『武士の一分』

風邪の所為か息苦しく感じる時がある。
鼻が詰まって呼吸がしにくい感じと、呼吸が出来なくなるのではという恐怖が大げさでなく迫ってくる。
風邪が完治したらこれも治ればいいのだが......

You Tubeの映像の保存の仕方がわかったので、欲しい映像を片っ端からiPodに入れている。

『スカイ・クロラ』シリーズの『ダウン・ツ・ヘヴン<Down to Heaven>』読了。
クールな文体でありながら深い情緒が伝わってくる。
ティーチャとクサナギの会話が印象的。
「そう......。ここで、この街でダンスを踊ってやる。本もののダンスを知らない連中が考えたんだな。見せてやろうじゃないか」
二人の間の尊敬と愛情が、屈折した形で表現されている。
形骸化した戦争の中で、本気で撃ち合い、撃墜される事を夢見る。それが生きてるという実感を激しく伴うからだ。それは理解しがたい感情ながらも非常に官能的なイメージを想起させる。
シリーズ最終(番外編が連載中であるが)『クレィドゥ・ザ・スカイ<Cradle the Sky>』を読み始めようとするところ。

『メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット』
約10年前にほぼ同じ本を買ったが、今回は最終バージョンとも言うべき『ファイナル・カット』の出来るまでの経緯と、ハリソン・フォードのインタビューが収録されているので購入することに。結構高い本ではあるのだが、それを厭わない魅力がこの本と、そして映画にはある。
『ブレードランナー』について知るには現在出ている中では最高の良書。

『武士の一分』をTVで観た。
やはり面白い。感想は初見でブログに書いた通りだが、先日観た『椿三十郎』と比べると、あらゆる事がリッチに仕上げられている。
ラストの嫁が帰ってくる下りが、みえみえにも関わらずストレートすぎる展開でガッカリなのだが...山田洋次だから仕方ないか(笑)。


今年はもう映画館へ行かないだろうが、『ブレードランナー』のDVDとwowowで録画した『パプリカ』を観る事に。
by 16mm | 2007-12-31 01:21 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)
Commented by chata at 2007-12-31 02:20 x
youtubeの画質は限界があるので、σ(゚∀゚は最近Stage6から落としてます。ピクサーのミニムービーとか。なかなかキレイです。
Commented by 16mm at 2007-12-31 09:03
■re:chataさん
へ〜。"Stage6"。知りませんでした。行ってみたらたしかにキレイ。今後は予告編なんかはここから落とす事にします。
現在、iPodの容量が無茶苦茶余ってますが(笑)動画を本格的に入れ始めたら足りなくなりそう(笑)


<< 『パプリカ』 『ファンタスティック・フォー』 >>