『スパイダーマン3』 "はずかしながら・・・(笑)"

土曜日、会社でゴソゴソとして一日潰れる。
非公式だがコンテストの締め切りが一週間延びたが、間に合うかどうか微妙(笑)
土日のどちらかで『グッド・シェパード』をと思ったがやはり無理であった。
当然ジムにも行ってない。行かなくなると身体の調子がイマイチになってるのが分かるのだが今月は致し方ないところでもある。

定期購読している雑誌で週刊モーニング誌があるのだが『はるか17』が終わってしまった。単行本を買っていたわけではないのであまり良い読者ではなかったが、ダラダラと長く続けるより読み手が物足りなく思うぐらいでピリオドを打つというのは作者や出版社としても勇気がいることだろうなと思う。
雑誌にはまだいくつか好きな作品があるので当分は購読するつもりである。
大嫌いなのだがついつい読んでしまう『島耕作』や、読むのも見るのも目の汚れになる(笑)柴門なにがし(笑)ような漫画が一緒に載っている所がモーニングの良い所でもある。

月刊COMICリュウ誌を購入。
これは雑誌のボリュームに対してあまり読んでる作品が多くないのだが、一応買っている。
今月号は押井守の新作『真・女立喰師列伝』のプロモーションDVDが入っていた。
コレの中身がなかなか良い。
押井の実写映画は予告編でかなりの確率で騙されるのである(笑)
5人の監督のオムニバスなのだが、どれも非常に魅力的である。
特に期待しているのがケルベロスの紅いコスチュームを身にまとった佐伯日菜子。スっげえカッコええ(笑)
上映を観に行くにはかなり厳しそうなのだが、がんばって行きたいものだ。
今度は期待を裏切られませんように(笑)
今からDVD欲しいと思っちゃうぐらい期待してるからね(笑)



『スパイダーマン3』のDVDを購入。
映画館での初見と印象変わらず、すばらしいの一言。
この手の映画は作品賞や監督賞でオスカーにノミネートすらされない。エンターテイメントだからであるとか、コミックが原作であるからとか、コスチュームプレイものであるから、のような理由で、所謂文芸路線の作品より下に見られているとしたら残念でならない。
『スパイダーマン3』は骨太なテーマをエンターテイメントとして観客に提示している。VFXは見た目で観客を驚かせてるばかりでなく、作品にリアリティーを与え重いテーマに入り易くなっていたと思ってる。
この映画のテーマ、初見では"ゆるし"だと思っていたのだが、むしろ"懺悔"ではないか。
思慮を欠いた事をしたと自覚した時、相手に対し"ゆるし"を請う前に、内省して悔やむ。
その時相手の"ゆるし"は求めない。"ゆるし"はあくまでも相手の気持ちによるものだからだ。
今回もアメリカ国旗をバックに走ったスパイダーマン。
いよいよアメリカ人の心の一部に同化しようとしているのか。
願わくば強いだけでなく、思慮深い部分も映画から汲み取ってもらいたいものだ。

Siggraphでもこの『スパイダーマン3』のサンドマンの映像が流れていた。流体シミュレーションというのは前からあるものであるが、砂粒を使って非常に完成度の高いヴィジュアルの好例という形で上映されていたのだと思われる。
実際サンドマンが砂から生まれるシーンは非常に美しい。
CGで作った砂粒の顔がちゃんと悲しそうな顔をするんだもんな。
クライマックスの巨大化するサンドマンや、顔に神経節のように伸びるヴェノムの触手が大友の『AKIRA』のようであった。
サム・ライミは今後もスパイダーマンだけを作り、その中で自分のテーマを見いだしていった方が良いかもしれん。
ベストマッチングだと思う。
巨大化するサンドマンを見ていて、サム・ライミで『ゴジラ』を作って貰いたいなとも思うが...。
とにかく今年の最強の映画ではなかいとも思ってます。



"はずかしながら・・・(笑)"
はずかしながら、月刊カメラマン11月号に自分の撮った写真が載りました。
DPAという部門で佳作ですが、雑誌に載ったのは初めてだったので嬉しかったりします。
本名出ちゃってるけど(笑)
実は別の雑誌に送った時は落とされたんですがね。
それでも諦めきれなかったのは、つたなくても自分でかなり手を加えて作り上げたものだったからだが。
なんとなく弾みがついた感じで素直にうれしいですな。
選んでいただいた選者の方には感謝してます。
by 16mm | 2007-10-21 21:51 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/7228122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from お菓子系の甘さが魅力 華.. at 2007-12-08 12:49
タイトル : お菓子系の甘さが魅力 華彩なな
お菓子系の甘さが魅力 華彩なな... more
Commented by chata at 2007-10-22 01:02 x
雑誌探してみます(・∀・)おめで㌧です!
Commented by 16mm at 2007-10-22 06:06
■re:chataさん
ここでかいていてナンですが、気恥ずかしいものですな(笑)
自分のHPですでにUPしているものです。しかも去年(笑)
というわけで、ありが㌧です!
Commented by chata at 2007-10-22 21:31 x
帰宅中どぇす。本屋寄って見ました♪(o^∀^o)
テーマが難解と抜かすコメンターには

『考えるな、感じるんだ!』

とアドヴァイスしたい(笑)
今度は金賞ですな!(;`皿´)b
Commented by 16mm at 2007-10-23 00:05
■re:chataさん
わざわざ見てくださりありがとうございます。気恥ずかしいと思いながらも、これもまたオイラの自己顕示欲の表れ(笑)
選者の方のコメントも、実は分かるのですよ。自分でもなんとなく気恥ずかしいモノを出してしまったなとコメントを読んで自覚した次第。
なんつーか、"粗品"と書いた前ばりをつけてほぼマッパで踊ってるような気分になりました(笑)

いやしかし、chataさんこの件でコメントをいただけて、本当にうれしいです。
ありがとうございます。
Commented by chata at 2007-10-23 20:27 x
『ヴィンランド・サガ5』こうにぅ(≧ε≦)ぃちぉぅ報告(笑)
Commented by 16mm at 2007-10-23 23:29
■re:chataさん
ふははははは(笑)
すでに購入済みぢゃ(笑)
つーか、あぶなく忘れるところでした(笑)
あの時代に生まれんで良かったと、心底思う5巻の展開。
Commented by chata at 2007-10-24 12:08 x
いやー今巻は今まで以上にテンション高かった(;`皿´)b
すんげー続きが読みたいとこで終わるし(笑)

ホンマ、アシェラッドさんは鬼畜やで(・◇・)
Commented by 偏屈王 at 2007-10-24 21:32 x
雑誌掲載おめでとうございます。
本屋にて拝見いたしました。
「翼を持つもの」とは、また謎めいたタイトルですね。
カメラマンは「カメラという翼」によって飛翔できる、という意味でしょうか?
写真の主役も女性モデルよりも、むしろカメラマン自身と感じ取れましたし・・・。
Commented by 16mm at 2007-10-24 23:57
■re:chataさん
アシェラッドさんという人は悪党には違いないんだろうけど、非常に魅力的ではありますな。知力と体力に秀でているにも拘らず、友人がすくないんだねえ(笑)ある意味かわいそうな人ですな。だから自分を殺そうとしているトルフィンであっても、本気でぶつかってくれる他者が欲しいのかもしれん。

次巻までまた半年以上はまたなあかんのね(TT)
Commented by 16mm at 2007-10-25 00:01
■re:偏屈王さん
いやいや、見て頂けましたか。ありがとうございます。
世間的には佳作などたいした事はないのかもしれませんけど、自分としてはやはりうれしいものです。
タイトルは特に深い意味があるというわけではないです。
モデルさんの職業に若干引っ掛けているのと、このモデルさんには結構たくさん撮影させてもらっていたので、たまに背中に羽のはえているヒトに見えたりもしたからかもしれません(笑)

コメント、ありがとうございます。


<< まったくなにもなし(笑) むちゃくちゃ閑話(笑) >>