『ブレードランナー 製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション (初回限定生産)』

もう年末の筈なのだが、どうにも年が越せ自信が無い(笑)
果たして今年中に仕事の区切りがつけられるのだろうか(笑)

本日ジムに行く。91.75キロ。

喉がイガイガしている。仕事休めそうも無いので今日は早く寝てしまおう。

毎週土曜日の『SP』が楽しみで楽しんでいる。リアルさとケレン味が実に心地良いバランスである。警察の最後の敵は警察という、ここにも押井からの影響が見て取れる。実際本広も押井の影響を公言してるしね。
岡田准一が特殊警棒を伸ばす所がなんともカッコいいね。

スタンリー・キューブリックのボックスが出ている。特典は魅力だがレビューを読んで今回は思いとどまる事にする。


『ブレードランナー 製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション (初回限定生産)』
この『ブレードランナー』の決定版ともいうべきDVDを5年前から待っていた(笑)
たしか5年ぐらい前に雑誌でアナウンスされていた。
それをずっと毎年楽しみにしている内に5年たったと(笑)なんでも権利関係がやっかいなことになっていたとのこと。
5枚のDVDすべて観るつもりだが取りあえず最初に一般公開前に上映された「ワークプリント版」を観た。
これに関しては画質がかなり悪く、音楽の付け方も違っていたりしていた。タイトルの出かたも非常に大味で好きになれない。
しかし、今まで観た事の無いカットが入っていたりと見応えはあった。

それからメイキングともいえる『デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー』。
これは本当に見応えがあった。スタッフやキャストのインタビューのバックで本編で使われなかったアウトテイクが多数流れるのだ。
すべてが新鮮なのだが、デッカートとレイチェルのほとんどファックシーンまで撮影されていたのは驚いた。スカートがめくり上げられ乳房が露になる。
この手のアウトテイク集に納められれば「お宝だ」などと呑気に言えるが、実際このシーンを本編に入れられたら映画の叙情性がぶち壊しであったろう。
リドリー・スコットは映像素材を沢山撮る監督らしい。たぶんキューブリックと同じで映画を編集室で作りたがるタイプなのであろう。
それ自体にとやかくは言わないが、逆に『アメリ』のジュネ監督はほとんどそのようなアウトテイクを出さないと聞いた。たぶん撮影の前に全てを見切っている監督なのであろう。当然後者の方が制作費は安く抑えられるのだが...
どちらにしても映画として面白ければいいのだが。

あの有名なロイ・バッティーの今際の際の言葉も二つのバージョンがあった。
例の「タンホイザーゲート云々」の言葉の他に、もっと抽象的な台詞を喋っていたバージョンがあるのだ。
今となってはあの「....そういう思い出もやがて消える 時がくれば...涙のように...雨のように...その時が来た」の台詞以外のしめ方はないと思うが...
やはりあのルトガー・ハウアーの神のような名演技と名台詞があったればこその映画だったのだと思う。
......


まだ書きたい事はあるのだが、喉が痛いののでこの辺で。
どうせまだ「ファイナルカット」版は観てないしね(笑)

取りあえずヒトコト。
『ブレードランナー』好きは買うべし(笑)

『アイ・アム・レジェンド』観に行くかどうするか(笑)
by 16mm | 2007-12-16 19:46 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(3) | Comments(6)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/7744028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ジョディ・フォスター 女.. at 2007-12-16 21:31
タイトル : ジョディ・フォスター 女性映画プロデューサーとのレズ映像
ジョディ・フォスター 女性映画プロデューサーとのレズ映像がアメリカで流出して話題...... more
Tracked from 真木よう子 映画『ベロニ.. at 2007-12-17 17:16
タイトル : 真木よう子 映画『ベロニカは死ぬことにした』ヌード&オナ..
真木よう子 映画『ベロニカは死ぬことにした』ヌード&オナニーシーン【画像・動画】... more
Tracked from キネオラマの月が昇る〜偏.. at 2007-12-22 10:41
タイトル : 解り過ぎない方がいい。映画も・・・それから人も。
「ブレードランナー 製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション (初回限定生産)」(タイトル長っ)の発売にあわせて、「HiHO 映画秘宝」1月号では「ブレードランナー」の特集が組まれていた。 驚いたことに「ブレードランナー」には、デッカードのナレーションというものが存在するという。 状況説明のみならずデッカードの心情や、映画の決定的な謎まで解き明かすものらしい。 が、リドリー・スコットは本編ではそれをバッサリ、カットした。 頭のいい人だ。 謎は謎のまま観客の空想に委(ゆだ)ねられた...... more
Commented by chata at 2007-12-16 23:46 x
『SP』警棒シャキーン!そしてCMw なかなかオモロイすね。
あの『アンフェア』でさえ映画化するくらいだから、コレもやってくんないかのぅ。
もちろんマキヨーコのサービスシーン満載で(・∀・)

『舞妓』DVD出たのでみてくらさい。
Commented by FF11MYLOVE at 2007-12-17 01:34

日記見ました!
更新頑張って下さい!(*‘ω‘*)
Commented by 16mm at 2007-12-17 10:04
■re:chataさん
別に警棒投げるならシャキーンとやる必要ないよね(笑)
そのアタリもケレン味というところでしょうか(笑)
それにしても真木よう子に睨まれtみたいものだ(笑)

『舞妓』は堤真一も出てますね。全米公開決定もしたようですし、今から観るのが楽しみです。劇場で観とけばよかったと後悔するとは思いますが(笑)
Commented by 16mm at 2007-12-17 10:05
■re:FF11MYLOVEさん
どうも、はじめまして。
私がFFをやってたのは2年前のこと(笑)
いまは何がどーなってることやら(笑)
Commented at 2007-12-24 11:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 16mm at 2007-12-24 20:20
■re: 日本インターネット映画大賞 さま
面白そうなので参加させていいただきます。


<< 『ファンタスティック・フォー』 『椿三十郎』『ナチョ・リブレ ... >>