一人に違ったパーソナリティーを込める事ができるであろうか?
たとえ画面には一瞬しか写らないにしてもその一瞬が目に入った時に素晴らしい奥行きを与えてくれるものだと思うのだ。
ある意味非常に贅沢な作りをしていたのだと思う。今現在の映画製作でそのような事が可能かどうかは分からないが。
アル・パチーノは若い頃の生々しい顔より今の油の抜けたような顔の方が好きである。
当時はどうだか分からないが、今から観れば信じられないくらい贅沢なキャスティング。
ハイマン・ロス役がリー・ストラスバーグと今回知った。こういう人だったのか。デ・ニーロやパチーノも学んだ人である。

『精霊の守り人』
最終回。印象として破綻無く無難に終わった印象。神山監督は『攻殻』の時も思ったのだが非常に緻密に物語を組み上げる事ができる監督なので非常に安心感のある人だと思える。

『ビートたけしの独裁国家で何が悪い!?』
録画を視聴。
バラエティーのお約束の"笑い声"SEが非常に鬱陶しく、付け方もわざとらしいせいか非常に下品な印象。
バラエティーと銘打ってるので深刻な内容にはならず、途中早送りにした。
最後の中曽根康弘、石原慎太郎というオイラのハラワタが煮え煮えになる組み合わせの対談。
なんだバラエティーのこんなヤツらを呼ぶんだと思ったが、前半のユルめの構成を無視した面白くない正論ばかり。
くだらないので更に早送りでたけしのコメント部分のみ聴く事に徹した。

10月はそこそこ観たい映画があるかな。
『パンズ・ラビリンス』と『自虐の詩』。
『自虐の詩』は『嫌われ松子の一生』に続いて中谷美紀が演じている。なんか薄幸そうな女性が似合うよな中谷美紀(笑)コメディエンヌの才能もあるし。
それにしても監督の堤 幸彦。多作も才能だが程があるだろう(笑)大丈夫か来年の『20世紀少年』。

サイバラがゲッツ板谷の本のコピーで
「人生には3つの坂がある。あんな坂、こんな坂。そして、まさか」
というのが笑えました(笑)
by 16mm | 2007-09-30 21:51 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/7085738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from クチコミコミュニケーション at 2007-11-09 02:07
タイトル : ( 弁護士のくず )についての最新のブログのリンク集
弁護士のくずに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…... more
Tracked from 一語で検索 at 2007-11-09 14:59
タイトル : 弁護士のくず
弁護士のくずでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。... more
Tracked from プレサーチ at 2007-11-29 11:26
タイトル : 【 弁護士のくず 】について最新のブログの口コミをまとめると
弁護士のくずに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。... more
Tracked from マッシュアップサーチラボ at 2007-12-06 11:01
タイトル : 弁護士のくず の情報を最新ブログで検索してみると…
弁護士のくずに関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。... more
Commented by 偏屈王 at 2007-10-21 00:49 x
お久しぶりです。
初対面でタメ口を利くような輩は、基本的には嫌いです。
でも三歩の場合は全然気にならならないのが不思議です。
彼の無垢で率直な人柄にあまりにも似合っているからでしょうか?
Commented by 16mm at 2007-10-21 22:02
■re:偏屈王さん
どもども。ご無沙汰しております。
三歩の魅力は浮世離れしている部分ではないかと思っています。たぶん三歩は山以外のところにある社会にはとけ込めない人間なんだと思います。多くの人間が辛酸をなめ我慢を強いられる社会から遠ざかる者を多くの人は変人扱いするわけで、たぶんそれを三歩も自覚して山に引きこもっているのではないかと。それでも三歩は現代社会が隠そうとする人の死に正面から向き合っている。そこに物語の魅力があるのだなと感じています。


<< 『東京トイボックス 2巻』 『... 観た 聴いた 読んだ >>